ピアノレッスン~ちょっとひと工夫~

ピアノレッスンの導入期でつまずいている生徒さんへ
目先を変えた方法をご紹介。フォルマシオン・ミュジカルもあります。

ボリス・ギルトブルグの先生

2016年11月12日 | コンサート情報
ギルトブルグの事を調べておりましたら思いがけないところに辿り着きました。

Prof.Arie Vardi(アリエ・ヴァルディ)という先生をご存知でしょうか。
イスラエル人の名教師と言われている方のようです。

イスラエルのテル・アヴィヴ大学のピアノ科教授でもあり、ドイツのハノーファー音楽演劇メディア大学の教授でもあります。
ハノーファー音楽演劇メディア大学から国際コンクールの優勝者や上位入賞者が多数出ているのをご存知かと思いますが、実はこのProf.ヴァルディのお弟子さんがその多くを占めています。

ユンディ・リもショパンコンクールのあとだったと記憶していますがハノーファーに留学してこの先生に師事しています。

ギルトブルグに話を戻しますが、彼はテル・アヴィヴ大学でProf.ヴァルディに師事しました。

これだけでしたらそうだったのかで終わるのですが、私が驚いたのはこのアリエ・ヴァルディの画像を拝見した時に「えっ、この人、あの番組のあの謎の司会者?」だったからです。

以前、どこの国の番組かわからず読むことが不可能なアラビア語のような不思議な文字が並んだ音楽番組をyoutubeで何度か見ておりました。

ピアニストが1人ずつ出演し司会者と会話したりピアノのすぐそばにいる司会者の目の前で演奏したりする番組です。

大好きなガブリリュクや結構好きなピアニスト韓国のソン・ヨルム(彼女は辻井伸行さんが優勝したクライバーンコンクールで2位でした。室内楽のラウンドで優勝は彼女かなと私は思っておりました。結果発表時に辻井さんの隣に座っていた彼女が辻井さんの名前が優勝者として呼ばれた時に真っ先にやった!すごい!よかったね!と辻井さんの隣で喜んでいました。いい人です。)、ベテランではぺライアやシフ、超ベテランのプレスラーなどが出演していて、この司会者はいったい誰?と思っていたのでした。

その謎の司会者が名教師と言われているというアリエ・ヴァルディだったというわけです。

ギルトブルグも出演していてヘブライ語らしきもので会話していたので、イスラエルの番組なのかな?とそこで初めて思いました。

2人の様子が随分リラックスムードで、ギルトブルグが安心して話している感じで、
実際番組の中で13歳頃だと思いますがその謎の司会者と連弾している映像も流れていたので、子供の頃会ったことのある人なんだなくらいに思っておりました。

いやいや、先生だったのですね。

日本でもProf.ヴァルディに師事した方は結構いらっしゃるようです。
その中のお一人の方がこのようなことをおっしゃっています。
「飛べない鳥に飛び方を教えるのも必要だけどそれは重要な仕事ではない。
飛び方を教えるのではなく、飛んだ時に見える景色がどんなに素晴らしいかを教えるのが先生だ。」
と、Prof.ヴァルディはおっしゃていたそうです。

今日、私はその言葉を何度も思い生徒たちにレッスンをしました。

こちらがアリエ・ヴァルディの番組。
出演はぺライアさん。
https://www.youtube.com/watch?v=nV17QiQgBV8

こちらはマツ―エフ。気軽に聞ける話のように思います。
https://www.youtube.com/watch?v=fqQztmn3Dt8

エリザベート優勝後出演したギルトブルグ。

ヘブライ語なので話はさっぱりわかりません
演奏をお楽しみください
『音楽』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ボリス・ギルトブルグ | トップ | これ、よく使っています①~フ... »

コンサート情報」カテゴリの最新記事