日々Change。今日の怒りも、恐れも、悲しみも、明日は夢と希望と喜びに。

少々高くても、日本の商品を買いましょう。力を合わせて日本の復興のために。

U-19アジア選手権 vs イエメン。日本の悪い見本のような試合。

2016-10-17 23:52:08 | ガンバ大阪・日本代表、がんばれ!
ガンバ大阪のルヴァン杯の試合を見た後、
U-19のイエメン戦を見た。

このCグループでは一番格下らしいイエメン戦。
ほとんど日本がボールキープをしていたが、内容はひどい。
若い19才のチームがベテランだらけのチームに見える。

バックパスとバックでのパス回しの連続。

ボールキープ率の高さも、華麗な?パスワークも、
単にイエメンが取りに来ないからバックでキープ率が高い?

日本は散々後ろで回した後、フリーの中盤選手に縦パス、
イエメンが守備的なんで、この辺では厳しくチェックしてくる。
そこで、あきらめてまたバックパス。

何でこの年代でこんな試合運びを。

たまにイエメンが高い位置でボール奪取に来る。
パス回しを続けていて緩慢になるところを
イエメンに取られそうになる。
ここで取られれば、即、ゴールゾーンだ。

いつもガンバ大阪で僕が批判するシーンだが。
何で全ての年代で日本チームはこの悪しきやり方を
当たり前のようにするのか、いつからするようになったのか。

結果は3点とって勝ったものの、
この後、強豪との対戦になるとこれで勝てるのか、
仮に負けたとしても、
配線が成長に繋がるとはとても思えない試合運び。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« つくづく残念だ。ガンバ大阪... | トップ | 平尾誠二さんの死はあまりに... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。