日々を笑いと共に

日々楽しかったことを綴っていこうかな

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ボーグと鳥撮り

2017-04-20 22:55:38 | 写真
鳥撮影用に購入したボーグ90FL。バーダーショップフジノさんのオリジナルセット、V-power左手用を購入。3月に突然思い立っての購入で在庫最後の一本という事で即決。新セットの納期を考えても良いタイミングで、今回発表されたSEL100-400GM買える額だけれど、いじり回せる楽しさがあるから後悔はない。そして執心していたのが、αEマウントでのAF化。レンズ10本近く買って色々試した結果一番可能性があったのが、キャノンレンズをMC11でつなぐ方法。αAマウント系は考え付かなかったし、折角持っているMC!1が使える上に付属のテレコンも使えるし良いことずくめに思えた。あとはパーツを色々揃えるだけとなっていたが、全焦点距離でAFを効かせるための構造を考えているうちに、V-Power
の優秀性に気が付きMFで良いんじゃないかと思うようになった。これと拡大、ピーキングと言う操作を覚えた(笑)ので、十分いけると思うし楽しい。これに7型外部モニターを購入して万全・・・ではなかった。まず、一番大きいのは、貧弱な三脚しか持っていないこと。一生懸命撮ろうと思えば思うほど、貧弱さが浮き彫りになってくる。そして、色々なシーンに出会う上で、改めてAF出来ればという場面に遭遇する事もしばしば。

PENTAXのAFテレコンを買ったのは前回書いたが、やっぱりPENTAXではなくαEマウントでいきたいので、このままMFでも致し方なしとも思っていた。そんな矢先ひょんなことから道が開けた^^今は検証中だけれど、次の日曜に実戦で使ってみようと思う。


距離約5m、この暗さでAF効いてちょっと感動


距離10m 朝光があまり無い状態で鼻に合ったところで撮影


昼明るい中で撮影 暗いときに撮影したときよりAFが速い


距離8m 右下の魚の絵に合わせてみる


次に中央右に移動

なかなか良いんじゃないかなぁ。繰り出し式だから、自分は直接繋いで少し動くのは許容範囲だけれど一工夫するのも良いかもね。AF-Cモードも使える様だし実戦でどこまでいけるのか興味深い。それはそうとついにα9が発表された。高画素機も欲しい気もするけれど、鳥撮りにはα9が向いていると思うし、これとあわせると、さらにAF速度も安定度も増すだろうしね。後続のα7後継機の発表を待つのが本当なのだろうけれど、27日から予約開始なんだよなぁ。。。三脚も欲しいけれどα9買ったら秋くらいまでは大人しくしていないといけないな。
『写真』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最近は写真に傾倒 | トップ | AFボーグ化への足掛かり αE... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
びっくり(゜▽゜) (ねこむすめ)
2017-04-26 22:54:54
久しぶりにお邪魔してみたら、小鳥&カメラに走ってらしたんですね。
いい被写体に巡り会えたり、それが綺麗に撮れたりすると、どんどんハマりそう♪

うちの娘(←初登場)が、EOS7Dと〇十万もする望遠レンズや周辺機器を持っていて、
同じお馬の写真を撮っても、私の3万そこそこのデジカメで撮った写真とはまったくの別物です(´_`illi)

数年前の月食写真には少し心が揺れたけど、月のために鞍がひとつ分の投資はやっはしできませんでした(*´Д`)=3

浅く広く体質なので、necoさんの凝り性(?)を、少し見習わないとですね(^_^;)




そうなのです (7474neco)
2017-04-27 22:55:34
もっと言うと撮れないから嵌る部分もあるわけです。

おっ!娘さんいらしたんですね。最近のカメラ・レンズはどんどん高額になっていますね。でも、コンデジ、スマホの画像と全く違うんですよね。。。。

エクストラスーパームーン撮る気満々だったんですけどね。。。前日の月も凄かっただけに残念でした。

浅く広くが平和で心穏やかにいられて良いです。

コメントを投稿

写真」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL