日々・from an architect

歩き、撮り、読み、創り、聴き、飲み、食い、語り合い、考えたことを書き留めてみます。

晴天に恵まれて 年の瀬から新年に!とは思いながらも…

2016-12-31 16:22:26 | 日々・音楽・BOOK
年の瀬、大晦日、大晦(おおつごもり)、そして`おおとし`という言い方もあるという今日は、年の暮れ。
久し振りに我が家に来た娘は、妻君と御節(おせち)料理を一緒につくりながらの四方山話。
僕は自宅の大掃除、とは言え居間のバルコニーに面しているサッシのガラスを拭いただけ。ところが陽が差すと雑巾の後が妙に浮かび上がってきて、これじゃあ駄目でないか!キレイにしてくれよとガラスから睨まれているような気がしてきた。執筆を中断して拭きなおしてみる。

聴いているのはジョン・コルトレーンの「バラード」。
聴き慣れてはいるものの年の瀬に添って、といいたくなる、マッコイ・タイナー、ジミイ・ギャリスン、エルビン・ジョーンズという黄金のメンバー。
実は、朝10時からのNHK BSで映画「天使にラブソング」を観てしまい、何度も観ているのにあらためてグッときて困ってしまった。暮れの慌しいこの時間に、何故こんな映画を!とぶつくさ言いながらも・・・・

マンデリンを益子の陶芸家、親しい後藤茂夫さんの子息竜太君の作品真っ黒な`ぐい飲み`(とは言わず小ぶりの珈琲茶碗といったほうがいいのかナ)で呑みながらのこの一文。同時に娘のお土産,中野玉屋の和菓子十貫坂`一粒粟餅を食べての珈琲。年の瀬というより春の始まりといいたくもなる。とは言え・・・・

CDを、ギタリスト宮下昌子氏の`ヴィルトウオーゾに換えて、作曲家フェルナンド・ソルが亡くなった弟子を悼んで作った幻想曲ホ短調op.59に換える。そして今年亡くなられた建築家阪田誠造さんや、沖縄の盟友国場幸房さん、高校時代に仲のよかった友へ瞑目する。
2月に沖縄に行く。例年の聖クララ教会でのコンサートに参加すると共に、国場さんにお線香を手向けさせていただく。
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クリスマスから年の瀬へ | トップ | 新春の一齣:建築家・槇文彦... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日々・音楽・BOOK」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。