主婦ゲーマーのゲーム日記

世間に隠したオタク心を爆発させています。時折まじめに読書など。

クリア後感想~空の軌跡 the 3rd

2009-06-19 21:28:49 | クリア後感想
イース7の予約特典に「 英雄伝説 7 極秘設定画集」が付くようですが、やっぱりPC版で出るのでしょうね。
PSP版が出るのは何年後だろう??

*タイトル
「空の軌跡 the 3rd」

*ストーリー
SCにおいて、一応の解決を見た「輝く環」事件。
その後始末的なものをやっていたケビン。
新たに発見されたアーティファクトにより、幼なじみにして従騎士たるリースと共に異界の地に飛ばされることに。

と言う具合に前作SCから後日譚であるメインストーリーと各所に置かれている『扉』を解放することにより各キャラ(サブキャラも含め)の外伝的ストーリーとミニゲームが楽しむことが出来るようになっています。
が、長編モードの外伝は・・・。
いい話、大事な話がほとんどですが、長すぎてだれる。
場合によっては何度も戦闘をしないといけないし、中を移動してあるかないといけないし。
ミニゲームは微妙な物が多いです。
でも、クリアするとお金とクオーツが。(お金はこういうところで稼ぐしか無い)

*システム
今回もまた書きますが、SCそのままです。
変わったのはATボーナスが5種類増えたことぐらいです。
この追加されたDEATHとVANISHのお陰で雑魚戦でもかなり気をつけないといけなくなりました。
GUARDは自分が当たったらがっかり。
全滅したら、リトライと難易度を下げてリトライのどちらか希望の方を選べます。


*その他
FC、SC共に音楽が良かったのですが、今回は特にそうは思いませんでした。
やっぱり「銀の意志」でボス戦は盛りあがりますね。


*まとめ
メインストーリーの方では、前作においてどちらかといえばゲスト的存在であったケビンが主人公となったお陰で、今まで簡単にしか表現されていなかった教会、星杯騎士団の内情が分かり、一連の物語の世界観がより深く現されたと思います。
物語が大きく動くであろう続編への布石として、とても良いと思います。
サブストーリーの方では、キャラクターの過去、SC後を描くことで、また次への布石が。
プレイ時間は結構な長さがありますが、幕間的作品という感じです。

ただ詳細、深みを出すために冗長となってしまったサブストーリーもいくつかあり、ちょっとイライラ。(省略のしようもない、というのは分かるけど)
また解放条件が戦闘回数となっている物があり(しかも、これが次への布石として最大の物だった)、ちょっとストレス。
普段のボス戦がレベル上げよりはむしろ戦略が必要であるため、わざわざ戦闘を繰り返すこともない為、これまであまり思わなかった雑魚戦の面倒さ(ちょっと時間がかかる)を感じました。
FC,SCを楽しまれた方が、次への期待を大きく抱かせることになる作品です。
(要するに、いきなりコレからはやめておいた方がいい)
ジャンル:
ロールプレイング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ペルソナ アインソフ&邪教... | トップ | ペルソナ アインソフ&邪教... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。