Secret Box of OZ

美味しいもの、楽しいこと、面白いこと、綺麗になれそうなもの、そして黒猫とロシアンブルーの2匹の保護猫のことなど...

「マヌカハニーについて学ぶ体験会」に行ってきました♪ その3

2012-04-08 |  お出かけ・キャンペーン・探検
ブロぐるめ!さんとメディカルインキュベーションシステム社さんとのイベント、
「マヌカハニーについて学ぶ体験会」その3です。

 その1はこちら→
 その2はこちら→

その2では、味や色では間違いのない「UMFマヌカハニー」を
選択することはとても難しいと言うことが分かりました。

メローラ以外では他の5つのマヌカハニーを比べたのですが、
マヌカハニーの品質を保つには実は遮光できる容器であるかどうかも
大事な要素だそうです。



瓶の写真を見て頂くと分かるとおり、
B社とD社は遮光性のない瓶です。

D社のものはもともとUMF値を謳わないものなのでいいのですが、
B社のものはUMF値を謳っているので、
またマヌカハニーの賞味期限は数年(私の持っているものはどちらも5年)ですから
できるだけ品質保持が可能な状態で売るほうが親切なわけですから
遮光瓶の製品のほうが親切ですよね。


ところでこの「UMFマヌカハニー」と
薬剤師さんを派遣したりするメディカルインキュベーションシステム社との関係は?
と言うことになるわけですが、偽物も多い中、
(偽物も、故意の混入もあれば、輸送中の管理の悪さもありますが)
きちんと品質管理をして、食べ物としてではなく、
民間薬のような使い方を正しく伝えて使ってもらえるようにしたい、
そのために自社の薬局でメローラを販売することになったそうです。



ニュージーランドでは、一家の救急箱に入っているような
「UMFマヌカハニー」、私はなかなか治らず、
ぜんそく様の咳の発作まで出ていた風邪を治すために
一日1回~2回、スプーンにとって舐めていましたが、
ほかには口内炎に毎日少しずつ当てていたら早く治った、とか、
ニュージーランドではピロリ菌に対する働きが論文として発表されている
など、とても役に立つものなんですよ。

でも、値段は安くないわけですから、
(UMF10+で4000円前後、UMF15+で5000円前後)
ちゃんとしたUMFマヌカハニーの働きを知った上で使って欲しいそうです。

ニュージーランドではパンに付けたり、ドリンクに入れたり、
なんて普通の蜂蜜と同じように使っちゃったら怒られちゃうとか。
それくらい大事なものなんですね。

だから、きちんと製品の出元までたどれるトレーサビリティや、
徹底した輸送時や商品管理などの品質管理の徹底、
薬剤師がきちんと説明すると言うことも含めて
きちんとメディカルインキュベーションシステム社が行っていきたい、
ということでした。

4月中旬からグループ内の薬局で扱うようになるそうですよ。



ところで、もともと「UMFマヌカハニー」は
美味しく食べる、と言うことが第一目的ではないのですが、
せっかくのブロぐるめ!さんのイベント。
按田優子さんプロデュースで
美味しいお料理も食べさせて頂きました。

ということで、今日はここまで♪



読んでくれてありがとう
↓ポチっと押して応援してくれると嬉しいな。

  ブログランキング・にほんブログ村へ
   

携帯からはこちら↓
人気ブログランキング
にほんブログ村
ジャンル:
きいて!きいて!
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「マヌカハニーについて学ぶ... | TOP | もやし1kg 100円ナリ♪ »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。