招きねこの手も借りたい

主婦のち仕事、ところによって母、時々芝居。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

懐かしい場所での撮影

2008年02月12日 | 日常
昨日に引き続き、いつもならやらない事ということで、
以前から気になっていた「金魚焼き」(タイ焼きのミニ版)を、
歩きながら食べてみた。

歩きながら物を食べるなんてもっての他と教育されて育った私にすると、
かなり大胆な試みである。
大人になり、ようやく旅先で食べ歩きができるようになったが、
さすがに地元ではできなかった。
母からの教えの呪縛があるからだ。

今日はその呪縛から解き放たれるために、
「私は地元の人間ではないの。一人旅の観光客で~す」
と、心の中で言ってみた。
見慣れた景色にもかかわらず、
時々観光客風にきょろきょろしてみたりする。

金魚焼きを食べつつ私が向かったところは、
夫の今日の撮影場所。
今日の夫の仕事は、
地元民放でオンエアされるドキュメンタリー番組中の再現ドラマ部分。
江戸時代の紺屋の主人役である。
この番組のナレーションは私が担当していて、
すでに収録済みである。
ロケ場所が私にとって、とても懐かしい場所だったので、
ふだんは夫だけのロケの場合は見学に行かないのだが、
行ってみることにした。

 

2人がかりで、普通のおっさんを
江戸時代の紺屋の主人に変身させる。

リハーサルが始まった。

寒いので、ヒーターをつけてもらう。



わりといい男風か?(←妻のよく目)
相手役の、近所のおかみさんもスタンバイ。



さて、このロケ現場だが、
実は私が嫁ぐまで暮らしていた伯父の家である。
今は、地元に寄付して指定文化財となっている。
この家に足を踏み入れたのは、10数年ぶりだ。

懐かしい。
どこもかしこも懐かしい。
これはお客様用の玄関。
私がここから出入りしたのは嫁ぐ日の朝のみ(笑)



こちらが家族用の入り口。



ロケの合間に、写真を撮りまくった。
長くなるので、続きは次回。




ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いつもならやらない事をやっ... | トップ | 懐かしい場所での撮影 その② »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おやっ (LE)
2008-02-12 22:12:36
どなたさんかと思やー、紺屋の旦那じゃないのっ、いつもながらいい男だねぇ~、ほれぼれしちまうよっ。

ところで、ここがあの文化指定材のお屋敷!すごい、ここに今でも住めていたら良かったのにねぇ~。でもあるひとときでもこういう場所に住めたなんて羨ましいっ!
Unknown (びー)
2008-02-12 22:27:19
ロボットさん、チョンマゲ姿がとっても良くお似合いです!
全然、違和感ないですねぇ~。
側にハロゲンヒーターがあるけど寒かったのかしら???
pecoさん、趣きのあるお家に住んでたんですねぇ~羨ましい!
Unknown (なーた)
2008-02-12 22:47:48
旦那さん素敵!!
坊主頭もすごく似合うけど、チョンマゲもほんと似合うね~!!

伯父さんのお家。文化財になってるのね。すごい!
ずっと綺麗に手入れされるんだろうな~。
上から5枚目のお写真ですが~ (fujiko)
2008-02-13 10:41:21
おや、紺屋のご主人ですか~
いい男だこと!お元気そうですね。
溌溂たる若者のようです(^^)V

ところで、5枚目のお写真ですが、右横の土間の戸の下真ん中辺に移っている丸いもの?
最初からある物でしょうか?

私が撮る写真には、そこにはない、このような丸いものがよく写りますが・・・
間違っていましたらごめんなさいね。
Unknown (peco)
2008-02-13 13:31:45
Lady Eさん
また、そうやってうちの夫をその気にさせる(笑)

ある意味住みにくい家ではあったけど、
今思うと贅沢な時間を過ごせたと思うわ。
ここ、このままのかたちで維持管理ができて、
しかも相続税を払う能力がある身内が皆無だったので、
叔母の遺言で寄付することになったの。
私に甲斐性があれば、もらったんだけど明らかにムリ(笑)

びーさん
若い頃は似合わなかったちょんまげが、
頭髪が寂しくなるとともにものすごく似合うようになったのよ。
いっそふだんからちょんまげの鬘をかぶっててほしいくらい(笑)
この家は、夏はクーラーいらずのかわりに、
冬の寒さといったら想像を絶するのよ。

なーたさん
本人は頭の形がいいからだと言ってますが、どうだかね。
鬘をかぶると顔の筋肉が上にひっぱられるので、
若返り効果もあるのよ。

この家は、大正時代に建てられたの。
市が、あちこち少しずつ手を入れながら大事に残していってくれています。

fujikoさん
仕事をしているほうが、夫は元気が出るようです。
メイクで目張りまでいれてもらって、
気分も若返ったようでした(笑)

戸の真ん中にうつりこんでいるのは、
霊的なものに見えなくもないのですが、
照明の明かりに照らされて向かい側に置いたハロゲンヒーターだと思います。
あの扉、明かりがあたるとよく反射するんですよ。
番組 (岡花見)
2008-02-13 14:11:15
確かに、この家のお嬢さんには、
歩き食いは、許されないわねぇ。

わたしなんて、時間がないときは、
移動の電車の中で食べてるわ。
とはいえ、電車の中では、
チョコレートかカロリーメイト+水まで、
って自分の中では基準があるんだけど。

ロボットさん、似合う~。
この番組、こっちでも見られればいいのにね。
そうですよね (fujiko)
2008-02-13 15:02:59
仕切りがあるので~と思ったのですが~
私は説明出来ないこういう物をよく撮りますのでね。
もしかしてpecoさん訪問で、おじさまがお喜びなのかなぁ~
なんてゲスの考えからでした。
失礼しました。
Unknown (peco)
2008-02-14 13:49:38
花見さん
いや、全然ちゃんとした「お嬢さん道」は歩んでないんだけど、
しつけは厳しかったわ。
買い食いとか見つかったら、ものすごく叱られた。

あ、自分でここまでって決める基準分かる、分かる。
私はバスの中では飲み物まで、電車は1時間以上乗る場合のみ食べ物OKて、決めてる。
なんなんだろうね、この自分基準。

もしご希望ならば、春にオンエアしたらDVDにして送るけど、見る?

fujikoさん
そういえば、fujikoさんのところの記事に、
よく不思議な写真がありますよね。
私にはおそらくそういう力は備わってないようです。
でもね、伯父夫婦の気配みたいなのは、
あちこちでしました。
それもイヤな感じじゃなくて、温かい感じの気配。
不思議ですね。

見る~見る~ (岡花見)
2008-02-14 18:20:19
きゃ~ 見たいわぁ。
DVDよろぴこ。
Unknown (peco)
2008-02-14 20:11:34
花見さん
了解っ!

コメントを投稿

日常」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。