一期一会 ~万年筆店店主のブログ~

哲学、想いを発信している、Pen and message.店主吉宗史博のブログです。

ペンテルマルチ8

2016-12-11 | モノについて

筆文葉会議の時に金治智子さんがマルチ8をガシャガシャと色を変えながら使う姿を見て、どうしても欲しくなって、私も買ってしまいました。

マルチ8は私が仕事に就いた時からある商品で、文具店にとって超定番だと思っていましたが、新しくできたお店は扱っていないことが多いことに気付きました。

マルチ8はたいていの場合、製図・デザインに分類されますが、変に特別扱いせず複合筆記具に分類すればもっと売れる良い商品だと思います。

新しいお店にマルチ8がないのは、簡単に売れる商品ばかりを扱いたがり、こういう説明の必要な商品を嫌う傾向にあることと、文具店の売り場に製図・デザインのコーナーがなくなっているということが理由なのかもしれません。当店では扱おうと思います。

マルチ8を簡単に説明すると、8色の色鉛筆やボールペンを1本で切り換えて使うことができる芯ホルダーで、マルチ8は8色の色鉛筆が装備されていて、スーパーマルチ8は3色のボールペンと色鉛筆を装備していますが、中身は自分でアレンジして入れ替えることも可能です。

マルチ8は透明なボディで内部機構を見ることができます。
尻軸をノックすると1本の芯が弾倉に装填されて、重力によって降りてくるところが見えて面白い。


当店オリジナルダイアリーも筆文葉リフィルも白地図のようなものです。
そこに書き込んで、色を塗ることで完成する。

色がビッシリとある世界地図よりも枠線だけの白地図の方が私はワクワクします。

未完成のダイアリーやシステム手帳の中身を完成させるためのおもちゃ・・・いやツールとしてマルチ8と万年筆を使っています。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ある休日 | トップ | 消せる安心感 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL