ピアノレッスン~ちょっとひと工夫~

ピアノレッスンの導入期でつまずいている生徒さんへ
目先を変えた方法をご紹介。フォルマシオン・ミュジカルもあります。

欲張ってはいけないF.M.

2017年06月09日 | フォルマシオン ミュジカル
今年入手したテキスト(Mon jardin musical)が習い始めの生徒に使いやすいので、色々と行っておりましたら、少々、というよりだいぶ窮屈になってしまいました・・

1回のレッスンで「聴音」「リズム」「読み書き」「ピアノ」「歌」の項目をできるだけ毎回行いたいと計画を立てておりました。

課題が短いですし難しい内容でもありませんのでササッとできるだろうと思っておりました。

しかし、一つつまづくとそこで時間の多くを使ってしまいほぼピアノを弾くことなく終わってしまうと、いうことが続くことが・・

基本的にピアノのレッスンですのでピアノを弾く時間がわずかしかない事態が続くと保護者の方は不安になります。
ピアノがスムーズに弾けるようにと考えて行っていることなのですが、短期間で成果を希望される気持ちも理解できます。

これは内容を見直さなければと思い、各項目1つの課題に限定しました。

実は「聴音」「リズム」「読み書き」は2つずつ課題をしておりました。
するとこれだけで30分位経ってしまい、ピアノは1回弾いて直すこともできず終わるというパターンに陥ります。

順番を変えてピアノを先にやると今度は他ができず・・

そこで、試しに各項目1つの課題にしてみました。
生徒によっては今は「聴音」はやめておこうとか「リズム」は好きではない様子だから今は他の事に力を入れて時を待とうとか、全ての項目を全員にすることはやめました。

するとゆっくりと進められますので当然ながら生徒とお喋りする時間ができます。

「いち、に、さん、し」もまだ口がよく回ってなかったんだなとか、
(だからリズムを嫌がってたんだ)、

好きな食べ物は「ぶろうのがみ!」
(ん?なんだそれ?)「もう1回言って」
「ぶろうのぐ・・がみ!」
「あー、ブドウのグミ?」「そんなかたいの食べるの?」
うなずく生徒。

お父さんがUFOキャッチャーで取ってくれた「ペペちゃん」というぬいぐるみが好きとか、
「スヌープー」もいるとか。
(スヌーピーね)

もっとできたかなと思うあたりでレッスンを終えるのがちょうど良いようです。


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« F.M.について、今頃ですが・・ | トップ | マスレエフ&ベレゾフスキー ... »

あわせて読む