facebookからのメモ

2017-06-16 19:34:17 | Weblog
あまり遠くを考えても仕方がないと思うので、まぁ、3年後、4年後の日本と世界の状況を考えてみるが、どうもあまり明るい展望が見えてこないのが情けない。日本の国内も心配だけれど、実はヨーロッパのイスラーム勢力の動きとか、あのカトリックの強いフィリピンの国内でもイスラーム勢力が伸びてきているという状況、これは何を意味するのかと考える時、ふと死んだ父の言っていた言葉を思い出す。戦争というのはその国が食べていけなくなったときに起こるのだというのだ。国もそうだし、その地域、その民族、その人々が本当に食べていけないほどの状況になると、考えを同じくする人達が立ち上がって行動を起こすというのだ。

そうだとすると、ただ力で抑えつけているばかりではどうにもならないのではないか、トランプを勝たせてしまった要因も実はその辺にあったのだろう。イスラーム勢力の台頭も真の原因はその辺だろう。

いったいどうすればいいのか、考えると頭痛がしてくる。日本の今後も歴史の教えるところでは、行くところまで行き着いたら揺り返しがきて大変動が起こるわけか、その間には自然大災害やら、人災やらもあって決していつまでもおなじところに納まっていないのが日本の歴史だ。こうしてみると自分のちっぽけさばかりが感じられるばかりだ。あまり考えすぎても意味の無い話かもしれない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パソコンは本当に難しい | トップ | まずは朝ごはんから 魚、... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL