股間の解放記

普通の社会人PEKOの、日々思うことをつづっていきます。

ワイルド・スピード ICE BREAK

2017年04月28日 21時38分53秒 | 映画評論ヤラワ行
製作年:2017年
製作国:アメリカ
日本公開:2017年4月28日
監督: F・ゲイリー・グレイ
出演:ヴィン・ディーゼル,ドウェイン・ジョンソン,ジェイソン・ステイサム,ミシェル・ロドリゲス
official site

誰よりも仲間を愛し大切にしてきたドミニクの裏切りにより、彼らの結束は崩れようとしていた。だが、彼の行動には謎のサイバーテロリストが関与していることがわかる。レティやローマンらはドミニクを取り戻すため、最大の敵デッカート・ショウと手を組むが…。
世界的なヒットを記録したカーアクション『ワイルド・スピード』シリーズの第8弾。ヴィン・ディーゼルふんする主人公ドミニクの裏切りによって、強固な絆で結ばれていたファミリーが崩壊の危機にひんするさまを描く。ドウェイン・ジョンソン、ミシェル・ロドリゲスといった続投組のほか、オスカー女優のシャーリーズ・セロンとヘレン・ミレン、クリント・イーストウッドの息子スコット・イーストウッドら豪華キャストが新たに参戦。意表を突く波乱の展開に加え、巨大潜水艦まで登場する氷上カーチェイスにも注目。

このシリーズもシリーズ8作目になりました。このシリーズは全て観てきていますし好きな映画です。5作目の「ワイルド・スピード MEGA MAX」は年間ランキング13位、7作目の「ワイルド・スピード SKY MISSION」は年間ランキング11位を付けたので今回は初の年間ベスト10入りに期待していました。
今回も主役級のキャストが勢揃い。ポール・ウォーカーが事故で亡くなりシリーズ存続も危ぶまれていましたが、こうして続いてくれるのは嬉しいです。シリーズを重ねるごとにアクションが派手になっていますが、今回も凄いことになっています(笑)車が上から落ちてくるわ、潜水艦が出てくるわ、ミサイルが飛ぶわで、もう凄過ぎる!派手はシリーズ最高なのかもしれません!しかし明らかにCGと思うシーンも幾つか…。街中を車がゾロゾロ集まるシーンはCG丸わかりでちょっと残念でした。分かりやすいストーリー展開は観やすい一方で、他のアクション映画との違う捻った展開を見せつけて欲しかったかなと思います。まぁワイルド・スピードらしさは今回も健在でしたけどね。前作で敵役だったジェイソン・ステイサムが今回は味方になったためか、なんだかチームのハゲ率が高くなったような気がしました(笑)やっぱり色んな意味でポール・ウォーカーの存在は偉大だったなと思いました。
このまま続くと次くらいには宇宙行っちゃうんじゃないの?もはやカークションじゃなくなってる(笑)

この作品の評価・・・・★★★★★★★☆☆☆(満点は★10)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | グッドモーニングショー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画評論ヤラワ行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL