主婦ゲーマーのゲーム日記

世間に隠したオタク心を爆発させています。時折まじめに読書など。

クリア後感想~ゼノサーガ EP3

2006-12-12 16:16:46 | クリア後感想
多分、これが今年最後のクリアソフトになると思う。
頑張れば、戦国BASARAになるかもしれないけど。
これは全員クリアで終わろうか、一人でも究極でクリアして終わろうか、アイテム欄の空欄が消えるまでやろうか、と止めどきを決めかねています。


*タイトル
「ゼノサーガ EPISODE3 ツァラトゥストラはかく語りき」

*ストーリー
1、2と続いた宇宙を舞台に繰り広げられたドラマの最終章です。
これまでに張られた伏線・謎がいよいよ明らかに!

となります。
スタートは2の直後ではなく、いつの間にかヴェクターを止め、謎の組織とヴェクターを調べる所からです。
2から現在まではデータベースで読んだり、物語の端々で語られたりしています。

最初のうちは展開が遅く、このまま終わるのかと心配になりますが、途中から怒濤の勢いで収束していきます。
あまりに早すぎて付いていけない感もあり。(データベースは更新されるたびにしっかり読んでおきましょう。置いていかれます)

*戦闘
前作に比べてぐっと分かり易くなりました。
キャラクターバトル
攻撃は敵の種類だけを気にすればよくなりました。位置は無くなりました。
攻撃は通常攻撃、アーツ、エーテルで行い、攻撃をすることで貯まっていくブーストゲージを使うことで割り込みもしくは必殺技が使用できます。
欠点は雑魚敵が固いこと。
○ボタン連打では詰まらないとでも思ったのか、とにかく通常攻撃ではダメージが小さいです。
アーツ、エーテルを使わないと時間がかかります。

E.Sバトル
こちらもすっきり。
普通は通常攻撃(武器の種類は選べる)のみです。
通常攻撃をするとアニマゲージが貯まります。貯まったゲージを使い覚醒を選ぶと必殺技が使えます。
ゲージは次の持ち越しできます。
キャラバトルと違って序盤の雑魚(ボスもかもしれません)は○ボタン連打で余裕です。
しかし、終盤になると急に敵が強くなります。
この落差は…。


*その他
移動がちょっと遅いです。
後の方のダンジョンにある仕掛けの都合上、普段は遅いのかもしれませんが、もう少し早いと嬉しかったです。
ダンジョンの敵のほとんどは1度倒すとダンジョンを出るまで復活しないのは便利です。
あまりレベル上げしなくても大丈夫ですから。
ただ、スキルを覚えさせるために戦いたい、と言う時には困りものですが。
スキルはバトル終了時に貰えるポイントをスタイルラインに沿って覚えさせることが出来ます。

前作からの引き継ぎ要素が悲しい!
せっかくセーブデータを取っていたのに!見た目が変わるだけの装備品が手にはいるだけです。
いつもはスキルポイント稼ぎになる水着も今回は見た目が変わるだけです。


*まとめ
4年近くかかり、全ストーリーが終了しました。
それぞれの巻で間があるので、前の話を大部忘れていましたが、データベースを読めば何となくは思い出せます。
難解な言葉も多いし、ここで説明されてしまうことも多いので、このデータベースをしっかり読むことが大事です。
幾つか明らかにされなかったこともありますが(多分)、無事終了しています。
未プレイの方は1から一気にプレイした方が忘れなくていいと思います。
気になったことを少し。
キャラクターデザインがころころ変わっている。
1の時は設定年齢とはとても思えないくらい幼く、2で急に大人びてしまい、3でまた変更というのは統一性がなくてどうかと思います。
もっとも1のまま続けられても……ですが。
クリア後のおまけは別にいらないと思いました。
それとも多くの方は水着でイベントをみたいものなのでしょうか?(水着以外もあるキャラもいますが)

2で不満が多かったので3を買うのは非常にためらいましたが、どうやって終わるのかが気になり購入しました。
ストーリーの顛末を見られ満足です。
ただゲームのストーリーとしてはどうなのでしょう?
分かり易いストーリーではないのに完結までに間があるし、(よっぽど好きな方でないと)何度もプレイするには長いです。
壮大なSFで良いのは良いのですが。
私としては小説で読む方が面白かっただろうなぁと思いました。
ジャンル:
ロールプレイング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 戦国BASARA | トップ | 戦国BASARA »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。