ベリー徒然草

ボイズンベリー、ブラックベリー、レッドカラント等のベリー類の栽培と加工、販売の日記

ヒトにとっては小さな世界ですが・・・

2017年07月23日 | ベリー
食用ホオズキの葉の上に体長10mmほどのハエが休息(?)していました。
メタリック調の外観です。
外皮がどうして光り輝くメタリック調になっているのか?光る構造そのものについての研究はすすんでいるようですが、理由は諸説あり不明のような・・・
他との識別や目立つことでの同種どうしの交流に利便性があるから?などと想像したりしています。

そうそう、下の写真はフタスジヒラタアブの幼虫のようでした。
ご教示、ありがとうございます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« この虫の名は???(再度掲載) | トップ | バターナッツの花芽 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。