夢の途中

シングルになって夢を実現させるために日々奮闘中。。。かな♪

✳老後の心配✳

2016年10月16日 11時04分44秒 | Weblog
久しぶりに晴れた今週末。
放射冷却で、早朝の寒さは半端なかったけど。
すっかり秋めいている。

先週の平日休み明けの仕事は、なんかやたら疲労困憊だった。
何なんだろう?
単純に糖分が足りないのかな?
ダイエットしている現在、炭水化物を制限するダイエットは手っ取り早く痩せる近道だ。
仕事中は緊張しているおかげで、それほどお腹が空かないというのもある。
その日の昼食は鶏サラダと乳酸菌飲料にダークチョコ。
さすがに糖分が足りなかったかな。

脳みそを動かすエネルギーは糖分しかない。
しかしヒトを劣化させるのも糖分だ。
必要最低限の糖分を取るとなると、ほとんど体重分のグラム数(体重50kg→糖分50g)で足りるらしい。
何かのTV番組では、脳を動かすのには120gの糖分は必要だと脳外の医者が言ってたような。
どちらにしてもそんな大量ではない。
糖だって、砂糖だけが糖ではなく、果糖・乳糖・ブドウ糖などなど。
いろいろな食物に含まれているので、まったくの糖分ゼロはあり得ない。
もちろん、そうでなければ脳みそ働かないよね。
やたら糖分を控えてスタイル良くても、脳みそ働かなくては本末転倒。
正しい情報を踏まえた食育は大事だよね。

画像は、銀座ぷらちな屋おいなりさん。
ちょっと前に<マツコの知らない世界>で紹介してた。
美味しいのはもちろんのこと、一口サイズなので炭水化物でもすごく軽い。
おいなりさんが好きではない子供たちも、中に卵が入っている種類のだけは取り合って食べていた。
夏の千疋屋もそうだけど、銀座にはわりと縁があるので、たまの贅沢にまた買ってこようと思う。

<食の秋>ってことで、地元民なら時々は無性に食べたくなる<シウマイ弁当>。

大分にいる弟も、時々食べたくなると言っていた。
今は830円になってしまい、末っ子長女の学費を払い終えた私の懐では<高嶺の花>だ。
実家の母のゴチで久しぶりに食べたが、やっぱり美味しい (#^^#)♪

そして、最近 トランス脂肪酸の軽減に力を入れているセブンの<金の食パン>。

マーガリンやショートニングがトランス脂肪酸として、身体に害をなすと発表されてしばらく経つ。
ココナツオイルが良いとか何とか、だけど、それらってお高いじゃん。
私みたいな低所得者には、常時それらを使うなんてことできないよ。
なので、手の届く範囲で食べる物を選択している。
もっとも今更ってカンジだけど。
だって今までさんざんマーガリンだの菓子パンだの食べまくってたもん。
給食にだってマーガリン出てたしさ。

WHOが肥満や糖尿病の増加を防ぐために、糖類の入った飲料水に課税するとか?
日本のタバコに対する行政の基準も世界最低とか?
情報はいろいろあるけれど、国の対応を待っていたら寿命が尽きちゃう気がする。
自分の身は自分で守る。
それが民主主義・資本主義の日本での取るべき国民の姿かな?と思ったりして。

そう、先日 末っ子長女の学費を払い終えてきた私の、次の心配は<自分の老後>だ。
年金ネットで、支払われるであろう年金を算出する。
こんな額で、老後を悠々自適には暮らせない。
他に生命保険で積立もしているが、今までの未納分や年金基金など払うとかして、年金額を増やす算段をしなくては。
今まで子供たちに投資してきたために、老後の貯金はゼロに等しい。
むしろこれから老後のための貯金をしていく身だ。
有難いのは、実家が裕福?だということか。
亡くなった祖母が残してくれた資産を、せめて受け継いで次世代に繋げたい。
今は低所得者だけど、これからは成り上がっていきたいと思ってるの。
まだまだこんなもんじゃない!・・なんてね (≧▽≦)

そ言えばJも、養子として婚家に入ったけど、ちゃんと自分の力で家を建てたと自慢していた。
他人の家に入って生活するって、Jにとってはすごい圧迫感だったらしい。
確かに私が調べたJの現住所の家は、ちゃんとJの名前で地図に載ってたよ。
JにはJの苦労があったんだろうね。
そんなJと、老後は一緒にいられるんだかどうかだか、だけどね。

好天に恵まれた週末。
夜空には大きな満月が煌々と海面を照らす中、江の島の秋花火大会が開催された。
私は、またも早朝から浜松詣。
末っ子長女の学費を払い終えたばかりなので、余分な寄り道もできず、いつもより長い車中だった。
「あ!今日は江の島の花火だったっけ?」
「そうか。 じゃ帰りは混むな。」
「じゃ、早めに帰んなきゃ?」
「今の時間じゃもろ花火渋滞にハマっちゃうから、手前の駅で下すよ。」
「手前の駅!?」
「そのほうが帰るの早いし。」
はぁ~~~ 手前の駅で下されたら、交通費が余計にかかるじゃん!
・・とは口に出せない。
花火渋滞にハマって遅くなるよりはと、Jなりの気遣いなんだ。
電車で帰るのは、私なりの気遣い。
気はいくらでも遣えるけど、お金がかかるのは・・なんて、貧乏は心まで貧しくさせるぅ(´;ω;`)

ところが。
西湘に乗るあたりで、向こうに花火があがった。
「江の島の花火 始まったよ。
ちょうど見えるじゃん♪」
するとJはニヤっとして
「計算どおりでしょ。
元ホストの俺に任せてよ。
湘南流の花火見物させてやるから。」
湘南流?

聞けばJが高校生の時は、暴走族使用のクルマに彼女を乗せて西湘から江の島まで流しながら、誰がイチバン彼女に花火を楽しませられるかって競い合ったんだって。
今回なんと34年ぶりの湘南流花火見物だとか。
浜松から時間を計測してドンピシャのタイミングで西湘に出るまで、秘かにドキドキしてたらしい。
そんなの知らないよ! 私は私で、どこの駅で下されるんだかモヤモヤしてたんだもん。
ほんとサプライズ好きのJだよ。

・・てことで、134号線を花火渋滞にハマリながら江の島花火を満喫。
途中 防砂林で見えない部分とかあったりしたけど、ちょうど視界が開けたあたりで花火大会のフィナーレ✳
湘南流花火見物は大成功で、ご満悦のJだった。
青春アゲインだね♪

実は、この日はスマホを自宅に忘れてしまって。
秋晴れにすっきり見えた富士山も、箱根峠で見た大きな満月も、江の島花火のフィナーレも、全部 心のアルバムにしか収められなかったの。
残念だったなぁ。
でも秋はこれから。
今年の秋は短いようなことをNEWSで言ってたし、これからいっぱい思い出を増やそうと思う。
その前に、早くフトコロ暖かくならないかなぁ。。。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最後の学費を支払う☆ | トップ | 赤ちゃんの匂い。。。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。