日々を笑いと共に

日々楽しかったことを綴っていこうかな

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ビリーザキッドの成長を見守る2

2016-11-09 20:17:55 | 新馬調教班~ビリーザキッド~
この日から3Eに場所を移しての駈歩レッスン。最も警戒していた森側。1回目の発進は駈歩出たけれど、すぐにバタついた調教班時代のような感じになった。。。2回目は同じところから常歩纏めてさぁ発進の直前、ピタ止まりした後1/2急回転してさらに1/4ここで体制崩れると同時に頭絡が外れ、止めの1/4回転で左腰から落ちた。常歩整えている最中だから、ちょっと油断した。。。心配で見に来ていたMちゃんにもレッスンメイトの方達、周りのレッスンも止めて迷惑かけてしまった。そしてレッスン参加を認めて下さっているH本指導員には特に。。。もぅ、謝るしかなかった。

『来週リベンジね』っと言って下さった優しさにも報いる事が出来るように、次回も頑張らせて貰う。痛みは体勢によって皮膚が剥がされる様な、電気が走る様な痛みの後カァーッと熱くなる感じ。今朝がピークでベッドの上で暫く身動きが取れなくなった。でも、立てば走れるし階段も余裕。外から圧迫しても痛くない。まず、骨折は無いだろうから動いて治す!で、夜は快方に向かいいろんな体勢が取れるようになった^^炎症のピークは3日前後でそれを実証した感じかな(笑)13日は出掛けるから行けないけれど、20日はビリーに気を抜かない様にしっかり準備をして乗りたい。

イヤーネット、頭絡、ゼッケン、プロテクターの色がバラバラだったのが良くなかったかな^^;
コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

ビリーザキッドの成長を見守る

2016-11-01 23:16:39 | 新馬調教班~ビリーザキッド~
以前の続きの様な感じだが、改めて駈歩を会員でも安定して乗れる様に慣らしつつ、出来ればアインの相棒にしたい!

駈歩をやる上での大原則。合図は内方脚で行う!外方は叱る意味合いで使うので、決して使ってはいけない。

3ヶ月振りに駈歩をした時の乗り心地の良さと比べると、今回は劣っていたが駈歩が出てしまえば詰めた駈歩の安定的継続は既に完成されていると思えるくらいの出来^^

ビリーの駈歩要点

1.速歩はバランスの変化に反応が良く、伸ばすと同時に手綱を少し強めに持つ
2.内方姿勢を取る
3.タイミングを見て内方脚でそっと合図を出す
4.走り出したら首を使うので、持っておいてあげた方が良いかも
5.走り始めは特に首が動くので、脚を少し使いつつ大きくついて行く
6. 安定したら随伴だけで良く動く
7.首が高めなので特に鐙に立つ意識を持って、背中を押したりドスンと座らない事

ちょっと駿に似た駈歩かも?7.は特に注意が必要。基本通りにやれば、今は駈歩はすぐ出ると思う。自分が色々やらなければ、素直に動いてくれるはず。隣の馬場の馬の動きに影響を受けやすいので、第一馬場なら駐車場~クラブハウスに掛かる辺りの発進が一番無難だと思う。次回から3Eに移動になる。今より広い馬場になるから楽しみ。と同時にベーシッククラスと初級馬場のレッスンと隣り合うので、もらい易いか何時も見ている風景に近いから落ち着くか何が出るか楽しみ^^

今回も色々アクシデントがあった。特にチェス君に色々と威嚇され、あとは障害馬を見ては驚き。。。チェス君蹄跡外れて外ラチ沿いを走っていたけれど、背中をドスドスやるからどんどん速くなって走られていて怖かったな。あれは、何か目的があってやっていたのだろうか?


歩き始めていきなり下がって来て威嚇され横向きに。この後続けて2回やられた


ルールも2馬身以上をあけていたのに後退して来た^^;

ルールは外に避難、それを越えてさらに後退して来て1馬身に迫った所(後ろの木の位置で見るともっと?)でビリー反転(結構跳んでるんだね)。これは流石に騎乗者は周囲に一言あるべきでしょ。と言うか下がり始めたら背中で暴れるんじゃなくて、首を外側に向けて後ろを見えない様にするとか(止まった時点でやって欲しいけど)脚でお尻を外側に押して真直ぐに下がれない様にするとか対処して欲しいな。

この2回で問題の出るパターンが少し分かって来たので、次は1レッスン通して安定させられる様にしたい。3Eに移動になるからどうなるか?H本指導員は『大丈夫、どうにかなります』と仰っていた。暴れたり突っ走るのは全然構わないんだけど(ラチを越えて行かなければ)、一番恐ろしいのは待機になる事や他の方の馬がビリーが驚いた事に反応して貰ってしまう事。隣がベーシッククラスだからなぁ。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Autumn Horse Show ’16 追加画像

2016-10-19 19:55:42 | 乗馬

表彰式前


陰の功労者シオリさんなしにはまわらなかった


ゆり子とチップ


アラジン笑ってる!とんがり帽が可愛い^^


伊奈コレ 伊奈ダービー馬ダイワスペリアーと秋なのに春?を表現スプリングパレード


伊奈菊花賞馬で2冠制覇!エリザベス女王杯と変則3冠?しかし、見事なレイの仕上がりだね@@

優勝の青い人とかも載せたいけれど、忙しくて画像がな~い
コメント (29)
この記事をはてなブックマークに追加

Autumn Horse Show ’16 with Einstein

2016-10-12 20:55:43 | 乗馬
今年のオータムホースショーは、ガリコ隊長出陣とあって、お馬ちゃんの会女子部は本気モード。連日の準備を経て凄い仕上がりとなりました^^vクラブお休み中の、会1番の撮影の腕を持つザキヤマさんに、先月滋賀の旧忍者ホースクラブに皆で行った時に参戦要請!当日たくさん撮ってくださり、また動画の撮影もお願いして無理させてしまいましたが、おかげ様で良い記録を残す事ができました!

7474necoも2週前に急遽参戦を決め、馬場の部アレンジレンジと障害の部JⅢクラス(60cm)(こちらはサーキットだったらしく、お祭りという事で特別に40、60cmだけ仮装が認められた)にエントリー。8月は完全休養して、細々馬なりカドリールで乗っていたのみ。1週前に久々に駈歩レッスン出たら、4日間左脹脛に強烈な筋肉痛が。。。

JⅢクラス 26人馬中6位入賞

約4ヶ月振りの障害で上手く跳べるのか?そもそも走れるのか?そんな不安はアインに跨れば簡単に霧散してしまいました^^80cmを跳ぶための乗り方も実践出来ていたと思う。仮装&中半血のライバルyuraさんは4位&障害のベストドレッサーを獲得、完敗でした。結果には大満足だけれど、今考えるとこの妙な2人が表彰式にいるとか。。。オータムとサーキットは出来れば分けるか、オープン参加にして欲しかったなぁ。自分の場違い感が半端ないです^^;

アレンジレンジ 4位入賞



馬場部門に参加。ここでもyuraさん&フーロンが優勝と完敗。2位ののっぽさん&ノアール、3位I藤さん&スペースフライトの上位3名の表現力は別格でしたね!こういうのが大の苦手だけれど、少しだけ自分を捨てて頑張りました。Y坂さん&ビリーザキッドが溺愛っぷりを発揮しながら5位、ガリコ隊長&ダイワスペリアーも優雅に6位入賞!

そしてベストドレッサー馬場の部頂きました。何で貰えたのかは、まぁ考えずにおこう。。。去年障害の部で頂いたので、もう思い残すことはありません(笑)ベストドッレサーはもう一部門あり、こちらは隊長&スペリアーが獲得!誰もが納得のコンビだったし、S島指導員にエスコートされた馬場で獲得というのもありだったが、伊奈コレの冠付きだからやっぱり一番相応しい部門だったのかな?



Y坂さん&ビリーザキッド:白が良く似合う貴公子だね!落ち着いているし随分と逞しくなった^^



K村君のキャリーぱみゅぱみゅで馬場はアラジン、障害はチェスナ



季節感ばっちり!満面の笑みが素晴らしい^^アレンジレンジは馬替になってしまったけれど、K藤さんとアラジン



フーロン可愛い!一応鞍上はキムキム 我が道を行っています


凄いエンターテイナー(笑)優勝しなかったのが不思議 I藤さんとスペースフライト。本人曰く半分しか出せていない?!



オータムのある意味主役でしょう。こちらは大人しめの仮装、本命は追加予定 S島さんどこかで見た衣装ですが凄く似合うな^^
ガリコ隊長とダイワスペリアー



そしてこの競技に欠かせないのっぽさん 顔なしからの落ち武者は前回と一緒。バレていましたが笑いをたくさん取っていました!愛馬ノアールと



首のカメラが可愛いチップと念願かなってパー子になれたたK子さん。ゆり子は意外にも似ている?な出来

今回、メンバーの参加者が非常に多かったので、唯一裏方に徹してくれたシオリさん無しには回らなかったな。感謝の一言に尽きる!こんな状態なので、メンバー間それぞれの競技を見る事が出来ず打ち上げ兼上映会開催決定!とても楽しみだ^^v商品で食べ物獲得してくれた方、ありがとー!!!

画像後で追加予定
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

卒検他その後

2016-09-14 11:48:32 | バイクの事
1回目の卒検は見事に失敗。最終課題の一本橋を迎え一気に終わらせててしまえと思ってしまったのが運の尽き。クラッチ操作が雑になり、少し動いてエンスト。これ自体は減点のみだが、助走が短くなったのを意識し過ぎて痛恨の足つきで一発OUT。1時間の補講の後2回目の卒検で合格。晴れて普通二輪免許取得となった^^

バイク店にも納車を1週間ずらしてもらっていたので、今度こそ失敗する訳にはいかなかったからホッとした。おそらく大型は取らないと思うけれど、そもそも二輪を取ろうなどと5月の時点では思ってもいなかったのだから、最後のアンケートには取る予定に○をしてきた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

教習⑪

2016-08-31 19:11:49 | バイクの事
18時限目:21号車 1人

当初、卒検で使う可能性の高い22号車に乗らせて貰えるかもという感じだったが、直前で修理が必要との事で21号車に変更となった。個体の違いを体感させてくれようとの心遣いだっただけに残念!どちらのコースが良いか?不得意な方から行こうとの問いかけに、得意と言う訳ではないけれど操作のより多いBの方が好きと返答しこの時間はAコース走行。ウォーミングアップ後教官の後ろからブレーキのタイミングや使い方を学びながら出発点に帰って来た。次は自分が先行してコースを1周。ブレーキング時に下を見る癖があるとの指摘があった以外は特に問題なし。まだ時間があったので、教官先頭でBコースを途中までおさらい。Aコースと共通部分の最終盤は省いて発着点に戻った。

19時限目:22号車 1人

いよいよ2段階見極め。先ずはウォーミングアップから。22号車は普段の教習に出さないだけあって、全てが滑らかでギアもガチャガチャする感じがない。寧ろ今変わったのかなぁ?と言った感じ。ウォーミングアップから戻り。いよいよ見極め開始。1本目はどことなく集中が、そのバイクの特性を掴むのに向いてしまい途切れ途切れに。コース間違い2回とクランク入り口で1速までガチャガチャやって落したつもりが、2速だったようでタイミングが狂って前輪ブレーキを使ってしまいこかした(;一_一)その後は切り替えて立て直したけれど、貴重な22号車を。。。1度で決めれば後半は集中的にやりたい事をやる予定だったが2回目の走行に。2回目はすんなりと終了したが、この時間超初心者とおぼしき4輪教習車が多く挙動が予測出来ない。そちらに注意が向くあまり、言い訳出来る事ではないのだがウィンカーの消し忘れが頻発。これと、シフトミスに気を付ける様に注意を受けた。ウィンカーはまだしも自分がコースミスをした事がちょっとショックだった。理由は頭が先に先にコースをなぞれなかった事なのだが、これは良くないなぁ~。。。総括では纏まっているし、緊張しなければ大丈夫だろうとのお言葉を頂戴出来た。

いよいよ4日に卒検。緊張するかなぁ?どちらかと言うとコース走行が面白かったので、もう走れないのが残念だと思う気持ちが強いかも。乗馬の競技会みたいな感覚?最後のコース走行を楽しんで乗りたいと思う。元々アインと同じ本番に強い方だと思うし大丈夫でしょう!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

教習⑩

2016-08-26 17:41:32 | バイクの事
16時限目:シミュレーター 1人

今回は危険回避についてを学習。路上で起きうる突発的な状況をシミュレーターで疑似体験するもの。その後ビデオを見て学習。事故原因の第1位は自爆。次いで右直で3位が出合いがしらだったと思う。慣れた頃の過信が一番危ないのは何でも一緒。その点は年齢的にも運転経験的にも無理する事はないと思う。若い頃に原チャリも含めて乗った経験がないのも、かえって良かったかもしれないな。リターンライダーの事故も多いらしいからね。後は事故による死亡、後遺症の原因になるのが頭部、次いで胸部が多いと言う事らしい。それを守るヘルメットの最低ラインが5万円と言う事だ。AraiやSHOEIが無難で、最近流行りのsimpsonは、微妙に日本人の頭に合っていないそうだ。元々前2社のイメージしかないし、youtubeの強度実験見たらもうね。。。それでも最低ラインだったとは(@_@)3年後にはもう少し良いやつ買おう!プロテクター入りジャケットも買ったが、胸部の事を聞いて別途胸部プロテクターも購入した。ハンドル突き刺さって死ぬの嫌だし、タンクに打ち付けて損傷も嫌だしね(1次障害?)さらに投げ出されて壁やガードレールに激突するのが2次障害(?)そこから路面に打ち付けられるのが3次障害(?)ここまでは1セットの事が多いだろうし、安いヘルメットは1次を耐えてもヒビが入って2次以降は耐えられないそうだ。

17時限目:学科教習 1人

前の時間と続きの様なもので、シミュレーターの内容の確認や、タンデム走行のビデオを見たり買う予定のバイクの話しなどをして和やかに終了。これから卒検に向けてのスケジュールの組み方のアドバイスも受けた。要は次の2時間が最後の走行で卒検は準備運動なしの1発勝負なので、間が空かない様に予約をしてとの事。2時間目はもちろん見極め。何があるかは分からないけれど、余程のミスをしない限り大丈夫だとは思う。後の不確定要素は台風10号(-_-メ)31日が教習日なのだが、もろ直撃の恐れ(笑)台風でも中止にならない可能性があるそうだが果たして。。。伸びるのは日程的に困るけれど、暴風雨の中でやるのもどうかと。逸れたとしても強風はほぼ確定だろうな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

教習⑨

2016-08-14 09:33:14 | バイクの事
15時限目:20号車 2人 Aコース、Bコース、急制動&回避

この時間は急制動と回避が主題。ウォーミングアップ後Aコースを走行。後ろから着いて行く意識が強過ぎて、漠然と走ってしまった^^;一度スタートに戻り各個の課題に。先にもう一方の課題をするため、1人でBコースを走行。前回の課題を再確認しながら、まぁまぁ思い通りに走れたと思う。両走行とも急制動も余裕をもって出来たと思うので、この時間の主題の一つをクリアー。次は自分の番で回避。30㎞で走行してあるポイントで教官が挙げた旗が赤なら右、白なら左に回避する。1本目は慎重に行き1.7秒(白)。2本目は1.6秒(白)。3本目は、旗が挙り一瞬右に反応してまったため1.8秒(白)先入観はダメだと言い聞かせていたのに、心のどこかに次は赤だろうとの思いが生じていたのであろう。。。反応速度の平均が1.7秒だそうで、辛うじて平均はクリアー。少し残り時間があるそうで、一本橋&スラロームを何本かやりましょうとの事で移動。18時から教習だったけれど、日の入りが早くなったのかこの時間で既にコースは薄暗い。暗い時の平衡感覚が少し弱いのと、ブレーキ使って時間を稼ぐのを試したけれど、よれた時の操作が上手くいかず脱輪。あと何回かやってみようと思う。見極め&卒検は安定重視でタイムが出なくても、さらっと行ってしまおうと思う。脱輪したら元も子もないからね。

次はセット教習で1時間はシミュレーター。このシミュレーターが曲者で実施日に合わず28日で仕方がないと思ったら、教習所の方が『開き過ぎなので~』と24日に枠を作って下さった。これを終えれば後2時間コース走行をして見極めなのかな?2時間目が見極め?何れにしてもXデーは9月4日が濃厚になってきた。予想通りに行けば、7日に免許書き換えして10or11日に晴れて納車になりそうだ^^
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

教習⑧

2016-08-05 08:12:18 | バイクの事
13時限目:20号車 1人 Aコース

いよいよ初のコース走行。シミューレーターの時に、狭い教習所では如何にギリギリに寄せて安定して走っているかが、バイクのコントロールが出来ているかの判定基準になると仰っていた。ここを意識して走ることをテーマに臨む。最初、コース2周は教官の後ろを走行。要所で止まってアドバイスを受ける。3周目は自分が先頭でコース確認。1段階見極めコースに交差点と踏切が入っただけなので、特に問題はなく無難には走れたと思う。ただ、スラロームでギアが抜けたり、上手くいってた頃と何か感覚が違う^^;

14時限目:21号車 1人 Bコース

この時間もお一人様なのだが、ウォーミングアップは大型教習のお二人に交じってすることに。一番下っ端だから教官の直後。点線スラロームを多めに何時もより大げさにと言う事と、前輪が線と線の間に行くまでアクセルを我慢する事を課題に挙げられた。正にタイムリーでじっくり後ろから見せて頂き、最後の方で感覚が良く掴めた感じがする。1週目は教官の後ろを走りコース確認。2周目も本来は後ろを走ってコースと各ポイントを確認するのだが、コースは覚えたしウィンカーと車線変更のポイントも覚えたので、先頭走行を志願した。後ろから見て頂き、悪い所を指導して頂いた方が得るものが大きいはずだから。走行は前の時間と同じで無難に行けたと思う。スラロームも良い感じで行けたので、これをずっと覚えていられるかが少しだけ不安。3周目は、大型の2人に課題の違いがある様で、教官がそちらの応援に行くから一人で回って来てとの事。ちょっと残念だけれど、走行を任された事は良しとしよう。

本日の注意はブレーキが遅れ気味なのと、右折時に中央線に寄せ過ぎでガードが反対車線に出ているからそこまで寄せない事。Bコースの3周目遠巻きに見ている限りは改善されたいたとの事だった。ブレーキはポンピングを意識して何時もと違うタイミングでブレーキングしたからだと思うので、次でタイミングを掴みたい。

・坂道で下がったり、踏切内でのエンストは一発アウト
・踏切内でのギアチェンジは減点

次は急制動と回避だったかな?例の旗揚げのやつかな?あとシミュレーターが1時限と見極めが1時限だから、それで計17時限になる。1時限オーバーしているから、コース走行はあと2時限?そしてXデーは9月4日が濃厚かしら(?_?)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

教習⑦

2016-07-30 10:55:24 | バイクの事
11時限目:シミュレーター 2人

第2段階最初はシミュレーターから。交通法規に則った走行を安全に体感するための時間。なのだが主に座学で、そこと絡めたコースの意味と攻略法に割いた時間が一番多いかな。教習所のコースは狭いから、車線変更のタイミングが一番難しいかも。これで要点は全て分かったので、あとは2つある試験コースを覚えて、見極め、卒検に向けて仕上げていくだけだ。忘れそうなのが信号停止で先頭車両になった場合、青に変わったら軽く左右確認してからスタートをする事。

12時限目:体験教習 23号車 2人

この時間も実走行は僅かで、主に教官の運転する車に乗り、もう一人の教官の乗るバイクとで危険なシーンの実演。コーナーでの前ブレーキのみ、後ろブレーキのみの実演を見学。八の字コースで、リーンアウト、リーンイン、リーンウィズのフォームやそれによる回転半径の違いを実演して貰った後、路上で少し練習して終了。低速でのUターンって怖いな。動画で皆さんコケるのも納得。パイロン買ったし、免許取ったら練習だ。練習出来そうな場所探さないと。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加