落とし葉

落ち葉のように言葉をおいていきたいと思います。

本音はね。

2016-10-15 22:41:36 | Weblog



逢いたいと言ってくれるから

明日に望みができた

明日も生きていける

そんな私を

あなたは思いもしないだろうけど



次はいつ逢える?

なんて

言わないところが

私らしいのよ





.
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自我の拡大。 | トップ | 離れたから。 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
点線 (なずな)
2016-10-21 13:34:58
次はいつ逢える?

それって
次への期待と
今のこの時のピリオド

言わない理由は
言いたくないってことかな
それとも
言えないってことかな

なずなさん (PEN)
2016-10-21 22:31:07
うーん・・理由は、言いたくないことも言えないこともあるのかなあ。
でもどちらかというと言いたくないことの方が大きいのかも。
男としてというか僕の想像ではね。
きっと、強がりなんだろうと思う。
女性の強がっている姿もそれが崩れそうになる思いも愛しいと感じます。
そう思って書きました。
なずなさんは、言わないとしたら、どんな理由だと感じましたか。
Unknown (けい)
2016-10-23 08:10:10
PENさん お久しぶりです。
素直に逢いたいって言えたらいいのになあ。
でも、その言葉は言わない。
言わないことで自分を守ってるんです。
ぎりぎりのところで保ってるんです。
でも、逢いたいって言われたら、そんな強がりも
粉々に崩れるんです。
それでも、逢いたいとは言わない。
不思議です。
言わない理由 (なずな)
2016-10-24 14:14:59
言わない
って 能動的な言い方に思うけど
きっと 壊れてしまわないための護りだと思います。

未来は今より もっといいことがあるかも知れない。
だけど
私には 悲しいことしか想像ができない。
・・・だから 言わない。

そんな臆病な状況を 浮かべてしまいます。

未来を失くすばかりか 今をも壊してしまいそうで
せめてこのまま そっと居させて欲しい。
握った手のひらに つかんでるものを確かめるために手のひらを開ける勇気がない・・

病院に行く前には 必ずいい結果は想像しないでしょ?
もしかしたら・・・ なんてね。
でも 受診したら 取り越し苦労だった ってことあるんだけど
その一歩が 切羽詰まらないと踏み出せない・・。
まったく (。´-_-`。)
自分の狭い世界で右往左往してるだけなんだろうけどね。

けいさん (PEN)
2016-10-26 23:43:03
けいさん、お久しぶりです!
「逢いたい」というのはなかなか言えないですか。
本当は言いたらいいと思うけれども言わないというのは、自らの決め事を守ることで自分を守るということなのですね。
外見ではそうは見えないけれども内面ではぎりぎりのところで強がっている、そういう女性の芯の強さと繊細さを同時に持っているところが魅力的な部分です。
そういうところに惹かれるのは、もしかしたら自分が憧れるスタンスだからかもしれないです。

自分を守るというのは、自分のあり方を大切にしているということなのかもしれません。
さらに別の見方をすると、相手をも同じように大事にしているからこそ、逢いたいという相手の想いに応えようとするし、
相手の気持ちを思いやるがために自分からは言わない、ということもあるのかもしれません。

「逢いたいとは言わない」この不思議な言葉には、いろんな心の動きがありそうです。
なずなさん (PEN)
2016-10-26 23:51:46
“壊れてしまわないための護り”ですか。
そうですね。「言わない」ということも「言えない」ということも根本は同じ理由なのかも知れませんね。
言わないことを、臆病と見るか忍耐強いと見るか
言ってしまうことを勇気と見るか自分勝手と見るか
見方はいろいろあるのでしょうが、一つ感じたのは女性と男性の違いです。
もちろん性差をひとくくりにして言うつもりはありませんし、どちらにも共通することもあると思いますが、
女性の強さというのは、繊細さを保ちながら壊すことはせず耐えていくことが源にあるのではないかと思いました。
女性の優しさも母としての強さもそこにあるのかなと。
男性に比べて、多分創造的な性質なのでしょう。
そしてきっとなずなさんも心優しい人なのでしょう。
なんてことを思いました。

僕も病院に行く時と飛行機で着陸する時は、必ず悪い結果を想像します。
だから、どちらも好きではありませんね。
せっぱ詰まらないと踏み出せないのは僕も同じです。
追いかけられるより、自分から追い求められればいいのだろうけど。

ああ、もう一つ。
自分の経験の中で感じたことは、大事にして握っていたつもりだったのが、ずっと後になって、実は大事にしていなかったということに気づいたりしたこともあります。夢ばかり見て手近なことをおろそかにしてはいけないですね。この話は暗示的なままで。

返信ありがとうございました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

Weblog」カテゴリの最新記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL