日々を笑いと共に

日々楽しかったことを綴っていこうかな

2.14 埼玉県民の森

2018-02-15 08:12:53 | 野鳥
先週から一週延ばして予定通り埼玉県民の森へ。6時と少し遅めの出発。高速から見る夜明けの富士山は素晴らしく美しい。近々行ってみようと思うが、この日のように空気が澄んでいると良いのだが。。。県民の森に向かう林道は予想通り雪の残った凍結路。カーブで4輪が流れる所も挙動を予測できていればドリフトみたいで面白い。極端に道幅が狭く横がすぐ崖の所は慎重に。県民の森は完全に雪道。スノーシューズにアイゼン付けてトレッキング。初体験だけれど歩きやすい!


案内図。結構広い?と思ったけれど実際は程よい感じ


アイゼン装着。凍結雪道も滑る不安がない。スノーシューズだけだとどうだったのだろう?高い機材抱えたまま転ぶのも阿保らしいから検証しないけれど


エントランス


展望台付近


α9+SEL100400GM+SEL20TC
ミヤマホオジロ♂


α9+SEL100400GM+SEL20TC

α9+SEL100400GM+SEL20TC

α7RⅢ+SEL100400GM+SEL20TC
コガラ


トリミング
α9+SEL100400GM+SEL20TC
キバシリ 


α9+SEL100400GM+SEL20TC

α9+MC11+EF200mm F2.8L II USM+TELE CONVERTER TC-2001

α9+MC11+EF200mm F2.8L II USM+TELE CONVERTER TC-2001
シジュウカラ


α9+SEL100400GM+SEL20TC


α9+MC11+EF200mm F2.8L II USM+TELE CONVERTER TC-2001
ヤマガラ


α7RⅢ+SEL100400GM+SEL20TC

α7RⅢ+SEL100400GM+SEL20TC

α7RⅢ+SEL100400GM+SEL20TC

α7RⅢ+SEL100400GM+SEL20TC

α9+MC11+EF200mm F2.8L II USM+TELE CONVERTER TC-2001

α7RⅢ+SEL100400GM+SEL20TC

α9+MC11+EF200mm F2.8L II USM+TELE CONVERTER TC-2001
オオマシコ♂


α9+MC11+EF200mm F2.8L II USM+TELE CONVERTER TC-2001

α9+MC11+EF200mm F2.8L II USM+TELE CONVERTER TC-2001

α7RⅢ+SEL100400GM+SEL20TC

α7RⅢ+SEL100400GM+SEL20TC
オオマシコ♀

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

with Ein in Quadrille 2nd

2018-02-12 12:40:15 | 乗馬
前日夜に衣装&経路の確認。当日1時に集合してミニ馬場で回って覚えて、いよいよ全頭揃っての通し練習。問題点を洗い出して次の練習に向かうのが目的。先ずはS島さんが経路を覚えていないので、スタートしてから何か所かで混乱。通しのはずがスムーズさに欠けた^^;そして懸念していたトチワカは現実になってしまった。しかし、最も恐れていた周囲の子はどこ吹く風の落着き様。これならY崎さんが諦めない限り、最後まで頑張って欲しいな。一番改善すべき点は速歩。先頭のアインはほぼ止まる事は無いので、常歩に落ちると間が開く。交差まで馬間を維持できる様になると後はどうにでもなるから、2-1-2-1が最大のポイント。今はその前の全員同時速歩発進が課題で、通常レッスンの様な前が動いてから合図では遅いのでここの意識統一が必要だね。次揃うのは3月4日、不在のS島指導員の代わりは誰なのだろう?自由にやらせてくれて、トチワカ駈歩も大目に見てくれる人が良いな~。

ちょっと気になった事が一つ。洗い場で馬を簡単に叩かないで欲しいな~。遊んでいるのか、抗議なのか、要求なのか、攻撃なのか。。。乗るだけじゃなくて、お金払って講習会にでも行けば良いのに。アインなら1と3が多いけど昨日のは2だな。4は叱らないといけないが、3はケースバイケース。2は人が悪いのだからもっての外。まぁ4も元を正せば人が悪いことも多いけどね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2.7 北本自然観察公園

2018-02-07 19:18:13 | 野鳥
この日は当初遠征に行く予定が、行き先を絞り込めず来週まで延期。結局、前週に続いて北本自然観察公園へ。ただ撮るだけではつまらないので、先日購入したEF200mm F2.8L II USM+TELE CONVERTER TC-2001の試用と全画素超解像ズームの試用をしてみて来週に備えたかったのだ。結論を言うと全画素超解像は、画像を小さく見るなら使えるし遠い所にいる鳥を撮るには使っても良いかな。但しLサイズ(2倍)までだと思う。一方のEF200mm F2.8L II USM+TELE CONVERTER TC-2001は、まだ良く分からないのでもう少し使ってみたい。MC11と相性が良いのはα9なので、あとはAF‐Cで飛びものを追撃出来るのかが問題。ダメでも画質が良ければ7RⅢと静態メインでも良いかもね。


軽くて明るくて黒いのが欲しかったので、これで上手くいってくれると良いのだけれど



アオジ α7RⅢ+SEL100400GM+SEL20TC



シジュウカラ α7RⅢ+SEL100400GM+SEL20TC 全画素超解像



カワセミ α7RⅢ+SEL100400GM+SEL20TC 全画素超解像



ジョウビタキ α9+MC11+EF200mm F2.8L II USM+TELE CONVERTER TC-2001



ツグミ α7RⅢ+SEL100400GM+SEL20TC 全画素超解像

今日絞り込めなかった探鳥地候補は4つ

1:涸沼自然公園
2:小根山 森林公園
3:山中湖
4:埼玉県民の森

2でほぼ決めていたのだが、前日になり4が急浮上。雪の情報を探しまくったが見つからず。。。寝るのが遅くなったのと、アイゼンは持っているけれどうちの車でたどり着くのかが問題。四駆+冬タイヤではあるけれど車高的に大丈夫なのかなぁ?。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1.31 北本自然観察公園

2018-02-05 22:12:45 | 野鳥
1時半頃より1時間滞在。ここでルリビタキやミヤマホオジロが見られるとは思わなかった。


ルリビタキ


シメ


カシラダカ


アオジ


シロハラ


ツグミ


ミヤマホオジロ


モズ 遠すぎ~


カワセミ


メジロ 暗いところで飛んだので、反射的にカメラを向けたけれど。。。


ジョウビタキ

α7RⅢ+SEL100-400GMで全て撮影
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

man to man & with Ein in Quadrille 2nd

2017-12-29 21:36:21 | 乗馬
👇何時ものマンツーとは別にこの日のクリスマスイブにちなんでXmas馬装がしたいがための3人マンツー。リアンが最もトナカイっぽいとの評価^^よく似合っているなぁ!他メンバーはチップにミヤトーレル





本番はこちらのカドリール。乗り手もそれらしい格好に。ガリコ隊長お手製のサンタ&トナカイセット。欲しい方がいらっしゃれば販売するかも。市販品より可愛くお代は控えめ。腹帯カバーからイヤーネット仮想衣装(馬含む)何でも作るから、早くネットショップ作れば良いのに。



道路側の馬場でやっているので車を止めて写真撮る人まで出現。クラブのアピールにも一役かえたかな?洗い場でアインにXmas馬装している時に、2つ隣の繋ぎ場で馬装されているリアンがこちらをガン見。まるで『俺の衣装~』と言っているようで可愛かった^^
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

with Ein in man to man

2017-12-12 09:13:11 | 乗馬
この日はカドリールはお休みしてマンツーだけ。最近他の方の騎乗を見ていてもあまり走れていないアイン。前回の事もあり自分が万全で挑みたかった。ここ最近ずっと続いている左腰の軽い痛みに不安があったが、それとは別に右の鐙がしっかり踏めていない。馬の左側に乗っているのかも。

この日のレッスンのメインはまっすぐ走らせるためのトレーニング。アインの首を外に向かせたまま蹄跡より内側を走らせる様にしじされる。これは外方の手と脚を意識して使える様にするためのトレーニング。左手前の時に特にアインは外側に逃げやすいから知らずに内方手綱が強くなりやすい事の矯正。しかし、実はそうではなく単純に左の方が手も脚も強いのが原因である事が判明。次回からはこちらの矯正をメインに首外も続けていく予定。バランスは思った程悪くなかった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キックボクシングを始めて

2017-12-10 23:43:17 | キックボクシング
2か月経過した。下半身の引き締めは順調に進んでいるけれど、上半身はまだまだダメだね。

12月10日の練習で3か月目に突入。と言っても回数から言えば、11回目でしかも内容的にはボクササイズな訳で。体験と1回目は1R途中で膝に手を当て呼吸する過呼吸一歩手前。ここまで落ちたかと我ながら愕然とするレベル。それからここ迄はフォームなどはさて置き、心肺機能を高めるトレーニングをして頂いていて当分続くのだと思う。と言うのも、ラウンド開始後はひたすらキック中心でいきなり左右20発ずつなどという日もあった。身体の筋肉の70%は脚にあり、それらを稼働させるには大量の酸素が必要なので心拍数が急上昇するが、心肺機能が追い付いていないから酸欠状態に陥る。ここから如何に粘るかが根性の見せ所で、力が入らなくても兎に角手と脚を出し続ける。自主トレでは絶対に届かない部分だな。その甲斐あって少し伸びてきたように思う。

と同時に乗馬もそうだが、自分の姿を見るのも凄く大事。ジムにも馬場にも大きな鏡があるのはそういう意味も有るのだと思う。。でも、最も悪い所が出やすいミット打ちやスパーリング、競技中の騎乗などは自分で見られないから動画で残しておくのは勉強になる。動画の撮影は3か月に1回位で良いかなぁと思ったけれど、会長からは月1で見る事を勧められた。ガードの事など意識に植え込む事にもとても有用だそうだ。



実際に見てみると、頭の中ではもう少しカッコ良くやれていると思っていたけれど酷いものだ(-_-;)先ず目に付くのは構えを解き過ぎる事でこれは直したい。キック、パンチは今は一発一発全力で行く事にしているので、後半のフォームの乱れやスピードの低下には目を瞑るとしても、もう少し回転と腕の伸びがある(肩が入る)と良いかなと思う。疲れてくると完全に手打ちになっていて、特に最後のワンツーは終わった後にすぐ歩けるならもうひと頑張り出来たはず。やはりど根性なのだ!

※根性とは

1 その人の本来的に持っている性質。しょうね。また、あるものに特有の性質。「根性の腐った奴」「島国根性」「やじ馬根性」
2 物事をあくまでやりとおす、たくましい精神。気力。「根性のある人」「見上げた根性の持ち主」

根性という言葉を2度つかってみたけれど、やはり良い響きだ。でも忌み嫌う人もいるのだけれどなんでだろう?メンタルという言葉をに置き換えれば良いのか?言い始めたのはメディアだよね?根性論と言って馬鹿にする割には、メンタルが~と言うのを聞いていると笑ってしまう。まぁ、どちらでも良いけれど、スポ根世代の自分にはこの方がやるぞーと思える。あぁ、言われて傷つくのは、メンタル弱ぁよりもこの根性なし!の方か?そういう事?(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クレイン千葉富里諸々&with Ein in Quadrille 2nd

2017-12-05 11:56:15 | 乗馬
朝6時半にクレイン伊奈を出発して目指したのはクレイン千葉富里。Y崎さんが先々月ここで復会したと思ったら、この日が指導員コースの入会式な目まぐるしく展開。元気君、ラスカル君に乗りたい人も居たし、自分も出てみたかったのでそれも含めての2度目の訪問。Y崎さんと近くのマックで合流して、9時前に俱楽部に移動。K子さんはラスカル君、しおりさんは元気君で初級馬場に。ここに騎乗を悩んでいたU澤さんもアーモンドチョコ君で参加。自分はサンバークレー君で初級障害に出たのだが、O保さんの言葉を借りれば『初級障害という名のベーシック障害』だった。


元気だった元気君


優等生のラスカル君


アーモンドチョコ君

非常に狭い馬場で3Dの2/3~1/2くらいかな?慣れるまでに3周掛かったけれど、まぁ何事もなく終了して良かった。騎乗後は前回行かなかった方の厩舎を見学して、既にフォローに入っているY崎さんに別れを告げて早々に次の目的地Aへ向かう。凄く良い環境にあり馬がのんびりした感じに見えるしキムキムも元気で良かった。馬達にニンジンをあげた後はここも早々に後にして一路伊奈に!毎回他クラブに行って伊奈に戻ってくると全体的な雰囲気にほっとする。性格的に小さい倶楽部は無理で;大勢の中に埋もれているのが楽だから。

急いで帰って来たのは、この日から再びカドリールが始まるから。お題は伏せておくけれど、何でも世界初の内容になるらし(笑)まだ経路も決まっていないので、暫くは試行錯誤かな。富里のY崎さんも月一位で参加予定で、来られない時はレッスン風景を動画で送り経路とイメージを掴んでもらう通信教育制も採用。これも世界初か?(笑)



ここにY崎さんとトチワカが加わる予定(^-^)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

with Ein in Intermediate Dressage & man to man

2017-11-27 08:24:12 | 乗馬
最近、好調に推移していた騎乗も一休み。中級馬場で左手前駈歩自体は着いて行けたけれどちょっとした違和感。右手前に移った時に前進気勢が強く出て抑えるのに苦心。駈歩はしたけれど不安定で、M井指導員から抑えようとして前傾してお尻が鞍の後ろに乗りブレーキが効かないと指摘を受けた。

・抑えたい時ほど身体を起こす

自分の姿勢が何時もと違う事は全く認識出来ず、駈歩で僅かに違和感を持つ程度であったが、この後のマンツーで崩壊した。

結果から言うと、この日はレッスンにならないので途中リタイア。オーバーワークによる脹脛の心配をしていたのだけれど、背筋の筋力不足による疲労で姿勢の維持が出来ない事が問題の様だ。再三前に乗る様に注意を受けるがどうにもならない。バランスが崩れているからアインも走らないどころか動かない。あぁ、これが馬場で以前の様に速くなった原因で、ちょっと前までこういう乗り方をしていたんだと納得。しかし、コース1周を2ポイントで行っただけで、ここまで引きずるとは情けない。地道にトレーニングしていくしかない。。。

この日は帰宅後妙に疲れたのでお昼食べて17時過ぎまでお昼寝。夜トレーニングしようか迷ったけれど、年だし疲労を抜くことも大事と思い40分のロードワークだけに留めた。キックボクシングで呼吸する時鼻呼吸にする様に指導を受けるが、元々鼻が悪く口呼吸で息が荒い自分はミット打ちで直ぐに口が開く。鼻呼吸に慣れるために口を閉じて走る様にアドバイスを受けてその通りにしているが、鼻息が荒いのでコッソリ暗い夜道を走っているのだが慣れればスマートに呼吸出来るようになるのであろうか?意外に呼吸の荒さがコップレックスだったりするから効果があれば良いのだが。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Junping circuit 2017 3rd stage

2017-11-23 22:11:53 | 乗馬部内競技 障害
前日北海道旅行から帰って来て、本日5時起きの上雨模様。でも、ここの所の好調さが実戦でのどの立ち位置なのかを見極めるのに絶好の条件。バランス感覚が何処まで向上しているのか、足を滑らせ易いアインにとってはより悪い条件。走行結果は、2反抗ありながらも完走。N山指導員の下乗りを見ていても第一障害が鬼門。引き継ぐ時も第一障害気を付ける様に言われたけれど、力不足で分かっていてもやられた。。。第五障害での反抗は自分の誘導ミス。その理由が分かっているから、これはOKとしておこう。

良かった点

・コースの大半を2ポイントで走破出来たこと
・結果アインがバランスを崩すこともなかった

悪かった点

・飛越の時に相変わらず手を引き込む癖が出ていたこと

N本指導員にも報告。気にかけてもらえていて嬉しい。自分で思っていたよりもやれた感があり、想定していた到達点は越える事が出来たのでこのまま伸ばせて行ければ良いと思う。夜、キックボクシングのトレーニングで40分強のロードワークに出たら途中で脹脛が痛くなった。2ポイントのダメージだろうけど、裏を返せば筋トレの効果も出始めている証拠だ。その後はシャドー3R、サンドバック打ち3R、仮想ミット打ち2Rと例のスクワット10種×10(やるつもりなかったけれど、K子さんに付き合って)とやって脹脛の痛みが悪化。日曜までに回復しないとやばい。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加