主婦ゲーマーのゲーム日記

世間に隠したオタク心を爆発させています。時折まじめに読書など。

クリア後感想~朧村正

2015-09-24 21:25:58 | クリア後感想
途中で、とうらぶにはまったり、次のゲームが決めきれずノロノロとプレイしたりで、やっとクリアです。
とりあえず、夏前に思っていたソウルハッカーズの再プレイをする。
ただし、3DSで。
PS版取っていたので、それをPS3でやるつもりだったけれど、ニートを止めた今、ダンジョンでの中断が出来ないのが厳しいからね。
勤務日も増えてしまったので、来年のSO5までにクリアできればいいな、と思っています。

*タイトル
「朧村正+元禄怪奇奇譚(プラスの後は有料DLC)」

*ストーリー
3DSのぺらぺらな説明書とは違って、昔ながらのしっかりとした説明書が入っているという、ちょっと嬉しいサービス。
資源の節約という意味では、今の傾向が正しいとは、分かっていても寂しいの。

その説明書の物語から引用。


世に数多の妖刀あり

それは、ひとたび抜かれれば血を吸わずにはおられぬ刀。

神気を帯びた名刀でさえ、恨みの血糊に長く浸れば陰気、妖気を生じて妖刀に変ずるという。
それを手にした者は人斬りに魅せられ、果ては必ず持ち主に祟って非業の最期を招くとか。

時は元禄、将軍徳川綱吉の治世。太平の世に妖しの気配。
妖刀をめぐって入り乱れし者らの、欲が義が迷いが争いが
魑魅魍魎を招きよせ、龍神鬼神をも巻き込んで災いの火を広げゆく。

妖刀に曳かれし者らの運命は、果たしていかなる結末か。


この妖刀と関わってしまった、2人の人物が主人公となります。

1人は百姫。
美濃国鳴神藩の姫。花か雪かと見間違うほどのそれはそれは美しい姫。
ある日、悪霊に取り憑かれ、体の自由を奪われてしまう。その後、姫は城を飛び出し、行方不明となった。

つまりですよ、外見は可愛いお姫様ですが、中身はおっさんなのですよ。
この陣九朗というおじさん剣士が、ある人物にとある目的で斬りかかったところ、姫の方に当たってしまったのです。
陣九朗は当初の目的の人物を倒す為、姫は体を取り戻す為に魂の姿で同行することになります。


もう1人の主人公は鬼助。
抜け忍として追われる少年。
過去の記憶が無く、抜け忍となったことや、そうなった経緯も覚えていない。
しかし、内から湧き出る強烈な「刀」を求める思いに突き動かされ、戦いに身を投じる。

2人それぞれに3つ結末が用意されています。
2つ目を見る為には、もう一方のエンディングを見ておく必要があります。
3つ目は、おまけダンジョンとクリア後に追加されるもう片方のボス戦のクリアが要ります。

(外伝であるDLCは4つ。それぞれ主人公は異なる)

*システム
せっかくの取説もちゃんと読まないと意味が無いんだなあ。
ということで、私が、最初にした大失敗を。
オーディンスフィア(今度のリメイクは嬉しいけれど、PS2版を取っている身としては悩ましい。本体が調子悪かったから、買い直す方がいいとは思うのだけれど)、プリンセスクラウンをやっていたので、料理は所持アイテムになると思いっきり勘違いしていました。
前2つに比べて素材が多い点で、気付くべきだった。
お店での食事と同じです。
いつでもどこでも食べられるようになっただけです。
戦闘中にタネを撒くことは出来ません(タネ無いし)、料理のかじりかけも無しです。

この料理はHPの回復だけでなく、力アップ、敵遭遇率減少などと言った追加の効果もあり、戦略の幅を広げることが出来ます。
また、料理を食べることで生気を増やすことが出来、これと敵を倒すと手に入れられる魂を使い、新たな妖刀を作ることができます。
(外伝のDLCでは刀を作るのではなく、ステータスアップ、技の取得となっている)
手に入れた妖刀は、それぞれ固有の技がセットになっているので、選択には攻撃力だけではなく、その技も考慮して選ぶことになります。
妖刀は、太刀、大太刀の2種類でモーションが異なり、常に三本自由に選び所持することが出来ます。(外伝では刀を装備することはなく、各キャラ固有のスタイル3つとなります)

機種が新しくなっても基本は、オーディンスフィアやプリンセスクラウンと同じ。
移動は、2Dの横スクロールで、エンカウントすると戦闘モードに移行。
この戦闘は、設定した3つの武器を自由に入れ替えつつ戦うアクションRPG。
回復アイテムは料理と同じく満腹度(0より大きいと新たに私用することができない)が設定された飲食物と次々と使用可能な薬系の2種類。(2つの差異は、ついでに得られる生気の量が大きく異なるところ)


*感想
オーディンスフィアが気に入って以来、注目していたヴァニラソフトウェア。
始めはWiiで出ましたが、いつかPS3に移植されないかなと、待っていました。
結局、移植はVitaになってしまいましたが、サガの為に購入したので、やっとプレイをすることが出来ました。
オーディンスフィアからの正統進化で、楽しく遊べました。
が、そのオーディンスフィアの時に比べると、(思いで補正があるかもしれないけれど)ストーリーが物足りない、ダンジョンはキャラが変わっても行く所がほとんど同じ、有料DLCがなければキャラはたった2人、という理由で物足りない印象を受けます。
ただし、これは私がアクション下手で、難易度が高いモードが出来なかったせいかもしれません。
そちらが出来る人は、緊迫感のある戦闘が楽しめるようです。
とはいえ、暖かみのある和風のゲームを充分堪能できました。
アクションRPGをやりたいなら、お薦めしたい一品です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本日の読書 | トップ | ブックリサイクル »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。