ピアノレッスン~ちょっとひと工夫~

ピアノレッスンの導入期でつまずいている生徒さんへ
目先を変えた方法をご紹介。フォルマシオン・ミュジカルもあります。

ピエール=ロラン・エマールのバッハ

2017年05月25日 | コンサート情報

5月12日にギルトブルグが出演したドイツの「SWR SCHWETZINGER FESTSPIEL」で今度はエマールが出演します。5月26日です。

シュヴェツィンゲン城で行われる音楽祭のようです。
シュヴェツィンゲンはハイデルベルグのそばにある街です。

シュヴェツィンゲンも音楽祭も初めて知りましたが、同じ月に同じ場所で好きなピアニストが演奏する偶然に驚きました。しかも同じ曜日です。


エマールのプログラムは

György Kurtág *1926
"Játékok" (Auswahl)
"Passio sine nomine"
(Deutsche Erstaufführung)

Jan Pieterszoon Sweelinck 1562 – 1621
Fantasia cromatica SwWV 258

Johann Sebastian Bach 1685 – 1750
"Das wohltemperierte Klavier"
Teil 1 (Auswahl)

Ludwig van Beethoven 1770 – 1827
Sonate für Klavier f-Moll op. 57 "Appassionata"

エマールのバッハ、 温かく穏やかで心地の良い演奏で好きです。
私はなぜか本番前にエマールの「フーガの技法」を聴くと落ち着くので電車の中で何も考えず聴いています。

面白い動画があります。
演奏はエマール。
よく作ったなと思います。

bach-the-well-tempered-clavier-for-sinfini-music

フーガを視覚で立体的に表現していることに感銘を受けました。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ギルトブルグ、一体何曲練習... | トップ | F.M.について、今頃ですが・・ »

コンサート情報」カテゴリの最新記事