ペンギンの憂鬱

日々のうだうだ~読書と映画と酒と料理~

カイロ・タイム〜異邦人〜

2016-10-18 | 映画
ジュリエット(パトリシア・クラークソン)は、国連で勤務する夫のマーク
(トム・マッカムス)と合流してバカンスを過ごす目的でカイロを訪れる。
だが、空港には夫の姿はなく、かつて彼の警備担当だったエジプト人タレク
(アレクサンダー・シディグ)が彼女を迎えに来ていた。
マークの到着が遅れるとわかり、 ジュリエットはタレクの経営するコーヒー店を
のぞきに行く。
(Yahoo!映画あらすじより)

====================================================
カイロというエキゾチックな街並み、そして象徴のピラミッド。
惹かれ合う二人。
はかなくて切ない大人の恋
もう、ただそれだけで美しい映画でした〜。うっとり

突然、知らない土地に一人でほったらかされたら。
そこに素敵なエジプト人の男性が優しくガイドしてくれたら。
そしてその場所が美しいなら。

あんた、そりゃーーねぇ!
もう、やーね。

ようやく二人の心が通い合ったところに、戻ってくるよね〜、旦那が。
まぁ普通のシナリオならそれが定石だよね〜。

刺激的なストーリー展開があるわけではないけど、
切ない出会いが風景にマッチする、綺麗な映画でした。
音楽も良かったな。

そう、すべては秋のせい
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 痴人の愛/谷崎潤一郎 | トップ | 静かな爆弾/吉田修一 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。