永遠の自分探し  って迷子やん!!

ツイッターもそろそろやめようかな、と思ってるくらいです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「キサラギ」

2007-06-26 01:14:53 | 映画
おもしろい!100点!!
2007年度、ぢもってぃランキングの1位です、今日現在!
サイコー!もう1回、いや、2回は観たい!

シチュエーションコメディは、脚本命になるわけですけど、
だから、言葉で攻めて攻めて攻めなくてはいけません。
しかし言葉数だけが多いと、普段、テレビで観るユースケ・サンタマリア状態になるわけですが、
バランス良いセリフのやりとりで、
身構えることなく、謎解きと笑いになじめます。

今作では、ユースケはシリアス演技で抑えている分、
若手の小栗旬と小出恵介がイっちゃってます。
彼らは、新境地を開いたね〜(ワシ、誰やねん!)
それを香川照之の演技がピシっと引き締めてくれるし、
塚地の出演のタイミングが、シーンにメリハリを出してくれています。
「舞妓Haaan!!!」も存分に笑ったけれども、作品の密度が違います。
それは、セリフの「物事に偶然はない。すべて必然だ」の通り、
ちりばめられた伏線は、全部生かされ、ムダのものなし!だからでしょう。
かといって、それらの伏線を覚えていなきゃいけない!という気合なんて一切なく、
どれもこれも記憶に残るのです。インパクトありすぎて。
舞台にしてもきっとおもしろいのだろうけど、
でも、舞台にすると客席に呼応してアドリブが入ってしまうでしょう。
うん、やっぱり舞台にしちゃダメだ。
この緊迫感と、計算された、いやコミュニケーションの賜物の
タイミングは映画ならでは。
真相の結末は途中で気付いてしまうので、
少しじれったく思うけれども、(だから、100点よりマイナス2点くらい)
そこまででもう存分に楽しめているので、
どういう風に表現するのだっ!?とワクワクして観れるのです。
エンディングの如月ミキが歌う「ラブレターはそのままで」シーンは必見。

で、酒井香奈子(如月ミキ)って誰やねん(笑)

今日の音楽:「なんてったってアイドル」小泉今日子
ジャンル:
ウェブログ
コメント (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米米CLUB、『御利益』発売おめで... | トップ | 「憑神」 »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは♪ (ミチ)
2007-06-28 19:15:20
TBありがとうございました。
『舞妓はーん』も笑えて面白かったんですけど、やはりこちらは脚本が緻密だったな〜と感心しました。
如月ミキの素顔と歌が登場したら、「やっぱり売れなさそう〜」って思いましたよね?(汗)
こんにちは♪ (ぢもと)
2007-06-29 00:24:34
☆ミチさんへ
ホント、純粋なファンは“家元”だけかな!?
て思いましたね。
ああいう、親衛隊なつかしいです!
あれぞアイドル!
良かった!! (あん)
2007-07-09 12:39:44
言葉責めで、責めて〜って感じです(私、何言ってるんだろ)
ホント、若手は新境地を開いた!と思いますよ〜。
本人たちが舞台だと吹いちゃってダメだ、と言ってました。
笑い過ぎで、退場になった人も多かったとか。

如月ミキの歌って『ラブレターはそのままで』ですか?!
知らんかったー。
良かったですね!! (ぢもと)
2007-07-09 22:39:01
☆あんさんへ
ホント、卓越した脚本でしたね。
この映画観たあとだと、彼らの今のドラマ演技が
ちゃっちい!!
たしか、如月ミキのタイトルはそれだったような・・。
パンフレットで見たような・・。
今貸し出し中なので、また調べときます!
TBありがとうございます。 (ぺろんぱ)
2007-07-16 19:46:05
こんばんは。TBありがとうございました。
楽しめましたねぇ、この映画。
先ず脚本、そして演者さん達の妙、という感じでした。

>でも、舞台にすると客席に呼応してアドリブが入っ てしまうでしょう。
 うん、やっぱり舞台にしちゃダメだ。

なるほど、ですね。
フムフムと感心してしまいました。

あの如月ミキちゃん、なんか妙に心に残っちゃてるのは何故でしょう。もしかして「ラブレターはそのままで」が発売になったら買ってしまうかも、の今です。
Unknown (ぢもと)
2007-07-17 00:21:42
☆ぺろんぱさんへ
「ラブレターはそのままで」如月ミキの
ダンスDVD付きだったら、
買ってしまうかもしれません。
親衛隊ごっこをやってみたい・・です。
脚本〜 (cyaz)
2007-07-23 08:43:00
ぢもとさん、TBありがとうございましたm(__)m

久々に面白い展開の映画に出会いました^^
脚本の出来が映画の出来を左右する、まさにそういう作品でした!
TB反映されなかったのですが、Recent Trackbackには名前がありますね(笑)? 不思議です。
Unknown (ぢもと)
2007-07-23 23:37:30
☆cyazさんへ
TBなんですけど、
ココにじゃなくて、7月19日の日記「大人1枚、真ん中の席で」にいただいてるんですよーー!!
だ・か・ら・です!

ホント、よくできた脚本でしたね。脚本欲しいです。
塚地の使い方もよかったです。
失礼〜 (cyaz)
2007-07-24 08:16:12
ぢもとさん、こんにちは^^

>7月19日の日記「大人1枚、真ん中の席で」に
それは失礼しましたm(__)m お恥ずかしい(汗)
Unknown (ぢもと)
2007-07-25 11:57:06
☆cyazさんへ
いえっ!またどうぞ!
親衛隊〜〜! (kira)
2007-08-21 13:06:53
こんにちは♪
今頃ですが、観てまいりましたので
TBさせて戴きました。

面白かったですね〜。
「あひると鴨〜」も観たかったのですが、どこももう同時間帯、泣く泣く1本に絞りましたが、楽しみました!
ラッキー池田の振り付けで踊る5人って、正しく親衛隊でしたね
Unknown (ぢもと)
2007-08-21 23:16:22
☆kiraさんへ
アヒルもぜひ観て下さい!
キサラギとは濃度が違いますけど、
大変練っている作品です。
ラッキィ池田って、波多陽区と似てますよね。

あわせて読む