主婦ゲーマーのゲーム日記

世間に隠したオタク心を爆発させています。時折まじめに読書など。

クリア後感想~セブンスドラゴン2020

2013-05-01 14:03:39 | クリア後感想
2が出たこのご時世に、1をプレイしていましたよ。
終わったけれど、2はしばらく良いかなあ、と言う気持ち。


*タイトル
「セブンスドラゴン2020」

*ストーリー
政府の意を受けマモノ退治を行う特殊機関「ムラクモ」。
Sクラスの能力を持つと認められた人々が集められ、希望者による加入テストが行われていた。
そして、その試験中、銀河系外から飛来したドラゴンたちにより、地球上のほとんどの土地は支配されることになった。
ムラクモ機関は人類の存亡を賭け、ドラゴン達との戦いに挑むのだった。


*システム
試験開始後に、主人公となるキャラクターと仲間となるキャラクターをメイクします。
職業は5種類。グラフィックは男女それぞれ5種類。そして、声は男女それぞれ15種類から選ぶことが出来ます。
仲間は12人作れますが、パーティーメンバーは3人。(控えメンバーに経験値が入ることはない)
戦闘を重ねることで手に入るSPを使って、好きなスキルから覚えていくことが出来ます。

フィールドにはドラゴンのシンボルがあり、シンボルエンカウントとなりますが、ドラゴン以外の通常の敵はなくランダムエンカウントとなります。
シンボルエンカウントの方は、良くあるように背後から突けば先制、後ろを取られれば逆に先手を取られることになります。
バトルはオーソドックスなスピード順行動のターン制になります。

ドラゴンを倒した時に入るDzで、イベントや拠点となる都庁の改修(改修が進むと売り出される装備が増えたり、スキルが貰えたり、クエストが発生したりする)を進めることが出来ます。

メインストーリーの合間にクエストを受け、アイテムなどの報酬を得ることができます。
これは最近のゲームにはよくあるシステムですが、数がそんなに多くはなく、あくまでほんのおまけレベルです。


*まとめ
前作のDS版は未プレイですが、やっていなくても問題なかったです。(まるっきり無関係らしいです)
このゲームの売り(だと思う)のキャラメイクが、非常に惜しい。
声優さんが豪華なだけに、なおさら。
声にあったグラフィック(人それぞれイメージが違うと思うが)を探すのですが、男女それぞれ5種類しかないので、選択の余地が少ないです。
職業5種類は、ちょうど良いかと思います。(世界樹はたくさんあって、毎度悩むから)
戦闘の難易度は、ちょうど良い難易度。ドラゴンやボス戦は途中、全く逃げないで進めてきていても、あっさりとは勝てない強さ。
きっちり対策を取って、考えて戦うと程よいぐらい。
移動やマップ切り替え時のロードは全く気になりませんが(メディアインストールでのプレイです)、移動時に3人がゾロゾロと動き回るのは気にかかります。マップの視点は変えられないので、シンボルにバックアタックされてしまったことがしばしば。
一人移動か視点切り替えにして欲しかったです。
近頃のゲームにしては、クエストなどおまけ部分があっさり目。
とはいえ、最近多い素材集めをさせられないのは、良い所かも。
目立って良い所は無いけれど、目立って悪い所もない、安心してプレイできるRPGでした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本日の読書 | トップ | 本日の読書 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。