●○-風吹く街で-○●

簸川平野のど真ん中「風吹く街で...」持病を乗り越えつつ、恵みに生かされてるクリスチャンぴーちの日記です。

罪人のかしら

2017年04月22日 | 思うこと



ここ2、3日・・・なんとなく心にどんよりした雲が。

特に20日は異常な雰囲気で、テンションが下がってました。

前日の19日にちょっと大きな出来事があり、

過去と真正面から向き合わなければなりませんでしたから。

その事自体にショックを受けた訳ではないのですが、

無意識の中で、過去の影響を受けていたのか?

ホント!気持ち悪かったです。腹痛もあったからですが。




そして昨日、同じく嫌な気持ちになってたクリスチャン友達と、

お茶していろいろお話ししました。

ず~~~っと話して、三時間半!!!(笑)

イエスさまの十字架の恵みも改めて分かり、スッキリとしました。

そして帰ろうと車に乗ったら、いつもかけてる韓国語の賛美が。。。

「アボジヨ~♪・・・」(韓国語で父よと言う意味です)



あ~私には、天に父がいるんだ!

私を愛してやまない、頼りがいのある父がいる!

と嬉しくなりました。

父なる神さま、ありがとう!



狭い世界で、自分を見つめて怖くなってしまう私を憐れんでくださっている。

そうだ!私はかつて「自分は神さまが間違えて作った不良品だ」と思ってたけど、

ある人にとっては「ブラックリストNo.1」だったけど、

それでも、それでも、それでも、十字架で死んで下さるほどに愛して下さったんだ!

そう改めて思いました。




私にとっては、その人の「ブラックリスト1位」だった事が、

まだ傷となって残っているけれど、

パウロも、自分を「罪人の頭」と呼んだんですよね。

この事が、傷ではなく「神さまの憐みの象徴」となりますように。。。




1テモテへの手紙 1:15

「キリスト・イエスは、罪人を救うためにこの世に来られた」ということばは、

まことであり、そのまま受け入れるに値するものです。

私はその罪人のかしらです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イースター礼拝にて

2017年04月17日 | 家族




今日のイースター礼拝の時に、ふわっとやって来た思い。






「私には、韓国にたくさんの兄弟姉妹がいる。

そして、韓国に愛する親戚、家族がいる。

復活のイエスさまが、守られますように…。」


と言う、熱い思いが与えられ祈りました。サランヘヨ~






昨日までは、ただ娘の事が心配で朝鮮半島情勢を案じていました。

ところが、礼拝の最中にやって来た思いは、上のようなもの。

韓国には、たくさんのクリスチャンの兄弟姉妹がいるのです。

あのリバイバルの時に比べれば、若い人の数は減って来てるとはいえ、

韓国は、今でもクリスチャン国家には違いありません。

3月に韓国に行った時に出会った、娘の教会の方々。。。

30年くらい前から、日本のために祈って下さった人々、

捧げて下さった方や、労して下さった方に感謝します。





そして、次には娘の家族が目に浮かびました。

ノンクリスチャンのお義父さん・・・。

クリスチャンであるお義母さん・・・。

お姉さんご夫妻と息子のセヒョン・・・。

もう私の愛する大切な家族なんです!





イエスさまが、太平洋に立ち上がって下さり、北朝鮮や米国、韓国を、

平和で満たして下さるようにお祈りしていました。

そして、今こそ日本の教会がとりなして祈る時なんだと。

今まで、祈られて来た分、今度は祈りを持って愛する番だと思いました。

サランヘヨ~



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

命はキリストの内に

2017年04月10日 | 教会





この三日間の間に、いっぱい祈りが聞かれたのでテンションが高かった昨日。

身体はとっても疲れていましたが、気持ちは元気いっぱいでした。

そんな日の礼拝中。




「つかれたなぁ~つかれたなぁ~」と心の中で祈っていたら、

ふと、昔とても高ぶっていた頃の私が一瞬思い浮かびました。

あ、、、高ぶりの誘惑・・・(-_-;)

物事が上手く行っているときの私。。。

娘も幸せそうだし、私も幸せだし・・・いろんな事が恵まれている。

でも、そんな一瞬に、次に御言葉が来ました。

「あなたの命は、キリストの内に隠されている・・・。」と。

うん、そうそう古い私はもう死んでいる。

そして新しい私は、キリストと共に生きている。

私は、自分の力で罪と戦う必要はないし、イエスさまの中で休もう!




「あなたがたはすでに死んだものであって、

あなたがたのいのちは、キリストと共に神のうちに隠されているのである。」

(コロサイ3:3)





それから、礼拝中ずっと平安の中で身体は起きてても、心は休んでいました。

礼拝の中でも、神さまが教えて下さり霊的に満腹しました。

それは、イエスさまが5000人以上の給食をされた奇跡からのお話しでした。

「イエスさま、もういっぱいです!たくさん食べました。満腹です~!(*´▽`*)」

その溢れ出たたくさんのモノを、周りの人たちと分かち合いたいと思います。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

真の礼拝者

2017年04月06日 | 思うこと





このところ、ひと月くらい毎日バタバタしていて疲れてしまいました。

それもあってか、今週の日曜には礼拝をお休みしました。

日曜の朝には、嫌な気分が抜けなくて、思い切って休むことにしました。

ただ、以前なら「教会を休む」って事だけで(理由は関係なく)、

良心が咎めて、次の日には更に具合が悪くなるパターンがしばしば。

でも、この良心は私のためにある愛ある良心ではなく、

過去の自分が複雑に絡み合った、所謂押し付けられた良心です。

なぜなら、時々咎めなくていい事までも咎めが来るからです。

例えば、私とは関係ない人の事についてまで咎めたりします。

なので、この良いと思われる「良心」さえ聖められなければならないようです。





しかし、今回お休みした事については、良心は過剰反応しなかったのか?

次の日には、また元気になってバタバタしてました。

そして昨日…久しぶりの友達とお茶して楽しくいろいろ話した後で、

帰ってから買い物に行って、花を植えて、お風呂掃除をしてから横になったら、

「つっつかれたーーー(_ _).。o○…

休ませて下さい…」

と、心の奥底が叫んでいました。

でも次の日にも、私は予定を入れていました。

大切な人と会うんだから絶対に「いい事」だと思って。





しかし、今朝起きたら疲れで頭痛はするし、身体中は痛いし予定はキャンセルしました。

そして心の本心から祈りました。

「イエスさま、疲れました。

ごめんなさい。疲れました。」


すると、神さまはこんな風に言っておられるように感じました。

「わたしは、真の礼拝者を求めているよ。

ヤコブが杖に寄りかかってわたしを礼拝したように、

真の礼拝者を求めている。」と。



「信仰によって、ヤコブは死のまぎわに、ヨセフの子らをひとりびとり祝福し、

そしてそのつえのかしらによりかかって礼拝した。

‭‭(ヘブル人への手紙‬ ‭11:21‬ ‭)




私は、自分の基準で「いい事」と思われることをやってた時に、


(もちろん、その事自体は大事なことだったと思います)


イエスさまは、真の礼拝者を求めておられたのです。


今、主を礼拝します!



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

神さまの手作りの「和解」

2017年03月25日 | 思うこと


神さまに従っているなら、必ずどこかで誰かと「和解」する必要を感じると思います。

誰かとだったり、自分とだったり、過去の出来事とだったりします。

しかし、その時に真面目なクリスチャンであればあるほど、

「和解しなくちゃ!」モードになると思います。

あの出来事では、あの人を傷つけたし自分も傷ついたし、

これを放って置いてはいけないと、迫られてしまいます。

でも、放って置いてもいい期間があります。

(誤解を与える言葉かもしれませんが)

自分が、本心から(心の奥底から)傷が癒されている訳ではないのに、

「和解」を優先させようとすると、かえって相手を更に傷つけることにもなりかねません。

敢えて相手に何も言わない…と言う和解もあります。

(いつの日か?その時が来るかもしれません)

「和解」自体が、神さまからのプレゼントであり、恵みだからです。




ヤコブがお兄さんエサウと和解しようとした時が、正にそうです。

自分の力と策略で、和解を押し進めようとして、多くの贈り物を先に持って行き、

部隊を分けて、自分は最後に行こうと考えました。

しかし、これはヤコブの考えた「和解」でした。

神さまの方法は、全く違いました。

ヤコブと戦い、足の付け根を打ち、弱くして自我(ここでは自分の方法)を、

打ち砕き、全面的に神さまに頼るしかないように導かれました。

そう!神さまにだけしか頼れない!

この状況こそが、神さまの手作りの和解の始まりです。

そして、足を引きずりながらエサウに会いに行きました。

もう、自分を守るものは何もありません。

裸です!(まな板の鯉のような感じ)



すると、エサウの方から駆け寄って来て抱き合うことが出来ました。

これこそ、神さまの方法です!

神さまの手作りの「和解」なんです。

この兄弟が抱き合う姿は、とても美しい情景です。

神さまがセッティングされたからです。

神さまの方法は、卒がなく流れるように美しい!

そして、この和解は神さまの栄光になりました。

「なんて神さまって素晴らしい!」と思いますね。



ですから、私たちが自分の方法や計画で和解を作り上げる必要はありません。

神さまに信頼して、その一番いい時を待ち、へりくだって委ねる。

もちろん、その待つ信仰やへりくだりも神さまが下さいます。

人間の汚れた手で、神さまの和解の御業を汚してはならないのです。

侵してはならない領域が、この和解の御業でもあります。



それだけに「和解」の恵みを頂くことが出来た時には、私たちは更に自由になり、

幸せな歩みが出来ると思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

覆うように愛しなさい!

2017年03月13日 | 思うこと





(伝道者の書7:16)

あなたは義に過ぎてはならない。





先日、あるクリスチャンの友達が、

ノンクリスチャンのAさんについて言いました。

「Aさんは、因習の深い地域に住んでおられるからイエスさまを信じるのは難しいと思ったけど、

はっきりモノを言う人みたいだから大丈夫かもしれない。」と。

私は、その言葉を聞いて「義憤」を持ちました。

いやいや、因習の深いところに住んでいる人でも、神さまは救うことが出来るよ!

それどころか、イスラムからでも仏教のお寺の息子さんでも、ヤクザでも、

神さまは救うことが出来るんだから!

それに、はっきりモノを言う人が救われる訳ではなく、言えない人でも救われるよ!

イエスさまを信じれば良いんだから。。。




と、なぜ私が敏感に反応したかと言うと、以前にも同じような言葉を聞いたからです。


数年前にBさんが洗礼を受けられたのですが、その後しばらくして教会に来られなくなりました。

そのBさんについて、彼女は言ったんです。

「Bさんは、最初から教会には好意的じゃなかったからダメだと思っていたよ。」と。

いやいや、私たちの大先輩であるパウロは、教会が大嫌いで迫害してたじゃん!

あなたは「神」ですか!!!

と、凄い腹が立ちました。



とは言っても、彼女は悪い人ではなく、どちらかと言うと良い人なので、

私も、いくら腹が立っても、「義憤」だと思っても怒った訳ではありません。

「あの人は、救われるとか救われないとかは、言わない方がいいよ。」と言っただけです。




人間的に良い人でも、心のうちに「自分が神」になる性質(罪の性質)を持っているんですね。

私は、「我」が強くて、自分勝手なタイプだったので、その性質は分かりやすかったのですが、

人間的に優しい人や穏やかな人は、それに気づきにくいかもしれません。




次の日の朝。

お祈りしようと座った時、神さまが私にちょっと教えられたっぽい。

「たとえ、あなたが正しくても、『義』をもって人に接してはいけないよ。

ただ覆うように愛しなさい」・・・と。




その友達の言葉には同意しないけど、覆うように祈り、愛そうと決心しました。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

弱さの中にある恵み

2017年02月23日 | 思うこと



ある時、友達が言いました。

「わたしは、とっても心が弱いので強くして下さいと祈っているよ。」と。

私はその時、ただ聞いてただけでしたが、心の中で思っていました。

「神さまは、その祈り通りには応えて下さらないだろうな・・・」と。



いえいえ、神さまを信じていない訳ではありませんよ。

イエスさまは、私たちのどんな心の病いや病気も癒す力があります。

ただ、心を強くすることによって私たちを祝福される訳ではないんです。

逆です!

私たちが「もう自分では何も出来ないし、全く弱い者だ。」

と分かるまでは「弱さ」の中に閉じ込めておられることがあります。

弱い弱い!と言っている時でも、私たちはとても強いからです。

自分の力で何とかしようとしていて、いろんな策略?を考えています。

「こうしたら上手く行くかもしれない。」

「この方法が良いかもしれない。」などです。

一つ一つは悪い事ではないですし、時にはむしろ良い事に見えますが、

神さまが目指しておられる事は、そのような何かではなく、

「ただ、全面的に全て神さまにだけ!頼るように」と言うところです。




私は、かつてイエスさまを信じていても安らぎや喜びがなくなっていました。

信仰が何かも分からなくて、完全に迷い出て来てました。

もちろん、イエスさまが救い主だって事は信じてました。

ただ、「全てを神さまに委ねる」と言う事が分からなくて、

ひたすら頑張って祈ったり、聖書を読んだり、信仰書を読んでみました。

ところが何をしても満たされない所か、どんどん混乱してしまいました。

よく夫が、「そんな複雑な事じゃないよ、イエスさまに信頼してたらいいよ」

と言っていたものでしたが、どうすれば信頼した事になるのかが分からないのです。




その後、神さまは私の人生をいろいろな意味でドン底に落とされました。

もう私には何の希望もなく、生きる意欲もありませんでした。

私はクリスチャンとしても最低だし、人間としても最悪だと思いました。

そんなある日…ふと窓越しに西の空の夕焼けを見ていたら、

「わたし…愛されているような気がする…。」と思ったのです。

その時には、わたしは自分の人生の全てを、神さまに委ねていました。

委ねようと思った訳ではありませんし、信頼していますと祈った訳でもありません。

そうするしか他になかったのです。

私は、いろんな出来事を通して打たれ「弱くされた」のです。

弱さの中にいたら、不思議と信仰が湧いて来たようなのです。




それまでは、物事が上手く行くと高ぶり、失敗すると落ち込み、

謙遜になることなど絶対に出来ませんでした。

でも、謙遜でいることが普通になったのです。

努力して得たのではなく、打たれて弱くなって謙遜を頂きました。

そしてそこから少しずつ神さまの恵みが分かるようになりました。

私が弱くされた事は、私にとって幸せでした。

それによって、私は自分(自我)から自由にされたのですから。

もう、「弱い弱い!」とか「ダメだ!」などとは言いません。

そんなのは当然だからです。だから神さまに頼るのですから。




何と言っても、私にとって(神さまにとってもでしょうが)、

一番厄介だったのは、「わたしの固い自我」でした。

私の問題は、自分が「弱い」ことではなく、とてつもなく「強い」ことでした。

ですから神さまは長い時間をかけて、私を弱くして下さったんです。

それは、本当に感謝なことでした。

今もまだ少しずつ砕こうとして下さっていますので、

ゆっくりと神さまに着いて行こうと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あなたの罪は赦された

2017年02月11日 | 思うこと





ふと、私がクリスチャンになった頃のことを思い出しました。

初めて教会に行ってから、一月ほど経った時に「特別集会」がありました。

宣教師の先生をお招きしての集会でした。

私は、聖書のお話しを「とても信じられない!」と思いつつも「信じたい!」

と、心から思っていました。

その時に語られた「信じない者にならないで、信じる者になりなさい」(ヨハネによる福音書20:27)

との聖書の言葉で「信じてみよう!」と決心しました。




さて、次の日の朝…

私は、自分はクリスチャンになったのかな?と思っていました。

そして、いつものように朝ごはんを食べていて、

振り返ってお醤油を取ろうとした時、心の声がしました。

「あなたの罪は赦された…」

ん?何だろ?さっきのは何だろ?

すると急に溢れんばかりの喜びがドバーッと来て、

嬉しくて嬉しくてたまらなくなり、急いで教会に行きました。

平日だったので、伝道師の先生しかおられなかったのですが、

とても喜んで下さいました。




ですが、最近まで「あなたの罪は赦された」にはあまり気を留めていませんでした。

ふと考えてみると、その時私は罪に苦しんでいたつもりはなく、

赦されたい!と思っていた訳でもありませんでした。

ただ、自分も他人も人間は汚い者だと思ってはいましたし、

それと同時に理想主義者でもあったので、本物の愛とか清さに憧れていました。



本当の私の問題は、私の内にある罪だとは知りませんでした。

しかし神さまはご存じだったので、私に「あなたの罪は赦された」

と声をかけて下さったんだと思います。

罪が赦されることの大きな恵みは、後になってみると、

とても幸せなことで、身に余る光栄なことだと分かります。

そして、私の罪が赦されるためには、

イエスさまがどんなに大きな犠牲を払って下さったか?

ってことが、本当の意味で有り難くて有り難くて!たまりません。

十字架で見捨てられて下さったイエスさまの愛によって、私は引き上げられたんです。




イエスさまの十字架の上での、

「わが神、わが神、どうしてわたしをお見捨てになったのですか」(マルコによる福音書15:34)

と言う言葉を、敗北宣言だと言う人たちがいますが、

イエスさまが私を救うためには、父なる神さまに見捨てられなければならなかったんです。

本来ならは、罪深い私が捨てられて当然でした。

ここに身代わりの死があります。身代わりの愛があります。



そして、3日目に蘇られました。私が「義」とされるためです。

赦されただけでもありがたいのに、「義」を頂きました。

今の幸せの全ては、イエスさまの十字架の愛の故です。

感謝です(^-^)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

悔い改めの祈り

2017年02月09日 | こころの健康



こんにちは〜^_^

雨です!

雪でなくて良かったー




朝から元気に仕入れに向かって走ってた時に、

私が知り合いのある人に対して、優しくないって気づきました。

「あーもっと優しく話した方がいいのにな〜」と思って、

車の中で、お祈りしました。

「〇〇さんに対して、優しくなかった事をごめんなさい。」

ところがお祈りしても、なぜか?スッキリしません。なぜだろう?

何回かお祈りしたら、ハタと違うことに気づきました。



そうだ!ずっ〜と前のことだけど私は、〇〇さんを許してなかったと。

もちろん、憎んでいた訳じゃないし、仲が悪い訳でもないです。

尊敬もしているし、良いところも十分理解しています。

なるほどー心から許してないから、ちょっとした時に優しく出来ないんだな。

と気づいたので、今度は「許します」ってお祈りしました。




神さまと共に歩むと、時にこんなことを教えられる事がありますね。

自分には痛いことですが、少しでも成長したいなら避けられません。

私がその方のことを、いきなり熱く愛したり出来ないですけど、

今度会った時には、神さまの愛が注がれると信じて歩みます。

毎日、イエスさまの十字架の愛が必要です。

この許しの恵みがあるからこそ、私は生きていけます。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

過去との対峙

2017年01月23日 | こころの健康





さっき、アメリカのドラマを観て思った事を書いておきます。

ある帰還兵がPTSDを患っていて、一向に良くならないのです。

自分が狙われていると思い込んでいるので、攻撃しようとするのです。

脳波やカウンセリングでも、余計に不安定になるので、

主人公は、その元兵士が戦場であった出来事を、何か隠していると思い、

戦場をCGで再現して、探ろうとしていました。



ですが帰還兵は、ウソをついている訳ではなく、記憶に蓋をしていたんです。

思い出している内に、とても辛くなって何度も投げ出そうとしますが、

それでは、患者として病院に隔離されるだけなので、

主人公は、なるべく彼の真相を知ろうと戦友に聞くなどして努力します。

すると、隠されてた真実に蓋がしてあると分かり、勇気を持って開けてみると、

彼が思っていた事とは違う事実が判明したんです。

上官が、彼の弱さに乗じて嘘を信じ込ませていたのでした。

そしてドラマの中では、彼の病気は良くなるのですが…。




私たちは他者から悪意を持って、あるいは悪意はなくても、

事実を曲げられて、信じ込まされることがあります。

そこに傷があると、見たくないので癒されないまま蓋をしてしまいます。

ところが、蓋の下では傷から血が流れていて傷口が膿み、

どんどん表面にも、その弊害が現れて来ることがあります。(ドラマ程酷くなくても)




そんな時に、しばらくは見ないようにしてそっとして置く場合もありますが、

勇気を持って対峙して、真実を正面から見ることによって、

傷が癒される事もあるようです。

その「時」と、「方法」は人によって違うので一概には言えませんが、

時として、神さまが摂理の中で過去を思い出すきっかけを下さるようです。

「忘れてたけど、あの時とても辛かった!」とか。

「そう言えばあの時、こんな嫌な事があった!」

「今だから言えるけど、意味が分からなくて誤解され悔しかった!」とか。

「あの時は、自分が悪いと言われたから、そう信じたけど、

今思えば、どう考えてもその件は私は悪くなかった!」とかです。




私たちが意図した訳ではないのに、過去と向き合うチャンスが与えられるのは、

本当の意味で「自由」を体験するようにとの、神さまの御配慮だと思います。



「また真理を知るであろう。

そして真理は、あなたがたに自由を得させるであろう」。

(ヨハネによる福音書 8:32 口語訳 '55)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加