主婦ゲーマーのゲーム日記

世間に隠したオタク心を爆発させています。時折まじめに読書など。

更にレベルが上がる

2016-10-16 12:25:04 | 雑談
さて、先日さんまと格闘した私ですが、今度は職場で鰺を渡されました。

鰺は大好きですが、捌くのはお任せモード。
(釣り好きの主人に、教育された長男が担当。主人が飽きて、更に長男が居なくなってからは、開いたのばっかり購入)
長男カムバーーックと叫びたかったですが、インターネット様に教えて頂くことにしました。

ゼイゴを外す、は不格好ですが、フライになってしまえば分からないさで、乗り切りました。

が、いよいよフライらしく背開きをする、が…。

ざっと目を通して実践したため、景気よく切りすぎ、
「あれ?これ、上も下も綺麗に切れているよね。(腹側、背側が開き、骨で繋がっている姿)…」
「仕方が無い、三枚に下ろそう」
「失敗を隠す為に全部3枚にしちゃえ」

ということで、バラバラ死体となった鰺が夕飯です。

今回は、レベルは1も上がらなかったかな?
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本日の読書 | トップ | お久しぶりです »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
マジで?! (すず)
2016-10-16 19:26:53
 今晩は。

旦那様は釣りがお好きなのですね。ならば「自分で捌けー!」と宣言されるのが本望でしょうけれども・・・まぁ、現実はそんなもんですね。

鯖は、私はフライが好きなのですが、義父&主人は「小骨がねぇ」とほざくので、ごく稀にしか食べれません(ガッデム!)ばらばらで良いので、生きの良い鯖をお相伴したかったです。

こんばんは (ペンタ)
2016-10-17 19:32:10
釣り好きですが、釣るだけなんですよ。
捌かないし、ついでに釣った割りには食べない。
だからといって、どこかに配る宛も持っていない。
釣り人の風下においてやりたいです。
最近は、お休みしているので非常に嬉しいです。

作り手と食べる人の趣向が合わないと、困りますよね。
南蛮漬けが大好きな私としては、家族がそこまで好きではないので、たまにしか作れず悲しいです。

話は全然違いますが、すずさんのお宅では、電気ケトルお使いではなかったですっけ?
先日、休憩時間に生徒さんの1人が「年寄りに電気ケトルは危ない」という話をされていました。
「持ち上げて、傾ける」が、握力が弱くなると危なっかしくなるそうで、危うくやけどする羽目になるところだった、とのこと。
使用されていないのでしたら、余計なお世話で申し訳ありませんでした。


朝から長話。 (すず)
2016-10-18 09:01:42
 おはようございます。ペンタさんの作られる南蛮漬け、美味しそ~う。料理は私的に、その料理を食べるのが好きな人が作るのが、一番美味しくできると思っています。

電気ケトル(タイガーのわく子さん)を愛用していますが、なるほど満水状態なら、お年寄りの方には重いのかも。便利な道具でも、思いがけない理由で、危険なことになるものですよね。

うちの電気ケトルの一代目は、おじいさんに燃やされました。

三年前、建て替えた家の引っ越しも終わり、毎日の生活が落ち着いてきた頃に、次男の吹部の最後のコンクールを主人と二人で聴きに行くために、初めておじいさんに留守番をしてもらって出かけました。

早めに家に帰ってみれば、ドアを開けた途端に家中真っ白な煙が充満していてビックリ!原因は、おじいさんが電気ケトルをガスコンロにかけて火を点けていたからでした。最近のコンロは頭が良いので、自動消火してくれていました。

何故?と尋ねても、さっぱりわからないと言うばかり。(主人と私に怒られているというのは理解していて、知らんふりをする)たぶん、おじいさんの頭の内では、電気ケトル=ヤカンに変換されたんだと思います。

年寄との暮らしには、いろんな予期せぬ危険が起こるもんです。 朝から長くなりました、すみません。

朝からオタク活動に余念が無い (ペンタ)
2016-10-21 08:16:24
おはようございます
以前、ケトルをコンロにかけたお話しをブログに上げられていましたよね。
それを見て、親のケトルの所持状況をチェックしておかねば、と思っていたので、話題に出たとき、「そういえば、すずさん宅は、あの後、買い直したのだろうか?」と思った次第です。

趣味でも仕事でも目上の方と過ごすことが多いので、「なるほど年を取ると、そうなのね」と言う話を、時々聞いています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。