股間の解放記

普通の社会人PEKOの、日々思うことをつづっていきます。

バイオハザード:ザ・ファイナル

2016年12月24日 00時36分15秒 | 映画評論ハ行
製作年:2016年
製作国:アメリカ
日本公開:2016年12月23日
監督:ポール・W・S・アンダーソン
出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ,イアン・グレン,アリ・ラーター,ショーン・ロバーツ
official site

アリスは、レッドクイーンから48時間後に人類が滅びると告げられる。そして、宿敵アンブレラ社が放った膨大な数のアンデッドが地上を占領。アリスはラクーンシティに戻って、生還したクレアやコバルトらと合流し、アンブレラ社の心臓部であるハイブを潰そうとするが…。
ミラ・ジョヴォヴィッチがヒロイン・アリスにふんし、激しいサバイバルを繰り広げる超大作アクションシリーズの第6作にして最終章。人類最後の生存者となったアリスと、宿敵アンブレラ社が仕掛けるアンデッドとの最後のバトルを活写する。メガホンを取るのは、シリーズ全作に携ってきたポール・W・S・アンダーソン。 アリ・ラーターや、日本でモデルやタレントとして活躍中のローラが共演。ミラの見応えたっぷりのアクションはもちろん、壮大なバトルに期待。

人気シリーズの6作目にして最終章。シリーズの途中では中だるみもあったりしたけど、それでも完結してくれた事は素直にお疲れ様と言いたい。伏線もまぁ回収されたかと思います。終わり方としては納得。楽しめたが画面が暗くて見えづらかったので、そこは減点かな。今までの出来事の復習や、世界の状況、そして抗ウイルス剤の存在など、説明部分が多かったので観やすかった。でも逆を言えば最終章だけど続編感が無かったような。というか前作まで登場していたキャラクターはどうなったのかが描かれていないのが消化不良。クレアは登場したが、クリスやジルはどうなったの?敵のウェスカーはもっと強いのかと思っていたけど、意外とあっさり死んだな…。逆にアイザックはこんなに強かったかな?ラストでアリスが生き残った時にレッドクイーンが「あなたを試したの」と言ってたけど試す必要あった?酷くねぇか?今回は日本からローラが出演してたけど、これまたあっさり死んだな。中島美嘉くらい出演時間長ければ良かったのにね。

この作品の評価・・・・★★★★★☆☆☆☆☆(満点は★10)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メカニック:ワールドミッション | トップ | ペット »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画評論ハ行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL