平和を叶える同好会


世界のどこかで今日も戦争で多くの人が犠牲になってる。
戦争の悲惨さ、平和の大切さを考え
実践していくブログ

トルーマン元大統領の孫「核廃絶の手段言及に期待」(16/05/12)

2017年07月14日 | 平和とは何か?


トルーマン元大統領の孫「核廃絶の手段言及に期待」(16/05/12)

 

広島と長崎に原爆を落とすように命令を下したトルーマン大統領

当時、アメリカは戦争を終わらせるために日本に原爆を落としたと言いますが

この原爆によって命を落とした人たち、原爆の後遺症で苦しむ人たちの

ことを考えると、どうしてもアメリカの勝手な行為だとしか言えません。

 

それでも、こうしてトルーマン大統領の孫が、

もう核が戦争兵器として使用されないよう

言及してくださったのは、とても大きなことだと思います。

 

核兵器は人類にとって、大変危険なものであり、必要のないものです。

 

世界から核兵器がなくなるように、今日も願います。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国連本部で広島市長 核廃絶... | トップ | 「ヒバクシャ国際署名」を盛... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。