Pegasusふるさと佐渡関連ニュース

佐渡関連のニュース等を主とし、気ままに発信したい。

金の道ウォークに参加。第1区間【大宮駅前~蕨まで】

2017-04-23 09:12:27 | Weblog
 4月22日(土曜日)午前10時、JR大宮駅東口に集合。
 曇り空であったが風がないのでウォークには絶好の日和。
 参加人員は、当初の申し込み48名からさらに増え、ちょうど50名とのこと。一人の欠席者もなかったようだ。
その模様を紹介します。

 徒歩10分ほどにある“市民会館おおみや”で古式の代官並びに人夫衣装に衣替え、事務局長があらかじめ賃借したワンボックスカーに着がえをのせ、再び大宮駅前に戻り出発式を行う。
 代官役2名、金荷を背負う人夫約20名、その他は、首都圏の会のグリーンのジャンパーを着込んだ人や普段着の方は「佐渡を世界遺産に!」のタスキを肩に掛け参列。


衣替えをして金の荷を背負い、大宮駅に戻る人夫姿の皆さん。

 佐渡市から世界遺産推進課正治係長、佐渡を世界遺産にする新潟の会から佐々木副会長らがウォークに参加。今朝新潟から駆けつけたとのこと。ありがとうございました。
 新聞記者も見えており、インタービュを受けている。


まず、駅前で今日の参加者らによる記念写真。


 11時30分からJR大宮駅東口前で開催セレモニー。駅に向かう人も興味深そうにチラチラと観て通る。
 参加者は佐渡を知ってもらいたいと、行き来する人に首都圏の会が作成した「世界へはばたけ! 佐渡金銀山」パンフレットを配布する。


坂田会長の挨拶。


佐渡市三浦市長のメッセージを代読する正治世界遺産推進課係長。

さいたま市清水市長のメッセージが事務局から読み上げられた。


メッセージに聞き入る参加者。

事務局から道路の通行体制等の説明があり、道中の無事を祈りシュプレヒコール。


参加者全員で、“ウォークを成功させよう”のシュプレヒコール。


 12時前に大宮駅前から歩き出す。曇り空で歩きやすい。国道164号線を蕨方面に向かう。車道に見えるように大きな横断幕を3人で持ちながら歩く。

 すれ違いの人から「どこから歩いてきたの? 頑張って!」の声がかかる。

 歩道の広い場所で、記者の要望で、横断幕を先頭に歩いているところをパチリ。


 歩道いっぱいになっている写真ですが、通常は、整理員が列の乱れに気を配っていたので、通行人や自転車の人から、逆に「すみません」の声がかかるほどスムーズで問題なかったように思う。


大宮から大宮新都心方面に歩く参加者(石塚事務局長提供)

 大宮新都心駅近くでは、元首都圏佐渡連合会副会長(元相川会会長)の島田ご夫妻が応援に駆けつけていた。
 今日のウォークには、 島田さんも参加したい気持ちいっぱいだったようだが、体調不良のため、子息さんが参加していた。とてもありがたい。

 島田さんにお礼を申して記念写真。


左から3,5人目が島田さんご夫妻。

 休みなく出発。歩道ですれ違う人たちあるいはお店の方から声援が飛ぶ。すれ違う車からも窓を開けて「頑張って!!」の声。こちらも手を振って返礼する。

 佐渡市から参加した正治係長が今日中に佐渡に帰りたいとのことでこの付近で別れる。

 しばらく歩いていると、大変すばらしいことがあった。
 歩道を歩いていた人からなんと “1000円の寄付” 名前も名乗らずただ「頑張って!!」と申して差し出したとか。  
ありがとうございました。
 400年前から毎年佐渡金山から江戸迄北国街道~中山道を通り金荷を中山道を馬150頭携えて、1000mにも及ぶような、行列で運搬していた記録が残されているが、当時も沿道の方からこのような差し入れがあったのかな? と昔に想いを馳せた。

 埼玉県民皆さんからもらった気持ち。感謝感激。 参加者の足取りも軽くなる。
 東北本線に沿って歩く。

 北浦和駅前から国道65号線に入る。浦和橋で東北本線をまたぎ南下。


車道幅が狭くなっているので注意しながら皆歩いている。

しばらく行き、国道463線に入る。さらに213号線に入り300メートルほど行くと調神社(つきじんじや)。


調神社の入口。
 調神社(つきじんじゃ) は、 別称「調宮(つきのみや)」。社名の「ツキ」により月待信仰が古くからあり、狛犬ではなく狛ウサギがある神社として知られているとのこと。

 到着13時20分ごろ。
 大宮駅出発の時昼食をとれなかったので、参加者の皆さんここで昼食。持参したおにぎりがとてもおいしい。
 ぽつりぽつりと雨がぱらついてきた。ビニールのカッパが皆に配られた。

 休憩時間約25分。再び蕨に向かって歩き出す。
 車道で信号待ちの車に乗っている人は、皆、珍しそうにこちらを見ている。大きな横断幕や幟旗が効果あり。
 やや細い車道は、歩道がない。約50メートルの一列縦隊で歩く。整理員が気を配っている。
 小生、内ももが痛くなってくる。運動不足を痛感。疲れも出てくる。
 整理員に「次の休憩場所まではまだか?」「もうすぐだ」と返ってくるが、一向に着かない。

 だんだんカメラを構える回数が少なくなる。

 やっと中山道(国道17号線)に出る。歩くことしばらく。錦町3丁目交差点を左折して旧道に入る。


商店の経営者にパンフレットを手渡すウォーク者。(石塚事務局長提供) 

 中山道ふれあい広場に着く。皆さん、疲れているようで石に腰を下ろしている が休みがない。


横断幕を持って歩いた人たちの記念写真。

 中山道蕨宿本陣跡で最後の記念写真を撮る。


皆さん、無事に終え、満足した顔。雨はポツリポツリ程度で、「降らなかった」と言ってもよいほど。

 「もうすぐ、着替え場所だから頑張って」の声が聞こえる。黙々と歩く。

 左折して100メートルほど行くと蕨自治会館。
 
 ああ、着いた。
 各自、レンターカーに積んでいた荷物を引き取り、2階に上がって着替え。16時前。
  着替え後玄関で今日の参加者等詳細な報告。

 お友達を誘っての参加が多かった。
 また、世話人から、道中で「寄付」をくださった人がいた旨の報告もされ、拍手でお礼の意を表した。
 
 今日のウォークでの歩数は自宅からですが、23000有余。事故もなく完遂。
 
 その後有志約20名は、蕨駅近くの庄やで、打ち上げ会を催した。小生は、飲めないのと疲れから一時も早く家に帰り休みたかったので、同期のYさんと直接駅に向かった。
 自宅に帰って歩数をみたら、Door to Door で28000有余だった。
 無事よく歩いたものだ。

 沿道の皆さん並びに着替えのため市民会館おおみや、蕨自治会館の一室をお貸しくださった関係者の皆さん、ご協力と応援、ありがとうございました。
 世話役の皆さん、本当にご苦労様でした。
 至れりで楽しい壱日をありがとうございました。また、佐渡金銀山国内推薦の熱意を沿道の皆さんに知ってもらえたと思っています。
 次回並びに3回目のウォークを成功させましょう。


 
 


 
 



 


 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明日は金の道ウォーク

2017-04-21 08:43:31 | Weblog
 明日は、佐渡を世界遺産にする首都圏の会主催の金の道ウォーク第1日目。
  
 新潟県並びに佐渡市は、佐渡金銀山の世界遺産登録国内推薦を受けるため、この3月末に文化庁に推薦書を提出しました。
 今回の提出は三回目。今年こそは と期待し、佐渡の金銀山を後世に残したい、佐渡の素晴らしさを知ってもらいたいの想いで、金の道ウォークを計画したものです。
 計画では、JR大宮駅前から日本橋までを3区間に分け、代官衣装を身に着けた人、人夫の衣装をした人ら総勢50名弱による約10㎞のウォークです。
 なお、同首都圏の会は、金の道ウォークを次のように計画しています。
  〇 第2回目 5月13日  JR蕨駅前~中山道板橋区役所前まで。 約10㎞。
  〇 第3回目 6月10日  板橋区役所前~日本橋までの約10㎞。
いずれも正午12時出発。



昨年、荒川まつりに参加したのち、上野公園までウォークしたときの写真です。

 皆さんの応援を期待しています。 

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

首都圏新穂会総会が開かれた。

2017-04-16 20:04:25 | Weblog
 4月16日(日曜日)正午から、JR四ツ谷駅近くのスクワール麹町「錦華の間」に於いて、第10回首都圏新穂会総会・懇親会が開かれた。
 出席者数は、来賓19名、会員約70名 総計約90名のまとまりある総会、懇親会であった。
 小生が各郷土会の総会に出席することは通常もうないのですが、新穂会が創立10回目の総会・懇親会という一つの区切りを迎えたことで、新穂会発足にあたって世話になった人に感謝状をあげたい ということで、その一人として招待を受けたものである。
 総会・懇親会の模様について簡単に報告します。

 T事務局長は、定刻となったので開会を宣言。須田会長に挨拶をお願い。
 須田会長が挨拶に立つ。
 

須田会長の挨拶。

 須田会長は、新穂会は、第10回目の節目を迎えたこと等を述べ簡単にあいさつ。


会場状景。

 T事務局長は、会員の減少が見られたので高校の名簿からピックアップして550名の方に連絡を取った旨を報告。その他活動状況を簡単に報告し会計報告に移った。
 会計報告は、やや詳しく話され、緊縮して運営している、今後も節約を基本としますので皆さんの協力をお願いしたいとのことであった。
 会計監査報告がK担当から簡単に報告。
 続いて、人事の報告が事務局から報告された。
 T事務局長からすべてについての承認を求め、出席者は、拍手でこれを承認した。
 続いて、第10回目の節目にあたることから、発足時、お世話になった方3名(摩尼さん、川村さん、逸見)に対して、須田新穂会会長から一人一人に感謝状と記念品が贈られた。
 

感謝状を読み上げる須田会長。

 小生がもらった記念品です(3人ともそれぞれ別のもの)。大変立派なものです。


今回新穂会の副会長になられた尾田琇仙(政雄)先生の作品とのこと。
 作品の説明には次のように書かれている。
 「瑞雲=めでたい雲が次々と湧き上がってくるように、いつまでも幸せで、健康長寿であることを願って作成したもので、カツラの板材に篆書体で書いた文字の周りをノミで彫り(陽刻)、その文字に漆をかけ、その上に純金箔を貼った刻字作品です」
 大変立派なものをいただき、感謝感激です。

 総会の部は滞りなく終了。引き続いて、懇親会の部に入った。
 須田会長の簡単な挨拶ののち、来賓の紹介に移った。
 事務局長が一人一人の紹介をする。
 来賓を代表して坂田首都圏佐渡連合会会長があいさつに立つ。


坂田会長の挨拶。

 会長は、先週佐渡の八十八か所の霊場巡りに行って来、その時廻った新穂地区にある霊場について話され、また、連合会の今行なわれようとしている金の道ウォーク(22日から3回)、世界遺産の講演会(5/27)への参加協力を呼びかけた。

 続いて、佐渡市から参加した磯部佐渡市財政課長が三浦市長の祝辞を代読した。


 三浦市長は、佐渡再生のチャレンジ元年であることをのべ、それぞれについて詳細に説明、。また、4月に決まった特定有人国境離島特別措置法の利用で、佐渡汽船の運賃値下げにより、全国に佐渡産品の売り込みをしたいこと等を述べ、協力を呼び掛けた。

 続いて、川村東京新潟県人会館理事長から、首都圏新穂会に10回目のお祝いとして東京新潟県人会から感謝状を贈呈した。


感謝状を受ける須田新穂会会長。

 川村理事長は、新潟県人会館の建て替えについて協力を呼び掛けた。

続いて、摩尼連合会相談役が挨拶と乾杯の音頭。


摩尼相談役の挨拶。

 平成19年に2月に連合会会長に就任した当時のことを述べ、連合会に参加していなかった新穂会及び○○会に参加を呼び掛けた旨を述べた。

 合わせて、出席者全員が起立して「乾杯」。

 続いて佐渡市から参加した深野世界遺産推進課課長が挨拶。


 深野課長は、世界遺産登録の推進にあたっての機運醸成への協力を呼び掛けた。

 しばらく歓談。

その間、壇上では、若波会が佐渡おけさ、相川音頭等の演舞。



 会員の皆さんが会場いっぱい輪になって、新穂音頭を踊る。


もうすぐ14時30分。時間の過ぎるのは早く、もう、閉会に近づく。

新副会長の先ほど申した尾田琇仙(正雄)先生が閉会の挨拶。


尾田政雄副会長の閉会挨拶。
 故郷新穂と新穂会との交流をしたいと述べ、三本締めで閉めた。

 最後に新穂センター長の計良新穂行政センター長は、ふるさと新穂まで届くようにと、大きな声で万歳三唱。




 万歳三唱のあと、出席者の皆さんは「また会おうね」との声を掛け合い、それぞれ席を後にした。  
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

約1か月ぶりに逗子へ

2017-04-13 19:23:45 | Weblog
 3月中旬から下旬には、十数年に及んだ懸案の土地案件(相続問題の手助け)を処理、3月末から4月初めの決算処理業務、4月に入って昨日の同期会まで会合等が続き、ゆっくりすることができなかった。
 その間、逗子海岸からダイヤモンド富士が4月6~7日に観られるとの情報をくれた方がいたが、出かけることができず残念。
 今日からやっと2~3日余裕が取れることとなったので、夕陽を見に出かけた。

 逗子の夕陽はやはりきれい。ご紹介します。


靄がかかって富士をはっきりとらえられない。江の島の上に。


夕日を眺める逗子海岸の人たち。


ダイヤモンド富士がみられた日から1週間が経った今日は、もう、富士山のすそ野に沈む形であった。地球の動きの速さにあらためて感心する。


太陽は富士の裾野に沈んだ。


いつものことであるが、ワンちゃんがあいさつに見える。お互い吠えずすぐに仲良くなる。

 日曜日には、首都圏新穂会の総会がJR四ツ谷駅近くの会場で開かれるので、近々新宿に戻らなければ。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

首都圏在住の中学同期の集まりが・・・。

2017-04-12 20:25:38 | Weblog
 4月12日正午から、新宿駅近くの「やるき茶屋」で中学同期の会「真友会」が開催された。
 会場は、はじめ8階の日本海庄やとなっていたが、改装作業が遅れ、急きょ地下3階にある「やるき茶屋」となった。
 会場確保を㈱大庄のKさんを通していたので申し訳ないと思ったのでしょう、Kさんが先に来ていて、私共を迎えてくれた。少人数であったが気使いをしてくれ、ありがたく思った。
 今日の出席者は、男性9名、女性4名の13名。昨年よりやや少なかったが、皆元気。
 世話役のH君がまず「喜寿を無事迎えた皆さん、元気に集まってくれたことに感謝」の挨拶。
 続いて、H君から、“ふるさとの現状に詳しい”とのことで指名された小生が ①真野中学生リコーダー部が全国大会に出場したこと、②佐渡市の組織変更と新しい取り組み ③佐渡金銀山の世界遺産登録への取り組みと金の道ウォークへのお誘い 等を話した。
 また、別に指名されたK君から、新潟在住の同期が近々首都圏で「ちぎり絵」の作品展が開催される旨の説明があり、時間のある方は・・・と紹介があった。
 テーブルにはもうビールがコップに注がれている。
M君が「それでは・・・」 乾杯。
 しばらく歓談。


出席者の皆さん、明るい話題で笑いを誘そい、話が弾む。

 世話役のH君が、「近況を話してもらいたい」の要望で、奥の人から近況報告が始まる。 
 やはり、この歳になると、大手術の経験、足腰の衰え等の話しが多い。
 でも、今なお会社に努めているとの猛者がいた。(写真の中心にいるワイシャツ・ネクタイ姿の人)。今日も会社を抜けだして来たとのこと。新製品の開発に携わっているとか、若々しい。
 
 この歳になると、やはり“会の存続について”の話が出る。いろんな案の発言があったが、
 「傘寿までは今のまま続ける。それ以降は、開かれた会で次年度のことを・・・とその都度相談していこう」という結論となった。 
 「皆が元気でいることが存続の条件」との声も飛ぶ。
 鍋料理、うどんを戴き、おなかいっぱい。
 最後に甘いデザート。

 2年ほど前まで世話役をしていたK君が、再会を期して一本締め。「元気でまた会おう」の声。

 明るい楽しい集まりが・・・。午後3時20分無事終了、散会した。

 世話役の皆さん、ありがとう。


 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さくらを観に出かけた。

2017-04-08 20:48:39 | Weblog
 8日夕方4時前、家内が「桜を見る機会が今年最後になるだろうから、私が犬の散歩に行く・・・」と。「もう4時を過ぎているから遅い。曇ってもいるから行っておいで」と見送り、家でのんびり。
 しばらくしたら、「神田川の桜がとてもきれいだから、来ない?」と携帯が鳴る。
 「よし、行く」とPM4時40分ごろ、カメラをひっ張り出して出発。下落合の神田川際で合流。
 もうPM5時直前だが、まだ何とか観られた。
 「青空でもっと早い時間であればもっときれいだっただろうなぁ」と言いながら、カメラを向けた。


川沿いの風景は素晴らしい。

満開。

「今日が本当に満開だね」と話が弾む。
川沿いの小道は人がいっぱい。上を見ながら歩いているから、下を歩いているレオちゃんはつまらなそう。
「抱っこするか?」というのが遅いぐらいに飛び上がってくる。以降、しばらく腕に抱っこしたままで歩く。
 自宅に向かいながら、「20年以上新井薬師の桜を見ていないし、あそこは提灯がついているからこれから行ってみようか」となる。
 「ここから歩くのは大変だし、犬を連れては大変」だからと。
 レオちゃんを自宅に置いて、ひと駅を電車に乗ることとなる。
 新井薬師前駅を降り、中野通りに向かう。
 もう提灯がついている。きれい。


中野通りのさくら。
 中野通りをしばらく歩くと新井薬師寺の裏手につく。
 たいへんにぎやかな音がする。
 中野通り商店会の桜まつりが開催されており、夜店が出て大変な人人。
 夜店の間を抜けてまず薬師寺の正面に出る。


新井薬師寺の正面。


本堂。


桜の花がとても小さいが、きれいに咲いている。何という種類なのかしら?

 本堂にお参りしたのち、裏手の薬師公園内の桜まつり会場に。




桜が提灯の明るさでとてもきれい。


夜店がこんなにたくさん出ているのを久しぶりに見る。人人・・。


舞台では商店会の有志が自慢の踊りを披露していた。

 夜の新井薬師寺を訪れたのは30年以上ぶりかしら?
 桜まつりが第31回となっており、初めてだから間違いないだろう。
 公園内には、シートをびっしり引きつめられ、それぞれ輪になって酒盛りの最中。
 「日本はいいね」と家内に向かってつぶやく。
 来た道をもどり、新井薬師前駅へ。
 
 












 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

佐渡市の人口 57000人を割る。

2017-04-06 07:59:38 | Weblog
 佐渡市のホームページによると、佐渡市の人口が57000人を割り込みました。また、世帯数も24000世帯を割り込んでいます。
     
  
  佐渡市の人口(2017年4月1日現在)
     
      男性   27,306人
      女性   29,546人
      合計   56,852人

     世帯数   23,965世帯

 4月の発表数字は、その他の月と比較して例年落ち込みが激しい。若い人が卒業して島外に移動することからでしょう。
 また、毎年、約900~1,000人の減少傾向は止まらない。
 このまま進むと、今後8年前後で人口は50,000人を割り込むのでしょうか。
 人口減は、全国でほぼ同じ傾向であるが、地域の努力で、若い人の移住がみられるようだ(2日ほど前のテレビ)。
 皆さん、知恵を出して、UIターンに協力しましょう。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「金を中心とする佐渡鉱山の遺産群」 推薦書原案を文化庁へ提出。

2017-03-30 23:06:30 | Weblog
 新潟日報デジタル版によれば、「金を中心とする佐渡鉱山の遺産群」(佐渡市)について、県と佐渡市は30日、推薦書原案を文化庁へ提出した と報じている。

http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20170330315791.html

 「金を中心とする佐渡鉱山の遺産群」についての世界遺産登録の国内推薦を受けるべく推薦書の提出は、今回で連続3回目となる。
 今回提出した「改訂版」では、他の鉱山遺跡との比較研究について詳細に記述。他にも語句の修正や文章を構成し直すなどして内容を充実させた としている。
 今年7月には、文化審議会で国内推薦が決められる。
 今年こそは、“国内推薦を得られます”ことを私ども佐渡出身者の皆が念じている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

全日本リコーダーコンテスト出場の母校中学を応援。成績結果追加。

2017-03-26 14:43:03 | Weblog
 今日は、首記コンテスト会場に母校中学生徒の応援に駆けた。
 真野中学生徒の約1時間前に出場する佐渡市立両津中学生徒を応援しようと、JR新小岩駅からタクシーを飛ばして同生徒出場の約10分前に会場に到着。早速チケットを購入して小ホールに入場。
 午前中小ホールで行われるのは二重奏から四重奏。両津中学出場は二重奏。
午前11時12分から演奏開始。 (カメラの条件設定が間違ったままにしていたため、両津中学の写真はみんなピンボケです。真野中学の時気づき、修正しました)

両津中学生徒が演奏するのは、ルイエ作曲 ソナタ イ長調より1、2、4。

前に演奏した2中学生と比して劣らず、素晴らしい。


演奏が終わって会場脇のホールに出てきた生徒と山本先生。
 山本先生は、昨年3月まで真野中学に赴任し、音楽を教えていた。リコーダーを引率して毎年本コンテストに出場しているので懐かしく、「あら、まあ~」、「おめでとうございます」の挨拶。

 山本先生が、「そこにいるのが真野中学よ」と教えてくれた。真野中学は、ちょうど集合時間でリハーサルに入る前だった。引率の石川先生、村上先生にあいさつ。真野中学生徒は四重奏。
 生徒さんに「がんばってね」と見送る。

 12時12分、演奏開始。演奏の始まる前には、K真野人会会長他1名が中央前席に着席するのが見えた。


演奏は、リスナー作曲 バラのかわゆう 1、2、4。?? はっきりと聞き取れず。

 四重奏ともなるとリコーダーの良さが伝わってくる。真野中学生の演奏も素晴らしかったが、その前に演奏した北海道の生徒さん、沖縄の生徒さんの演奏が、心に気持ちよく伝わり響きが良かったなと思った。
 夕方には成績発表がなされるようですが、金賞間違いなし ですよ。

演奏が終わるとまもなくホールに出てきた。
 ホールで記念写真が撮られている。


四重奏の生徒さん。「お疲れさま」の声が飛ぶ。


引率の石川先生、村上先生が入っての記念写真。

 K真野人会会長から石川先生らに「皆さんで食べてください」旨を述べ、お土産を渡す。

 真野中学の生徒さん、また来年お会いしましょう。

 午後3時過ぎから、大ホールで佐渡市立両津中学、同市立南佐渡中学の合奏が始まりますが、間が空きずぎているので、先の両津中学の山本先生には、「合奏を頑張ってください。午後の演奏が遅いので、私どもは、小ホールの演奏だけを応援し失礼します」と告げてあった。

 今夕の成績発表が楽しみです。

3月29日朝、全出場校の成績が発表されました。

<成績発表>

109佐渡市立両津中学校 中学生 二重奏   
116佐渡市立真野中学校 中学生 四重奏   

28佐渡市立両津中学校 中学生 合奏    
39佐渡市立南佐渡中学校 中学生 合奏  

 真野中学生の四重奏が銀賞を獲得しました。おめでとうございます。先に石川先生からコメントされました。ありがとうございました。
 両津中学、南佐渡中学生徒さんの二重奏並びに合奏は、残念ながら銅賞でした。来年に向かって頑張りましょう。
 余談ですが、先に真野中学の四重奏演奏の前に行われた北海道や沖縄の生徒さんの演奏が心に気持ちよく伝わった 旨の感想を述べました。それらの成績は、下記のように素晴らしい結果でした。

110沖縄 粟国中学校 中学生 三重奏 銀
111北海道 札幌市立西野中学校 中学生 三重奏 金
112沖縄 読谷村立古堅中学校 中学生 四重奏 銀
113北海道 札幌市立西野中学校 中学生 四重奏 金(花村)

何と今回大ホール、小ホール合わせて全国で5校しか獲得していない「花村賞」に北海道の四重奏が入っているではないか。 おめでとう。
  “私の耳も満更でもないな” と自己満足した次第です。





 





 
 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

全日本リコーダーコンテストが来る26日に開催され、佐渡中学生徒も挑戦。

2017-03-22 12:18:42 | Weblog
 来る3月26日(日曜日)、江戸川区総合文化センター(JR総武線・新小岩駅 歩約15分)に於いて全日本リコーダーコンテストが開催されます。 全国から選出された精鋭たちのコンテスト。 
 新潟に於いては、昨年11月末開催された地区予選会を金賞受賞、全国大会の出場権を勝ち取った団体。
 佐渡市内から出場する団体及びそれらの出場時刻は、下記のとおりです。

     第38回全日本リコーダーコンテスト 大ホール

      地区     団体名       人数     部門       本番開始時刻

28    新潟   佐渡市立両津中  10    中学生 合奏    15:11

39    新潟 佐渡市立南佐渡中 16 中学生 合奏 16:53



       全日本リコーダーコンテスト 小ホール

 地区      団体名         部門       本番開始時刻

109  新潟   佐渡市立両津中    中学生 二重奏     11:12

116   新潟   佐渡市立真野中   中学生 四重奏 12:12


お時間の許される方は、会場に足を運び、ぜひ後輩たちの活躍に声援を送ってください。

 前回の会場情景。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

佐渡市 4月1日から市役所の組織変更

2017-03-21 15:42:09 | Weblog
 佐渡市は、本庁の組織体制を課制から部制に移行、現在の18課11室から5部19課8室へ再編するとのことです。

 なぜ部制にするのかについては、次のように記されています。
 「重点施策の実行にあたって、従来の組織体制を5つのグループにまとめる組織再編を行い、グループ間の連携やグループ内での情報共有の強化を図るとともに、重要テーマや懸案事項に対し、スピード感を持ち柔軟に対応できる組織体制を整えることを目的としています」


 新たに設置する5部は、
 〇 総務部  人事、税、防災部門

 〇 企画財政部  企画、財政部門

 〇 市民福祉部  市民生活、福祉、環境部門

 〇 産業観光部  産業、観光、地域振興部門

 〇 建設部  建設、上下水道部門

詳細は、市報佐渡3月号をご参照ください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第四銀行と北越銀行が経営統合を目指すとの記事。

2017-03-16 19:26:02 | Weblog
 16日、NHK午後7時のニュースでも報道されましたが、日本経済新聞デジタルは、新潟に本店がある第四銀行と北越銀行が2018年春にも持ち株会社を新設し、将来は合併を目指す と報じている。
 NHKニュースでは、新潟県内で両社の合計貸出残高の割合が50%を超えることから、合併には困難も予想される と報じていました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

貸室の改築が始まる。

2017-03-15 16:38:45 | Weblog
 去る13日から我が家の階下の貸室改築工事が始まった。
 若い人の最近の傾向として、“お風呂とトイレが一緒”というユニットバスのスタイルは嫌われるとのことですので、2月初旬に空いた部屋の改築をすることとなった。
 



取り壊し前の状態。

 3月~4月にかけて移動が多くなるので、3月末までに完成を目指している。

1日目、2人の大工さんが見えて、取り壊しを始めた。


1日目終了状態。


2日目お昼頃の状態。


3日目(15日)お昼頃の状態。

 風呂とトイレを別々にするため、約6.5帖あったキッチンは狭くなってしまうが、計画では今までユニットバスと壁との空間をトイレに利用するため、考えていたよりも広く感じられる。但し、手作りの下駄箱があったのがなくなった。既成の下駄箱を玄関に設置する予定。

 17日には、新しいバスタブが入る。楽しみです。

 17日バスユニットが入り、早速設置されました。朝9時ごろ運んできて、夕方にはここまで進んでいました。

お昼頃覗いたらバスタブと洗い場の床まででした。

午後7時ごろ伺ったらもうバスユニットはほとんど完成。

流しもほとんど設置が終了していました。

 工事が手早いのにびっくりしています。開始してまだ正味4日目(16日は他に用事があるとのことで一人も来ていない)です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キリンビール新潟支社 世界遺産登録支援デザインの缶ビール 6月6日から県内で売り出す。

2017-03-13 10:25:44 | Weblog
 朝日新聞新潟版によれば、キリンビール新潟支社は、佐渡金銀山の世界遺産登録運動支援のため、350ミリリットル缶ビール「一番搾り」に、金銀山を背景にトキが飛び、小判と佐渡おけさを演じるデザインを模したものを6月6日から新潟県内で売り出すと発表した とのこと。
 キリンビールは、24缶入りを6000箱売り出し、一缶につき1円を佐渡市に寄付するとのことです。
 デザイン缶は、いつも1か月ぐらいで売り切れるとのこと。 
 佐渡ファン及びキリンビールファンはお早めに・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

湘南海岸ドライブと時宗総本山遊行寺へ

2017-03-11 22:05:02 | Weblog
 11日、空が青くすっきりしていたので、正午ごろ逗子を出発して湘南海岸までドライブ。そして藤沢市に存する時宗総本山遊行寺を訪れた。
 江の島の入り口を過ぎてしばらく行くと、きれいな松林を見つけた。県立湘南海岸公園駐車場に車を入れ、海岸に出た。
 「わぁ~きれいな海岸だ~」と感嘆。






よく整備されていて、とてもきれい。やや風があり寒く感じたが、観光客やサーファーが多い。
 ワンワンも多く、レオちゃんがとても喜んで綱をぐいぐい引いて走る。

 約1時間ゆっくりしたのち、藤沢市に存する時宗総本山遊行寺に向かった。
 境内の駐車場に車を止め、ゆっくりと総本山の入口まで降りる。


遊行寺の入口。


本殿と境内の大銀杏。


本殿手前右にある宗祖・一遍上人像。


本殿左手に存する重要文化財 中雀門。1859年築で、大棟に皇室とのつながりを示す菊の御紋、屋根の下には徳川家の家紋である葵が刻まれている。

 「生類憐みの令」に際し、金魚、銀魚の放流命令があったと言われる放生池をまわる。

 境内をまわるととても落ち着く。
 前回訪れたのは約10年前、正月だったように思う。境内の古物出店で買った直径48cmほどの大鉢、家内が値段交渉したのを思い出して二人で笑う。

 土曜日のため渋滞がひどく、逗子に着いたのが午後5時過ぎ。
 しばらくぶりのドライブだった。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加