日々・from an architect

歩き、撮り、読み、創り、聴き、飲み、食い、語り合い、考えたことを書き留めてみます。

ボブ・ディランのNOT DARK YETに打たれて!

2017-06-16 13:41:31 | 日々・音楽・BOOK

“闇が迫ってきた。私は一日中此処に居た。眠るには暑すぎ、時間は去っていく“ 

このディランの一言、ボブ・ディランのNOT DARK YET(ノット・ダーク・イエット)の冒頭の語りかけである。このスローバラードから、我が人生を振りかえってみて、なにがしかの共感を得る。ところでこの時のディランは55歳だった。僕と同世代、僕が一歳年上になるものの、いまから20歳以上若かった55歳の時、このような心境にあったのかと己の生きることを考え併せて、フッとため息が出た。

CDの解説文には、この曲のこんな一節も記されている。「私はここで生まれ、自らの意思に反してここで死んでいく/まるで動いているように見えるだろうけどじっとしたままなんだ・・・」 

さて僕は ! と振り返る。20年ちょっと前の ! 僕。JIA(日本建築家協会)の保存問題委員会の委員長を担い、その後JIAの理事として活動を開始して、DOCOMOMOに関わることになるのだが ! と、思わず溜息が出た。

此のCD。カバーのタイトルの下のこんな一言。

「友よ、答えはこの中にある」。

 

ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 梅雨の前に:親和銀行大波止支店 | トップ | もの想う季節 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。