主婦ゲーマーのゲーム日記

世間に隠したオタク心を爆発させています。時折まじめに読書など。

クリア後感想~キングダムハーツ バースバイスリープ

2010-08-05 11:03:38 | クリア後感想
暑くてまとめる気力が・・・。
でも、忘れる前にまとめておこう。


*タイトル
「キングダムハーツ バースバイスリープ」

*ストーリー
キーブレードマスターになるべく「旅立ちの地」で修行をする3人のキーブレード使いヴェン、アクア、テラ。
アクアとテラはマスター承認試験の日を迎え、その日試験を見にやって来たマスター・ゼアノートが、試験後失踪した。
2人は師匠であるマスター・エラクゥスの命で、ゼアノートを探す旅に出ることに。
そしてヴェンは言いつけに背きテラを追いかける旅に出てしまうのであった。

このお話は、KH2のシークレットムービーで出ていた3人組がそこに至るまでの物語となっています。
時系列で言えば、一番古い話。

途中のキャラ選択で、3人の視点で1つの物語を見ていく形式になっています。
違うキャラでプレイするには、ニューゲームで開始する必要有り。ムービー、チュートリアルのショートカットは可。


*システム
戦闘システム
「たたかう」以外にストーリーをクリアしていく事に所持数が増えていくバトルコマンド(一般的な魔法、技系とアイテム)、アクションコマンド(移動、ガード系が主)、シュートロックコマンド(ゲージを貯めて使用可能な多重ロックオン攻撃みたいなもの)という3種類のデッキを自由にセットして戦うことが出来ます。
攻撃を当てることで溜まるコマンドゲージを最大まで増やすと、フィニッシュコマンドという強力な技が発動します。
また使用したバトルコマンドにより、特殊なスタイルチェンジしてそれ専用のコマンドが追加されることも。

今回は一人旅が基本ですが、代わりにディメンションリンクでディメンションゲージが溜まった状態になったら、いつでも好きなキャラを呼びだしてそのキャラ固有のデッキで戦うことが可能となっています。

デッキに使うコマンドは、買ったり、拾ったり、ミニゲームをしたり、またコマンドチャージという2つのコマンドの合成で手に入れることが可能。
コマンドチャージで素材を追加することで、コマンドにアビリティを付属させることも出来ます。
(逆に言えば、アビリティはコマンドチャージで取得するしかない)

ミニゲーム
いつも通り、いくつかのミニゲームが用意されています。
なかでもコマンドボードは重要。(アクション下手には特に)
双六的なミニゲームですが、これで珍しいコマンドやストーリーの進行度ではまだ取れない、買えないコマンドでも入手可能となります。
また、手持ちのコマンドのレベル上げが可能となっています。
アリーナではマルチプレイ対戦が可能。でも、私のように一人プレイの人もオフラインでちゃんと楽しめるようになっています。


*まとめ
シリーズ作品の1つですが、初プレイの人でも、置いて行かれる事はないようなお話です。
勿論、従来のファンにも「なるほど、そういう風に繋がっているのだな」「おお、この人は!」というお楽しみがいっぱい。
難易度は今までで一番低いと思います。
私でもコマンドボードの利用で、プラウドモードで3人クリアが出来ました。(あとはガード命の気持ちが必要)
音楽は使い回しが多かった気がしないでもない。
不満は2つ。
1つはロード。
最大MBでインストールしたのですが、ほんの気持ち遅いです。
(インストール無しで家族がやってみたのですが、スタイルチェンジの時にかなり待たされていました)
2つめは壁際での戦闘。
敵にロックオンしていても壁に当たってしまうのが。
狭い通路では面倒になって走り抜けました。

シリーズファンは是非に。本編の続編がやりたくなること受け合い。
(全然、話題も出ないのが残念)
PSPで難易度低めのアクションRPGをやりたい方もどうぞ。
ジャンル:
ロールプレイング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 見てきた | トップ | 聞きました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。