ペンギン事務所

ペンギンがいっぱい!な ゴキゲン写真ブログ

神戸王子動物園・シマウマのお尻の模様は!?

2006-05-29 20:16:49 | 旅行記

さて、そろそろペンギンエリアを離れて違う動物を見に行きましょう。

まずは、こちらです。

・ カピバラ。なんだか不思議な可愛さです。その気になれば飼えそう。でも臭そう(^_^;)。

 Pict8515kapis

・ アリクイ。動物園では定番ですが、近所の竹藪あたりからこんなのが出てきたら驚くこと請け合いです(笑)。

 Pict8517s

・ シマウマ。「黒地に白」に見えますが、「白地に黒」の模様です。

 Pict8518s 

・ お尻からシマウマー!こんな綺麗な同心円状になっているんですよ。知ってました?

 Pict8522s

というわけで、ペンギン以外も見どころ沢山の神戸王子動物園です。

次回はこの続き。変な癖のキリンなどが登場です。

前回お知らせした通り、今週と来週は水曜日をお休みします。次回は6/2の予定です~(^^)/~~。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

神戸王子動物園・ペンギンその4

2006-05-26 21:47:57 | ペンギン

今日も神戸王子動物園の続きです(^-^)。

・ フェンス越しに管理人に興味を示すフンボルト君 ♪

 Pict8468s

・ 真上から見たフンボルト。意外と貴重な構図かも。

 Pict8470s

・ あっ、脱走したいの!?

 Pict8475s

… このフンボルトは、相当管理人とふれあいたかったようです(勝手な解釈)。

さて、では次回ペンギンエリアに併設されてる、ペンギンプールを屋内から見られる休憩所に行ってみましょう。(続く!)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

神戸王子動物園・ペンギンその3

2006-05-24 22:12:49 | ペンギン

今日も、神戸王子動物園のペンギン特集です(^-^)。

早速写真の紹介です☆

↓ それぞれの時間を過ごすペンギン達。フンボルトは元気にテクテク歩き、キングはかかと立ちして、まったり。

 Pict8455s

↓ 前回載せた「寝キング」を真後ろから撮ると、こんな感じなのです。

 Pict8464s

↓ あ、足出した。

 Pict8481s

神戸王子には昔はもっとキングペンギンがいたらしいのですが、今は2匹しかいなくて残念(@_@)。

次回はまたフンボルトです。管理人とのフェンス越しのふれ合い(?)を掲載したいと思います(^^)/。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

神戸王子動物園・ペンギンその2

2006-05-21 12:12:49 | ペンギン

今日も、神戸王子動物園のペンギンをご紹介です。前回はキングだったので、今回はフンボルト。

↓ 「ああ、今日も良い天気だねぇ…。」 まったりと午前の陽射しを浴びるフンボルト君です。

 Pict8433s

↓ 笑撃(?)の一枚。右のフンボルト、腹這いになる途中なのですが、股間を隠しているようにも見えます(笑)。

 Pict8454cs

↓ フンボルトファミリーです。中にいる2羽が子供。まだ幼鳥の羽が頭の回りに残っていますね。防寒帽をスポッとかぶっているみたいで可愛いです☆

 Pict8446s

↓ 「僕たちラブラブなんだからさぁ、邪魔しないでくれる~?」巣穴の前で仲むつまじいフンボルトのカップルです。

 Pict8447s

今日のペンギン写真4枚は、管理人もなかなかのお気に入りなのです。

お茶目で愛嬌のあるフンボルトのキャラクターが出ているのではないかと思います。

次回は、神戸王子動物園のペンギン写真その3です。どうぞお楽しみに~(^^)/~~!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

神戸王子動物園・ペンギンその1

2006-05-19 00:13:40 | ペンギン

今日は神戸王子動物園のキングペンギンに注目したいと思います。

↓ のんびりとひなたぼっこを楽しんでいます。羽の状態も結構きれい。ああ、この真っ白なハラを思いっきりモジャモジャさすりたい~(ダメですってば)。

 Pict8461s_1

↓ 私が行った日は、キングは2羽。1羽は立ち、1羽は寝て。。

 Pict8462s

↓ 立ってる方。フリッパーがかゆいの?しきりにクチバシでカジカジしてました。

 Pict8444s_1

↓ こっちは寝てる方。フリッパーをハラの中に入れて…。モノグサーな寝方。それにしても、お腹柔らかそう~。

 Pict8458s

今日はここまでです。こちらはペンギン施設がなかなかよく、長い時間楽しめるので、オススメ。では続きはまた次回に!

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

神戸小旅行・神戸王子動物園到着

2006-05-17 22:56:03 | 旅行記

えー、仕事が忙しい管理人です。更新時間が遅れ気味で、申し訳ありません。

今日は、神戸王子動物園にやってきたところまでを書きたいと思います。

↓ ここが入り口です。王子動物園は、阪急「王子公園駅」下車です。看板からすると、どうやらパンダがメインのようですね。

 Pict8630s

↓ しかし管理人は、パンダには目もくれず、一路ペンギンへと向かうのでした(笑)。ペンギンエリア遠景です。なかなか広くて清潔で立派。

 Pict8431s

↓ キングとフンボルトが平和に暮らしております。沢山いる~(^o^)!!

 Pict8476s

というわけで、ペンギンエリアに到着でございます。

これからしばらく神戸王子動物園特集となりますが、よろしくお付き合いくださいませ~m(_ _)m。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ペンギンのいるバー・「リトルフィート」後編

2006-05-15 19:21:18 | ペンギン

ペンギンのいるバー、リトルフィートの後編でございます。

ここには2人で行ったのですが、注文したのは、ドリンク計2本(1本/人)、食事2品(唐揚げ+サラダ)。あとお通しが出てきました。

↓ こちらが店の前にあるメニューです。ほとんどのものが¥900。ビールは確か¥800だったかな?はっきり言って高いですが、ペンギンファンは食事代+ペンギン鑑賞代と考えるべきでしょう。なんせこの店、ペンギンにえらいお金かかってますから(^^;)。

 Pict8381s

↓ やはり赤くなってしまうペンギン写真。ケープの親子(?)です。子供ペンギンが心なしかヤンキーっぽい(^_^;)。

 Pict8393s

↓ これが店内入って右側のカウンター席。ちなみにペンギンは、左側のテーブル席の方にいます。

 Pict8403s

↓ こちらは出口にあるペンギンネオンサイン。コウテイペンギンですね。

 Pict8421s

リトルフィートでの精算代金は、¥4620。お通し+ドリンク2+食事2にしては高いので、しょっちゅう来るような店ではないものの、ペンギンファンとしては一度行ってみたいところです(^-^)。

さて、次回からは、神戸王子動物園をお送りします。お楽しみに~(^^)/~~。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ペンギンのいるバー・「リトルフィート」前編

2006-05-14 16:19:57 | ペンギン

私が神戸に行った一つの目的が、ここです。

ペンギンのいるバー「リトルフィート」に行ってみること。

いろいろ噂には聞いていましたが、ネット上でも有力な情報が少なく、百聞は一見にしかずということで行きたかったのです。では早速写真をどうぞ。

↓ 看板です。確かにペンギンのデザインですが、「中にペンギンがいるよ」とは、どこにも描かれていません。

 Pict8378s

↓ ビルの入り口には、こんなペンギン(?)の絵がお出迎え(^-^)。もうすぐペンギンに会えます。ドキドキ。

 Pict8380s

↓ いました!店内には6畳ほどの大きさの水槽があり、その中にペンギンが沢山います。種類はケープペンギン。

 Pict8401s

↓ 水槽のアップです。見づらくて大変申し訳ないですm(_ _)m。でも店内薄暗くて、しかも光源は赤いランプだけなので、こういう風になってしまいます。ちなみにぺんぎん事務所では、水槽ごしのフラッシュ撮影はオススメしません。フラッシュがガラスに反射して、いい写真にならないのと、ペンギン自身の健康のためです。

 Pict8382s

このリトルフィート、場所が若干分かりにくいですが、ここ(リンク先地図)です。

三宮から徒歩5分程度、ドンキホーテとホテルモントレ神戸の近くの雑居ビルB1です。

次回は、引き続きリトルフィートの後編をお送りします(^^)/~~!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

神戸小旅行・萌黄の館

2006-05-10 22:46:16 | 旅行記

今日は、神戸特集に戻って、異人館の「萌黄の館」をご紹介。

仕事が忙しいので、更新時間が遅くなりがち。申し訳ないです~m(_ _)m。

↓ 萌黄の館。家の色は、名前通り萌黄(もえぎ)色。

 Pict8328s

↓ 上の写真で見える煙突。あの阪神大震災で崩落していました。10年以上たった今も、地面に突き刺さったまま。上の写真の煙突は、震災後に新しくつけた物だそうです。古い地面の煙突は、無言で地震の恐ろしさを現在に伝えています。

 Pict8332s

↓ 家の中に入ってみましょう。煙突があるということは、暖炉があるわけです。こちらは青いタイルの暖炉。

 Pict8325s

↓ そしてこちらは、風景が描かれたタイルの暖炉。オシャレですね~。

 Pict8326s

さて、次回は北野異人館で屈指の人気スポット、「うろこの館」に行きたいと思います。お楽しみに~。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今年も登場!熊野(ゆや)の長藤

2006-05-08 21:39:00 | 旅行記

去年、当ブログでは「熊野(ゆや)の長藤」という記事を掲載しました。今年も載せます。GW中に行ってきたのです。

ジュビロ磐田のある静岡県磐田市の名物で、県の天然記念物です。最高齢樹の樹齢、何と800年!

↓ まずは写真を載せてみましょう!藤もスゴイですが人出もすごい!

 Pict9173s

最高齢の藤は、源平の時代に、平宗盛(たいらのむねもり)(平清盛の子)の愛人であった熊野御前という人が植えたと伝えられています。詳しくは、上のリンク先の過去記事をどうぞ!

↓ 青空、藤の葉、そして藤の爽やかなコントラスト!「5月」って感じの色合いです(^^)!

 Pict9175s

↓ 長い房は1m以上あります。見事に満開です。

 Pict9179s

↓ 最高齢の木ではないですが、とりわけ大きく立派な木です。藤棚で葉と花を、足場で根を大事に守られています。

 Pict9184s

↓ 最後は、珍しい白い藤。こちらは薄紫の藤とは、また違った美しさがありますね!

 Pict9185s

最後に、今年も載せます。長藤の歌碑にある歌です。シンプルで清々しい感じが管理人のお気に入りなのです。

「天竜の 川風熊野(ゆや)の 藤揺らす」

さて、次回はまた神戸特集に戻って、連載を続けていきたいと思います。それでは、次回をお楽しみに!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

神戸小旅行・風見鶏の館その2

2006-05-07 20:28:36 | 旅行記

今日は、前回に引き続き、「風見鶏の館」です。

↓ 1F玄関横には、主人の書斎があります。私もこんな書斎が欲しい…(´・ェ・`)。

Pict8309s

↓ 2Fに上がりました。すると東側にダイニングがっ!なんでもここは、朝食の間だそうです。1Fダイニングは西向きなので、この家の人は東向きのこちらで清々しく朝食を頂いたのだとか。贅沢~!お金だけでなくて、心も豊かでないと出ない発想です(^_^;)。

 Pict8314s

↓ その2Fからの眺め。現在ではこの家の庭木が茂っていますが、それでも神戸のベイエリア、とおくは大阪まで一望です。夜景も綺麗だろうな~。

 Pict8307s

↓ 最後に、謎かけ。下の写真は2Fサンルームのものですが、なぜ左の窓の影だけユラユラしているのでしょう!?

 Pict8306s

答えは、「左の窓は、家が建った当時の100年前のガラスだから」。当時は技術が発達していなかったから、ガラス表面が微妙にゆがんでいるのです。ちなみに右のガラスは、後の世に取り替えた物だから綺麗なんだそう。でも100年前のゆがんだガラスの方がステキです!

さて、神戸特集の途中ですが、次回は1回だけGWの話題を書きたいと思います。

その次の投稿は、風見鶏の館を出て、近くにある「萌黄(もえぎ)の館」に入ってみましょう!お楽しみに!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

神戸小旅行・風見鶏の館その1

2006-05-05 11:26:31 | 旅行記

風見鶏の館に入りました。

この館は、かつて神戸に住んでいたドイツ人貿易商ゴッドフリート・トーマス氏(G・Thomas)が自邸として建てた建物だそうです。築100年。味があります。

今日の記事では、風見鶏の館1Fを見てみましょう。

↓ ダイニングです。なんだか映画に出てきそうな雰囲気。

 Pict8303s

↓ 応接間。人の家におじゃましてこういう部屋に通されたら、、緊張しますかね、やっぱり。

 Pict8293s

↓ 洋館にお約束の暖炉。そしてグランドピアノ。うーん、ゴージャス^^;。

 Pict8296s

↓ 1Fサンルーム。暖かな日差しを感じるスペースです。「1F」と書いたのは、2Fにもサンルームがあるからです(笑)。

 Pict8297s

いまではすっかり観光名所になっている風見鶏の館ですが、昔はここに個人で暮らしていた人がいるわけですから、スゴイです。

あと、100年たった今でも「洒落てるな~」と感じるところがまたスゴイ。「いいものは、時代を経ても色あせない」ということなのでしょうか。

次回は、風見鶏の館2F部分を紹介したいと思います。m(_ _)m

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

神戸小旅行・北野異人館をゆく

2006-05-03 15:04:38 | 旅行記

神戸にやってきた管理人、ステーキランチ(前回記事)で満足したところで、神戸の山手に行くことにしました。

↓ 三宮から山手は、意外と不便。路線バスで新神戸まで行って、新神戸から歩いたのですが、上り坂を10分以上歩くはめに…(T_T)、、、写真は、やっと山手に到着したの図。ゼイゼイ。

 Pict8273s

↓ 「ラインの館」です。

 Pict8272s

↓ こちらは「仏蘭西(フランス)館」。

 Pict8274s

↓ 「旧パナマ館」。 えっ!?中には入らないのかって^^;^^;^^;?? いや、街並み散策を楽しんでいるのですよ(笑)。

 Pict8277s

まぁ何と言いましょうか、入場料が高いのです。異人館を一通り全部入場して回ると、¥5000弱/人 という相場なので、自然と「入るところは選ぼう」という風になってしまうのでした。。ちなみに、これから観光する方のために、北野異人館地区の地図のリンクを載せておきます。

でも素通りしてばかりではつまらないので、次の記事では中に入った写真を載せていきます。

まずは第1弾、異人館では有名どころのステキな洋館、「風見鶏の館」です。下は予告写真の外観です。お楽しみに~。(^^)/

 Pict8282s

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

神戸小旅行・ランチはお得な神戸牛ステーキ!

2006-05-01 21:14:15 | 旅行記

今日からぺんぎん事務所は、神戸旅行特集です☆

ネタが多いので(ペンギン含)、6月くらいまで神戸が続きそうですが(笑)、のんびりとお付き合い下さいm(_ _)m。

さて、まずは神戸の中心、三宮駅に到着した管理人。そろそろお昼なので、ランチを食べたくなりました。

そこで調べておいたのが、神戸牛ステーキ。ネットで口コミを当たってみたら、いい店がありましたよ!

↓ その店が、ココ!その名もズバリ、「ステーキランドKOBE」!神戸牛ステーキ専門店だそうです!なんだか高そうだけど、大丈夫!?

 Pict8256s_1

↓ 店に入って、早速注文。これが「ステーキSランチ」、¥980。量は100gと少ないですが、ステーキが¥1000未満で食べられるなんて、感激モノです!お肉はしっかりと霜降りです。

 Pict8257s

↓ ジュワ~~~ッ! シェフが目の前の鉄板で焼いてくれます。たたたたたまら~~ん!!はやく食べさせて~!

 Pict8258s

↓ できあがり~!ステーキはサイコロ型にカットしてくれます。肉の後に野菜焼(チンゲンサイ+もやし)が来て、完成です。下の写真は、管理人がすでに野菜が来る前に肉を食べてしまっているので^^;、実際にはもう2~3切れステーキがあります。100gですが、ランチなら十分な量だと思います。

 Pict8265s

全部で、ステーキ(ニンニクチップ付き)+ライス+サラダ+みそ汁+香の物。お肉のタレはポン酢とニンニクの2種類。しかも、食後にはコーヒー付き。これで¥980はお得でしょう!私は11:40頃に行ったのですが、正午前に満席になってしまいました。肉を沢山食べたい人には、ステーキLランチ¥1380(150g)もあります。

1点残念な点があるとすれば、肉の付けダレが冷たかったので、付けると肉が冷めてしまうこと。でも、肉の質は非常によく、「また行きたい!」と思わせる店でした。

次回は、神戸の山手に向かい、異人館方面の記事を書きたいと思います。(^^)/~~~

コメント
この記事をはてなブックマークに追加