gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

時効撤廃で最終調整=法制審、月内にも答申へ(時事通信)

2010-02-09 17:40:00 | 日記
 凶悪犯罪の公訴時効制度の見直しを検討している法制審議会(法相の諮問機関)の専門部会は8日午後、殺人罪の時効撤廃などを柱とする答申案について最終調整に入った。同部会で決着すれば、法制審は月内にも千葉景子法相に答申。これを受けて、政府は刑事訴訟法改正案を今国会に提出する見通しだ。
 専門部会は、(1)殺人など死刑に相当する罪の時効を撤廃(2)人命を奪うその他の罪の時効を原則2倍に延長(3)新制度施行時に時効が成立していない過去の事件にもさかのぼって適用-とした法務省案を軸に検討している。
 これに対し、時効撤廃に反対する一部委員は、有力な証拠の存在など一定の要件を満たす事件に限り時効を延長するとした対案を提示。意見集約が難航した場合、多数決で撤廃を決める可能性もある。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
殺人時効、54.9%が「短い」=死刑容認は増加
海外企業の国内提訴で新ルール=法制審答申、民訴法改正案提出へ
公訴時効見直しで対案=「撤廃」で一致せず
わいせつ殺人で無期懲役=裁判員「市民として納得」

高額日当、総務省顧問に国会議員OB11人(読売新聞)
橋下知事に直言 「パフォーマンスだけで自治体経営できぬ」作家・高村薫さん(産経新聞)
衆院予算委開会ずれ込み 「個所付け」問題で野党が硬化(産経新聞)
COPDの予防方策などで検討会設置へ(医療介護CBニュース)
自民・麻生氏、1ケタ飛ばすミス…資産公開(読売新聞)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 火災はボクらの鼻で防ぐ!世... | トップ | <人事>警察庁(15日)(... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。