股間の解放記

普通の社会人PEKOの、日々思うことをつづっていきます。

きみがくれた物語

2016年12月13日 18時03分09秒 | 映画評論カ行
製作年:2016年
製作国:アメリカ
日本公開:2016年8月13日
監督:ロス・カッツ
出演:ベンジャミン・ウォーカー,テリーサ・パーマー,マギー・グレイス
official site

ノースカロライナ州の海沿いにある小さな町で運命的な出会いを果たして結ばれた、トラヴィスとギャビーの夫婦。しかし、ギャビーが交通事故に遭って寝たきりになってしまう。事故から3か月が経っても目覚めない彼女のもとを定期的に訪れては、アメリカ南部の小さな町を舞台にしたラブストーリーを読み聞かせるトラヴィス。物語を通して自分たちの愛と絆の深さをギャビーに伝えようとしていたが、彼らには大きな試練が待ち構えていて…。
『きみに読む物語』などの原作者として知られるニコラス・スパークスの小説を実写化したラブストーリー。交通事故で昏睡状態となった女性と彼女を懸命に支える夫に降り掛かる試練、それによって強いられる過酷な選択を描く。メガホンを取るのは、製作者として『マリー・アントワネット』などを手掛けてきたロス・カッツ。出演は、『白鯨との闘い』などのベンジャミン・ウォーカー、『魔法使いの弟子』などのテリーサ・パーマー。運命に翻弄される中で、愛をより強いものにしていく主人公たちの姿に胸を打たれる。

事故で昏睡状態となった妻と、その妻を献身的に支える夫に降りかかる試練を描いた本作。言ってしまえば王道のラブストーリー。人を愛すること、人を信じることの素晴らしさが伝わってくる王道のお話。美男二女が湖畔の家で隣人同士で、幸せな時間に悲劇に襲われてって…出来過ぎてないか?犬たちのナイスな行動も出来すぎ君。トラヴィスは絶対にモテるだろうよ!恋をしたいなと思えるし、後悔しない生き方をしたいなとも思える。「人生は選択の連続だ。そのひとつひとつの選択が、自分と大切な人の未来に繋がっていく」まさにその通りだと思う。ラストは安定のオチ。んー、ホントに王道という感想しか出てこない(笑)原作者のニコラス・スパークスも、この手の内容ばかりだね。

この作品の評価・・・・★★★★★☆☆☆☆☆(満点は★10)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 海賊とよばれた男 | トップ | 植物図鑑 運命の恋、ひろい... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画評論カ行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL