goo

A LIFE最終回

ケンケンにだいぶ救われてた感のドラマ。一番の功労者じゃなかろうか。

普通だなあ、普通。
普通に終わりましたわ。

パンチがないとか
パッとしないとか
今まで書いてきたけど最後までそんな感じ。

沖田さんて一応アウトローなんだよね。
それにしちゃお行儀良いし、内に秘めるタイプなのがどうも・・

せめて木村文乃演じるナースちゃんかっさらって行けば!?と思っても
それもなし。あーあ。

すべてが治まるべき所に治まって、
もうちょっとパンチがほしかったってまた言っちゃうけど。

一話一話ちゃんと面白かったしそこそこ楽しませてもらった割に
木村さんは沖田という役を自分のものにできてたのかという疑問も毎回あったよね。
もう少し発散できる役だと良かったよね。
お疲れ様でした。

ホスト、オネエ、ヤーさん、果ては変質者まで・・♪

ファンとしてはそんな役どころがいつか見れますように。
制作者側のバットはいつだってかすらないけどね。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 嘘の戦争最終回 ナカイの窓 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。