Pegasusふるさと佐渡関連ニュース

佐渡関連のニュース等を主とし、気ままに発信したい。

今日の敬老の日は特別。

2016-09-19 19:10:29 | Weblog
 今日は、敬老の日。 
 小生、先日77歳の誕生日を迎えた。
 先日、新宿区から、喜寿「ことぶき祝い金」を頂いた。

 誕生日の数日前には、子供、孫たちが山手通りにある「木曽路店」で喜寿の祝いの会を開いてくれた。
 

山手通りにあるレストラン「木曽路」。

 紫の帽子、紫のちゃんちゃんこを着て、みんなと一緒に記念写真。
 幸せを感ずると同時に「いい年になった」と複雑なものを感じた。隣に座った孫たちを見ていると「おれもこんな時があったな~」とむかしむかしを思い出す。
 古宮と言われたお堂で幼稚園、小学1~2年次の教室のあった場所及び同じ教室で遊んだ友達の顔。当時の様子がほんとに浮かんできた。
子供たちからお祝いの品をいただく。妻からも…。
 幸せの一時だった。
 
 9月16日は、孫が通っている幼稚園で催された「敬老子ども会」。孫は年長組なので、最後と思って参加。おじいちゃん、おばあちゃんばかりが出席。私は出席者の中でも年長。
 壇上で孫が、一生懸命に自分たちを探しているのがよく伝わってくる。会場の中ほどにいるので見つけられないよう…。自分から小さく手を振ったら、見つけて“にこっ”として手をふって応じてくれた。
 見つけてくれた!! 隣の家内も「見つけてくれたね」と喜びを表す。 幸せを感じた一瞬だった。
孫がつくった写真額のプレゼントをクラスごとに前に出て手渡される。当家は、嫁のおじいちゃん、おばあちゃんも出席。
 終りは、孫と本堂の前広場でしばらく一緒に遊ぶ。

 今(今日午後7時30分~)、NHKテレビが
私たちのこれから「♯健康格差 あなたに忍び寄る危機」を論じている。
 所得の格差による健康格差、健康は、個人の管理か?社会責任か? ある町が健康格差を取り上げ、効果を上げていること 等を論じている。
 健康格差、命の格差は、自分でも縮められる。努力、努力。

 まあこれからどれだけ生きられるかわからないが、喜寿の年に至って特別思うことが多い。これも歳をとったせいだろうか。
 
 のんびり行こう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イベント情報 | トップ | 佐渡を世界遺産にする首都圏... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL