ナナ日記

ミニチュアダックスのナナと、家族4人のドタバタつれづれ日記です。年甲斐のないミーハーな日常が展開しています。

聲の形

2016年09月18日 | 映画


期待通りでした。
心の深いところに入ってくる映画。
原作読んでないけど。
さすが京都アニメーションだなあ。この丁寧な演出。
人と人の関係を作るってとても難しいけど、その難しさをちゃんと描いてる。
友達作るってものすごく大変なんだよね。ある意味。
こんな人っているいる!と思ったり、こんな教師、絶対いるし、絶対許さないとも思う。(先生だけが悪いんじゃないけど、先生の我関せずが状況を悪化させた!)

頑張れって思う。

そして、入場者プレゼントのブックレットを読んで、また泣けた。
この夏はすばらしいアニメ2本も見れて幸せだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サインアウトという恐ろしい話 | トップ | 四月は君の嘘 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。