風太の日々漫遊

50代の喜怒哀楽

銀座の天婦羅「近藤」

2017年04月05日 | 和食

何時かは来てみたかった天婦羅「近藤」さんにランチでお邪魔しました。

暖簾と箸袋の題字は池波正太郎だそうです。

店内は2部屋あり各部屋10席のカウンタ-で構成されています。

突き出しは川海老の甘露煮。

コ-スは椿を注文。

見るからに大きそうな車エビの頭で食べづらかったです。

車エビは大振りで揚げ方が今一、衣と身の一体感が無く正直美味しくなかったです。

才巻(小振りな車エビ)の方が良かったかな。

北海道産アスパラはジュ―シ-で美味しかった。

水ナス。

鱚は普通に美味しかったです。

茨城産のレンコン。

コゴミですが、せめてタラの芽かコシアブラの芽にしてほしかったです。

メゴチ。

ペコロスは揚げが少なくてだめです。次に穴子なのですが写真撮り忘れました。

人参は別注です。テレビで放映されていたので絶対食べたかった(笑)。

油に投入してから50分後に出て来た別注のサツマイモ。

30分揚げその後ぺ-パ-に包んで20分余熱で火を通すみたいです。

最後は天茶。

デザ-トのメキシカンマンゴ-は美味しかったです。

清課堂の徳利でお酒が出て来たのには嬉しかったですね。

多分30年位経っていそうで、もはやビンテ-ジの雰囲気です。

1ヶ月前に予約を入れお伺いした「近藤」さんですが、総額はお酒4合と生ビ-ル2杯、追加2品で2人で26,000円でした。

店内の雰囲気は90点なのですが、隣席との間合いが狭く居心地が良くなくて85点。

接客も85点、料理も正直85点、料金は銀座なので90点、総合86点です。

お昼は12時から3時までの2ク-ルで何となくゆとりが無く無理があるように見えました。

あとご主人が揚げた天婦羅が食べれなかった事と、ゴマ油の含有率が少ないのが江戸前としては残念でしたね。

地元立川の「岡本」さんと比べると、サツマイモ以外は食材・油の吟味も含め「岡本」さんに軍配が上がります。

どうもミシュランで星を獲得すると一見客が増え、味が落ちると噂がありますが本当かもしれませんね。

ここ2カ月で毎年星を採るお店を訪問しましたが、ミシュランの評価員も大したことない事が良く分かりました。

今のところ和・洋・中の全てをひっくるめて、自分の中では「オテル・ドゥ・ミクニ」がダントツです。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 千鳥ヶ淵でお花見 | トップ | ビストロ「HAJIME」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。