主婦ゲーマーのゲーム日記

世間に隠したオタク心を爆発させています。時折まじめに読書など。

クリア後感想~CRISIS CORE-FINAL FANTASY VII-

2007-11-29 17:03:30 | クリア後感想
「忘れる前に書かないと」と思うのですが、やっぱりゲームする方が先になってしまい後回しになりがちです。
サガのサントラを聴きながら、やっと書きましたよ。


*タイトル
「CRISIS CORE-FINAL FANTASY VII-」


*ストーリー
「魔晄エネルギー」の独占と強力な軍事力を持つ「神羅カンパニー」。
神羅は「ソルジャー」と呼ばれる強力な戦闘能力を持つ兵士の組織を擁しており、なかでも特に優秀な者はソルジャー・クラス1stと呼ばれ、庶民の尊敬と羨望の的となっていた。

そのクラス1stに憧れるクラス2ndのザックスが物語の主人公。
先輩で指導役の1stのアンジールとともに任務に励んでいた中、「ソルジャー大量失踪事件」に関わることになり…。
(ゲーム説明書より抜粋)

懐かしのFF7開始時7年前が舞台になったいわゆるコンピレーション作品。
やっぱり内容はFF7をプレイした人、する人前提だと思います。

やって良かったとは思いますけど、本編主人公の最大の敵たる人物がストーリー中いい人で、切なくなります。


*戦闘
携帯ゲーム機でアクション!!
とプレイする前は思いましたけど、やってみればそんなに難しくはありませんでした。
(アルティマニアによれば)ストーリーだけを愉しみたい人にもクリア出来るレベルになっているらしいので、ストーリー上の敵は、位置取りをきちんとして(背後から攻撃するとクリティカル)、攻撃ボタンを押していれば大体勝てます。
ちゃんと回避、防御ボタンがありますけど。
あとD.M.W.というのがあり戦闘中勝手に回転しているスロットがあります。
目がそろうと色々な特典が付くようになります。
同じ絵柄が揃うと絵柄にあった大技が使用されます。
好きな時に好きな技が使えるわけでもないので、出ればラッキーという程度のモノではありますが。
気になったことがいくつか。
このゲーム、エンカウントが決められた「場所」で起きるようです。
そして、その場所で戦闘が開始し、アクションだから移動しながら戦うのですが、終わった時の位置が「エンカウントの場所」だと、1歩動いただけでまた戦闘となります。
私はこれで、その場で戦闘3回を味わいました。
勿論、これは逃げる時にも適応されます。
戦闘画面端から外に行こうとすると逃げられるのですが、逃げた方向がその「エンカウントポイント」だと…。
あと一つはアイテム使用時。
ほとんど使うことが無かったので、「自動整理」にしていたら、いざ必要な時に選びにくかったです。
R1かL1で「アイテム」を選び、再びR1かL1で使用アイテムを選びます。
その間も敵は動いているので、逃げまどいながらこの操作をやるのは鈍い人には結構ドキドキします。
ちゃんと「自分で整理」をした方がいいです。


*その他
戦闘中に回転しているスロットD.M.Wは戦闘中に技の使用が可能になるだけでなく、マテリアのレベルアップやザックス自身のレベルアップに関わってきます。
つまり、キャラのレベルアップも運任せ。
なので「レベルが上がってないなぁ」と思ったら、わずか5分で3回もレベルアップしたりすることも。
後半、ステータスアップを付けたマテリアを装備するようになれば、レベルはあまり気にならなくなりますが、序盤は結構影響あると思います。

戦闘中ザックスが魔法や技を使用する為にはそれに対応したマテリアを装備する必要が有ります。
マテリアは魔法・技が使える物だけでなくステータスを上げる物もあります。
マテリアはレベルを上げることによりステータスアップの能力が付いたり、上がったりします。
また、2つのマテリアの組み合わせにより新たなマテリアを作り出すことも出来ます(合成)。
この合成が…。
「グループAに属するマテリアとグループBに属するマテリアを合成するとグループCに属するマテリアが出来る」です。
しかし、使用するマテリアのレベルが上がっていたり、マスターになっていたりすると変わってきます。
しかも、マテリア自体のランクが高いとどうにもならなくなってしまうことも。
攻略本や攻略サイトなしでやろうとするとかなり難しいです。

やり込み要素としてミッションというソルジャーの任務があります。
実に300個にもなる膨大な物です。
後半はかなり強力な敵がいて、やり込み甲斐がありますが、マップが使い回しで結構飽きます。
このミッションで一つだけ気になることが。
脱走兵として追い回される身分になっても受けられるってどういうことよ?


*まとめ
携帯ゲームでもここまで美しいグラフィックが見ることができるのね、とまずは感動です。
懐かしい音楽のアレンジは結構好きでしたが、新たな曲は私にはまあまあと言ったところ。
(好きな曲も何曲かありましたけど、通常戦闘音楽が好みではなかったので、評価が低くなってしまいます)

ストーリーだけを追うならかなり短時間で終わるのではないでしょうか?
「そこの所をもっと丁寧に!」と思うことが何カ所も。
アルティマニアによれば容量の関係で大部削ったらしいですけど、2枚組でも私は一向に構わなかったですよ。
そして、そう言う話を聞かされると「インターナショナル」だの「FINAL MIX」だの完全版を出してくるのではないかと脅えてしまいますよ。

とはいえ、FF7好きでPSPを持っている方にはお薦めな一品であることには間違いないです。
ジャンル:
その他
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ザ・ナイト・ビフォア&邪教... | トップ | ザ・ナイト・ビフォア&邪教... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
読んでしまった。 (縁永(ゆかりな))
2007-11-29 17:41:19
う~ん、迷った挙句に後回しにしようと決意したのに、
読んでしまうとやりたくなりますね。
運次第のレベルアップって辛そう・・・。

私的には無印をPSPでリメイクしてもらってもいいのですが。
(でもやっぱり据え置きのほうがいいかも)

以前無印をPS3で~とかいう噂話もありましたが、
ⅩⅢが止まってますし無理かな・・・。
それとも“呼び水”みたいに先にⅦをリメイクするかも知れませんね。
その時は悔しいけど呼ばれてしまいます。
その戦略はありそう (ハルカ)
2007-11-29 21:59:56
後々、インターナショナルないし、ファイナル
ミックス版とか発売されたらガックリきます^^;
でも、ありそうですよね…。そんなの作るぐらい
ならFF7のリメイクを!と声を大にして言いたい
ですw
Unknown (ペンタ)
2007-11-30 09:21:28
>縁永(ゆかりな)さん
マテリアの合成が出来るようになると、さほどレベルは関係がなくなるので、なんとかなりますよ。
もっとも、やり込みまでしようとすれば、そのマテリア合成が非常に大変なのですけど。
私もリメイクされたら呼ばれてしまうと思います。
PS3なら迷うかもしれませんけど。
PSPだとセーブしなくても、電源を消しても続きから出来るのが便利で嬉しいです。

>ハルカさん
イベントを削ったという話を書かれると、今までのインターナショナル版の歴史を思えば、不安になりますよ。
そして、うっかり買いたくなるファン心。
出ないことを祈りましょう。


コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。