相棒15-2

2016-10-19 21:57:54 | Weblog
今日は水曜日、相棒のある日だ。でも、先週の初回がやたら話が長い割に今一面白くなかったなあ。今日はどうだろう?脚本作家の名前はと、あまり見たことのない名前だ。これはあまり期待しないで見るとするか。と思って番組を見始めたのですが、いやはやとんでもない。今日のはなしは相当に面白く、内容も話のテンポもなかなかのものだった。

実を言うと、個人的には死んだ父が喫煙が原因の喉のガンで死んだのでタバコのはなしは良い気持ちがしないのだが、今日の相棒のタバコはまあまあ許せる。今日のはなしからタバコを抜いては話が死んでしまうのではこれは致し方がない。まあちょっと問題の中心の関係者が同一人物だったというのは、ご都合主義的かなとも見えないでもないけれど、他は全体に非常に出来の良い、まとまりもきれいな作品だったと思った。

冠城氏の立場も、現実にはありえないとはいえ、これはやっぱりそう駒を置くしか手がないだろう。このところ、BBCのシャーロックに夢中になっていたのを思えば、こちらの舞台は日本の警察だもの、こんなところが妥当だろう。

とにかく、これなら来週の作家さんにも期待して見ようと思う。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春風亭昇太 二番煎じ | トップ | Polar Bear plays 大サービス... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL