ペンギン事務所

ペンギンがいっぱい!な ゴキゲン写真ブログ

ペンギンの記念切手!!

2007-02-19 21:57:07 | ペンギン

※ 2/21は更新をお休みさせて頂きます。m(_ _)m

管理人が最近手に入れたペンギングッズ。 これをゲットできたのは結構嬉しいです。

・ その名も、「南極地域観測事業開始50周年記念」切手です。 名前は長いですが、要は、ペンギンの切手という、ファン垂涎のものなのです。

 特に、2行目のコウテイ(ヒナつき)と、3行目のアデリー(か、かわいい!)は感激もの!

 しかもこの切手、10枚綴りで¥800(当然)。 や、安い!!

H190123_1b

 しかし、4行目には、アデリーペンギンを喰って生き延びたと伝えられる、ペンギンファンにとって不倶戴天の敵、「タロとジロ」がっ(笑)!

・ そして、こちらはシール切手。 コウテイもアデリーもコウテイヒナも、、うーん、たまりません! ¥80×10枚ですが、¥1,000なのです。

Pict3581s

・ これが¥1,000の理由。 絵葉書同梱だからです。 4枚ですが、南極の魅力満載。 実際にはもう1枚アザラシの絵葉書つきです。

Pict3585s

ペンギンファンにとって、今年は南極観測50周年という節年。 限定ぺものを手に入れる絶好のチャンスかもしれませんね。

南極観測50周年記念ホームページは、こちらです。 記念切手のホムペは、こちら

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ペンギン本紹介 ・ 「ペンギン図鑑」

2007-02-18 21:26:35 | ペンギン

本日放送の「どうぶつ・奇想天外」でも、ペンギンの特集がされてました。(^-^)

・ ペンギンをペットとして飼っている人が、「ペンギンが泳ごうとしない」ということで悩んでいて、「どうすれば水を張ったプールに飛び込んでくれるか」、という問題でした。

① 鏡など、キラキラするもので水中に誘った

② 大量の魚(エサ)をプールに放した

③ 水に浮かぶペンギンの大型フィギュア(2個)と、ペンギンかぶり物(2体)で誘った

答えは、今日の記事の最後で。

さて、今日の記事は、「ペンギンが好きで、もっと知りたい! でもどう勉強していいか分からない!」という方に送る、ペンギン本。

その名もズバリ、「ペンギン図鑑」です!

Pen_zukans

この本には、ペンギンの基本的知識、特に種類や生息地が豊富な写真やイラストで紹介されており、内容も結構新しいものなので、オススメ。 もちろん、全18種類が網羅されていますよ。 ペンギン学も日々進歩しており、勉強する方も、新しい知識を仕入れなくてはなりませんからね。

でも、¥2,520と価格が高めなのと、大型判なので、動物園などへの持ち歩きはできないのが玉にきず。(そんな使い方する人いないかも…(^_^;))

ペンギンの知識をしっかりつけたい、という人にはいい本だと思います。

ところで、今日のクイズの正解は、③が答えでした。

野生のペンギンは、最初に水に入るとき、水面のキラキラや魚を追いかけてではなく、他の大人や若鳥につられて海に入りますからね☆ ペンギンは、基本的に群れる生き物だということでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

温か(あったか)! ペンギンポット

2007-02-16 22:27:27 | ペンギン

今日の記事は、いわゆる「ぺもの」(ペンギングッズ)。

我が家にあるペンギンポットです。

・ スマートな、銀と黒の2色。 シンプルなデザイン。 テーマはもちろんペンギン!

Pict3568s

・ 斜め後ろから。 アメリカ製です。 通販で¥8,000弱でした。

Pict3569s

・ 今度は斜め上から。 しかし、このポット、欠点が2つ。

  1つ目は、「保温力が弱いこと」

  2つ目は、「現在絶版で買えないこと」

Pict3573s

・ そこで、現在販売中の別のペンギンポットを発見! ディノスで売ってます。 ¥5,040です。 こちらはドイツ製。 

180907l1

家の中の目に付くところに1つはペンギンを! ペンギンファンである管理人の、幸せモットーです(^^;)。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヴァレンタイン・ペンギン☆彡

2007-02-14 23:46:28 | ペンギン

今日はバレンタインということで、ペンギンチョコレートの写真を投稿です。

・ “Pengle Phinkle” というブランドのチョコです。

Pict3534s_1

・ 中身は、キングペンギンがメインの、オシャレでカワイイ6個入り。

Pict3542s

・ ペンギンの親子をイメージして、並べてみました。 でも、仔ペンギンは、実はキングの子ではなく、アデリーのようです。 (箱の内側にアデリーの解説がありましたので。)

Pict3546s

このPengle Phinkleというブランド、ネットで検索してもHPが見あたりませんが、百貨店を中心に販売していたようです。

ブログの記事もいくつか見かけました。 ペンギン可愛さに買ってしまった人が続出なのでしょうか。

でも私のようなペンギンファンにとっては、食べるのがもったいないのですよ(^_^;)。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ペンギンが飛び込む瞬間

2007-02-12 10:28:06 | ペンギン

今日の投稿は、2枚ものです。(^-^)

ペンギンがプールに飛び込む瞬間をとらえた写真です。

・ 飛び込む直前には、足は踏ん張ったまま、身体をニュ~っとのばして、上体を水面に近づけます。 この動作はどの種類のペンギンも大体同じですよ。

Pict1054s

・ あとは、足を離せば頭からきれいに水中にボチャンと飛び込みます。 この瞬間を写真で撮るのは、結構難しいです。 (1枚につき5枚以上の失敗作が生まれます(^_^;))

Pict1053s

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

屋外プール外観写真 (松島マリンピア)

2007-02-11 22:00:14 | ペンギン

前回は屋内展示のガラスについて書いたので、今回は、屋外プールの様子について投稿します☆

・ こちらが外観。 小さいお子さんもペンギンを見られるように、木の台がしつらえてあるのが親切です(^-^)。

Pict1096s

・ 向かって左側が屋外プール、右側が屋内展示場です。 壁一枚隔てただけで、結構雰囲気違いますね。

Pict1095s

・ 屋外プールは、ちょうどエサの後でした。 それぞれのペンギン達が、思い思いの場所でひなたぼっこしてます。

Pict1050s

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ガラス越しの出会い

2007-02-09 20:59:37 | ペンギン

2/7-8は仕事のため、更新が出来ませんでした。 年度末は忙しいです。 m(_ _)m

ところで、動物園や水族館のペンギンに会いに行くとき、管理人をはじめ、多くのペンギンファンは、断然屋外で会いたいと思っているのでしょうが、実際は、ガラス越しでしか会えない場合が多いです。

・ ここ、松島マリンピアも例外ではなく、屋内のペンギンゾーンはガラス越し。 極地に近い所に住む、珍しいペンギンほどガラス越しの出会いになってしまうのです。 仕方がないけど、ちょっと残念。

Pict1086s

・ ガラス越しに見たジェンツーペンギン。 このガラスの中を綺麗に撮るのは、結構難しいのです。

Pict1025s

・ 立派なマカロニペンギン。 でも曇ったガラス越しなので、ちょっとボヤボヤしてます(^_^;)。

Pict1089s

: 

・ 不思議な感じでうまいこと撮れたキングペンギン(^^)。 ガラスに付いた大きい水膜越しに撮ると、こんな風に綺麗に撮れます。 周囲がボケているのは、水膜がないためと、カメラをペンギンの進行方向に動かしながら撮ったため。 被写体ボケ防止です。

Pict1146s

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ペンギンオンパレードのマニアな看板

2007-02-05 22:40:17 | ペンギン

今日は仕事で遅くなったので、一枚更新です。

ここは、近畿地方の某近鉄百貨店。 どーんと掲げてあった看板に、思わず人目をはばからずに写真をパチリ☆ もちろんネタのためです(^_^;)。

この看板、よーく見るとたくさんの種類のペンギンが登場します。 しかも、そのどれもがなかなかうまく特徴を捉えて描けています。 察するに、これを描いた方は結構なマニアかも!?

Pict3306s

この看板のペンギン : 上から、 キングペンギン、 フンボルトペンギン、 ジェンツーヒナペンギン、 イワトビペンギン(冠羽が赤、青と黄の3種類あり)、 アデリーペンギン。

一番下の左から2番目にいる黄色マフラーペンギンは、ひょっとしてシュレーターペンギン!?(かなりマニアック…) もしかしたら、派手な帽子をかぶったアデリーかも。

管理人は最近、ペンギンのキャラクターものが非常に多いように思います。 こうしてみると、日本中がだんだんペンギンで溢れかえってくるような気がする今日この頃です(^_^;)。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

イワトビのランチタイムも戦争だっ!! 後編

2007-02-04 18:47:41 | ペンギン

体調がすっかりよくなり、今日から通常更新です。 ご心配をお掛けしました。 (^-^)

続きは、イワトビペンギンの食事タイムの模様から。

・ 奥の青い服を着た飼育員さんが、イワトビペンギンに餌をやっています。 でも当然、荒っぽいイワトビ君なので、エサを巡っていざこざが絶えません。

Pict1024s

・ 上の写真でも見られますが、エサを巡るケンカで、よくプールに落とされる者がいます。 この写真でも中央で2羽がにらみ合いしてます。 (そしてまた1羽負けペンギン(?)が。)

Pict1021s

・ 他のペンギンを排除したところで、再びエサに群がる勝ち組(?)達

Pict1020s

・ 「あ~、あそこは大変だね~」 すでに食事が一段落したペンギン達。 もう余裕です。 毎日こんなバトルを繰り返しているとは…、野生でない水族館のペンギン世界もなかなか厳しいものです。

Pict1015s

コメント
この記事をはてなブックマークに追加