股間の解放記

普通の社会人PEKOの、日々思うことをつづっていきます。

心が叫びたがってるんだ。

2017年07月08日 01時26分17秒 | 映画評論カ行
製作年:2017年
製作国:日本
日本公開:2017年7月22日
監督:熊澤尚人
出演:中島健人,芳根京子,石井杏奈,寛一郎
official site

人との付き合いが下手で、本音で話すことができない高校3年生の坂上拓実。ある日彼は、全く接点のないクラスメートの成瀬順と共に担任教師から地域ふれあい交流会の実行委員を任される。幼少時に発した言葉で家族をバラバラにさせたことから筆談でしか会話できない彼女に戸惑う中、拓実は地域向けの演目となるミュージカルの準備を進める。一方の順はミュージカルのヒロインに選ばれ、拓実にある言葉を掛けられたのを機に自分の思いを歌で伝えようと思い立つ。
2015年に公開され、ヒットしたアニメ『心が叫びたがってるんだ。』を実写化。他人と関わることが苦手な男子高校生が、地域向けミュージカルを通して、言葉を発するのを避ける同級生の女子と心の距離を縮める。監督は『近キョリ恋愛』などの熊澤尚人。主演に『黒崎くんの言いなりになんてならない』などの中島健人、共演にNHKの連続テレビ小説「べっぴんさん」などの芳根京子、『スプリング、ハズ、カム』などの石井杏奈らが顔をそろえる。

試写会にて。アニメ作品の実写化だそうですがアニメ版は観た事ありません。自分の想いを素直に伝えられない高校生たちの青春を描いた本作。言葉は人を傷つける。だけど言葉で伝えないと人には伝わらない…。目の前の大切な人に今言わないと後悔してしまうから。ふれあい交流会でミュージカルをすることになり、最初はまとまりが無かったクラスでしたが、少しずつクラスメイトも拓実や成瀬の前向きさに感化されてミュージカル成功を目標に一致団結して練習を始めます。学生っていいな、高校生っていいなと素直に羨ましく思ってしまった(笑)しかし、話としてはイマイチ感動するほどではなかったです。ミュージカルシーンも地域の交流会だから仕方ないのかもしれないが芳根京子の透き通った綺麗な歌声が響きながらも学芸会ってかんじで消化不良。成瀬が本番当日に姿を消してしまう理由は前日に視聴覚室で拓実と仁藤が告白した現場を見てしまったのが原因なのだけど、成瀬を視聴覚室に行かせたのは田崎。しかし田崎は拓実と仁藤に激怒する。「お前らのせいだろ!!」と…。いやっ拓実と仁藤は悪くなくないか?それよりも視聴覚室に行かせてた田崎は少しは罪悪感はないのか?っていうのが個人的な気持ち。まぁ当日にいなくなった成瀬が廃墟のラブホテルに1人で行くのもどうなのかと思いました。観終わると結局は中島健人のプロモーションビデオだったと思いました(笑)周りに座ってた女子高校生は号泣してたし、会場では途中途中で笑いが起きていましたが…笑えたり泣けるシーンあったか???

この作品の評価・・・・★★★★☆☆☆☆☆☆(満点は★10)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 疾風ロンド | トップ | アイ・イン・ザ・スカイ 世... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画評論カ行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL