相棒5-1

2016-10-12 22:16:53 | Weblog
相棒シーズン5、今日から始まりました。冠城亘氏はやっと警察学校を卒業し平巡査としてそれでも警視庁に配属されたものの、右京さんのところではなく、複雑な事情のある社美也子さんの部下としてです。もう一人、何やら今後の絡みが気になる警察学校の同期の人物もいます。今の時代ですから、単なるお巡りさんではない、電子機器通信の専門家です。

今日のはなし自体は個人的には何ということもない、これも複雑な事情の絡んだ、でも大したこともない話でそれ自体より、周りの人間関係のほうが気になる状況です。社女史の子供の実の父親にあたる某国人からの連絡があったりしたことから、多少はわかっている冠城さんは社女史に自分をあなたのもとにおいておかないで特命に戻すように、そのほうがお互いに無難なことを伝えたので、話は進み、冠城さんはやっと再び右京さんと一緒に仕事をすることになったのでした

2時間ドラマは見ごたえがあるのですが、実のところこのところずっと風邪が抜けず、夕方になると熱が出てくる状況なので、申し訳ないのですが、話に身が入らず簡単なストーリー紹介で終わりますが、それでもまた次回からのはなしはおもしろそう。来週がたのしみです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Mating snow leopards - Zoo ... | トップ | 今日は相棒だけでへたばった... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL