主婦ゲーマーのゲーム日記

世間に隠したオタク心を爆発させています。時折まじめに読書など。

クリア後感想~イース7

2011-08-21 13:53:12 | クリア後感想
終わったのは「零の軌跡」なのですけどね。
ずっと放置していたのを、少し加えてアップ。


*タイトル
「イース7」

*ストーリー
稀代の冒険家と後年呼ばれる、若き冒険家アドルとその親友ドギ。
今回は竜の気に溢れる地、アルタゴ公国にやって来た。
到着早々のトラブルで牢に捕らわれた彼らだが、彼らの評判を聞いていた公王により解放。
また公王から最近見付かった祠を冒険家の目で調べて欲しい、という依頼を受け、やがてこの地の伝説に関わることになる。

今まで1&2,フェルガナをプレイしましたが、これまでよりストーリーが長めです。
(でも他のRPGに比べれば短め)


*システム
今まで閉じ込められてしまったアドルを救出に現れるばかりだったドギがついに仲間に!
これまで1人寂しく戦っていたアドルですが、ドギとイベント時に追加される仲間の3人パーティーとなりました。(最後は全員集合で好きなキャラを選べる)
戦闘の難易度はスタート時に選べます。
システムは「イースvs空の軌跡」とほぼ同じ(発売時期を考えればこちらが原型)で、パーティーに参加しているメンバーのいずれか1人が操作キャラとなります。
操作キャラは戦闘中に自由に変更可能。
操作キャラは、通常攻撃と各ボタンに割り振った4つのスキル(スキルは武器事に設定され、レベルが上がるとその武器を外しても使用可能となる)と戦闘中溜まるゲージで使用可能なEXTRAという大技が使えます。
ガードも出来ますが、失敗した時にリスクがあるので、私はもっぱら回避のみでした。
また、今回は攻撃が斬撃、打撃、射撃の3種類に分かれており、敵に対する相性が存在。
その為、複数の仲間から選べる後半には、パーティーに入れるキャラクターの選択が重要となります。
AI操作のパーティーキャラは真面目に戦ってくれるし、アイテム拾ってくれるし、移動で離れてもさっと来てくれるし、でなかなか優秀でした。

*まとめ
クリア時間は20時間ぐらい。短めではありますがRPGの王道的展開がしっかりなされ、時間稼ぎにダラダラとお使いをさせられるような作品よりはずっと好感が持てました。
また今回は3人パーティーとなり、終盤では仲間を選ぶ楽しみも出来ました。
アクション下手の方は大人しくイージーで。
あまり回避やガードが出来なくても余裕です。
ただ、周回プレイをするには理由が足りない感じ。(やり込み要素が難易度を上げるぐらいしかない)
お手軽にアクションRPGをやりたい方にお薦めの一品です。
ジャンル:
ロールプレイング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本日の読書 | トップ | クリア後感想~零の軌跡 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。