一期一会 ~万年筆店店主のブログ~

哲学、想いを発信している、Pen and message.店主吉宗史博のブログです。

お子様の誕生に記念のペン

2011-10-10 | 仕事の考え

最近お嬢さんを授かったSさんが来店されて、お子様の誕生記念としてブラックトレドを購入されました。

その子が大きくなったら渡すとかではなく、お子さんがそのペンを見た時に父親をイメージするような、ご自分を象徴する万年筆が欲しいと思われて来店されたのだと思います。

ブラックトレドは1995年頃トレドシルバーという名前でプロパーの商品として短期間のみ作られていましたが、15年くらい作られていませんでした。

金張りのキラキラしたトレドとは違う、シルバーの胴軸のトレドは新しい時には少しシャープな印象で使い込むとシルバーが落ち着いてきて、お子さんがお父様の万年筆だと認識する頃には良い風合いになってくるでしょう。

私も子供が生まれた時に万年筆を知っていればと羨ましく思いました。

息子が生まれたのは25歳の時で、私は本当に若かった。

今でもないけれど、当時わが家には本当にお金がなかったからトレドは絶対に買えなかったけれど、プロフィット21やカスタム742のような長く使うことができる万年筆をお金を貯めて買っていたと思います。

子供が生まれた年号を刻印したりしてもいいかもしれません。

子供が生まれたという自分の人生における大きな出来事を思い出せるモノを形として持っておけるというのも素敵なことだと思いました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 使う人に愛情を注いでもらえ... | トップ | 店主のおすすめBOX »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (たまさ)
2011-10-10 18:13:05
先日はとても幸せな一日をありがとうございました。すてきな文章にまとめてくださり、このブログの文章も含めて、いつか伝えたいと思います。

ペンそのものというより、将来はさらにマイナーになっているかもしれない万年筆という筆記具とそれに惚れ込んでいる魅力的な人たちと出会えたことが、記憶して伝えていきたい事だなと思います。

そうそう、私にとってもトレドはかなり贅沢をしてしまいました。でも届くのが楽しみでしかたありません。
ただ、まだ妻は知らず・・・
委託で手に入れたプラチナ・セルロイドを入手したのみと思っているでしょう。いや、うすうすは気付いているかも。


奥様のご理解 (penandmessage.)
2011-10-11 10:34:43
たまさ様
たまさ様たちが店にいて下さって、とても楽しい雰囲気の一日だったと思います。
万年筆の話だけでなく、カメラの話でも盛り上がっていましたね。ニコンのカメラを買ったばかりだった森脇さんもより撮りたくなったと思います。
トレドはお子様の誕生を喜び記念するたまさ様の最上の形だったと思いますので、奥様も喜んで下さるのではないかと思っています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL