「 九州 ・ 沖縄 ぐるっと探訪 」

九州・沖縄・山口を中心としたグスク(城)、灯台、石橋、、文化財および近代土木遺産をめぐる。

ゆいレール  ・  県庁前駅 ⇒ 美栄橋駅 「 ちんぬくじゅうしい 」

2016-12-20 16:55:45 | ゆいレール



美栄橋駅









駅の名の通り、駅の下には 「 美栄橋 」 が架かる








美栄橋が架かる久茂地川








駅を降りるとジュンク堂が目の前にある








※ 動画を再生すると車内メロディーの「ちんぬくじゅうしい」が聴けます。





県庁前駅 ⇒ 美栄橋駅の間に流れる車内メロディーは、「ちんぬくじゅうしい」で、
沖縄で「芋ぞうすい」のことである。



「 ちんぬくじゅうしい 」


 あんまーたむのー きぶとんどー
 煙ぬきぶさぬ 涙そうそう
 ヨイシーヨイシー 泣くなよー
 今日ぬ夕飯 何やがてー
 ちちん ちんぬく じゅうしいめー


 父が畑から 戻みそち
 シブイに チンクヮー チデークニ
 クーチンムぬ 煮とんどー
 豆腐臼ぬ 廻とんどー
 くんくん くんすう 七まかい


 爺バーキや 荒バーキー
 スルガー ニクブク サギジョーキー
 やふぁら来から うさぎりよー
 爺白髪ぬ美(ちゅ)らむんやー
 トートー トーカチ 大祝事


 三郎まぶやー 落とぅちゃくとぅ
 前田ぬハーメーが アートートゥ
 花米一粒に 酒一盃
 三本線香とぅ 塩小
 トートゥ トートゥ アートートゥ



  「 対 訳 」


 母ちゃん薪が煙ってるよ
 煙くて 煙くて 涙がぽろぽろ
 ヨシヨシ泣かないで
 今日の夕ごはん何かな
 ちんぬくじゅうしい(芋ぞうすい)だよ


 父ちゃんが 畑から帰って来るよ
 冬瓜 かぼちゃ にんじん
 ほかほか芋が煮えているよ
 豆腐臼が廻っている
 豆腐汁を七回もおかわりだ


 お爺さんの作るカゴは目の粗いカゴ
 シュロのみのと 敷物と 下げカゴ
 柔らかい米から 召し上がれ
 お爺さんの白髪の美しいこと
 米寿のお祝いですね


 三郎が魂を落としたから
 前田のおばあさんが拝んでいます
 花米一粒 酒一杯
 お線香三本 それにお塩
 とーとー とーとー あーとーとぅ




この唄は、沖縄庶民の原風景を彷彿させる 「 わらべ唄 」 である。
歌の歴史は意外に浅く、1968年ごろに作られたもので、
里芋、瓜類、豆腐、竹かごの民具など、
民間信仰が平易につづられ、郷愁をさそう。

個人的に一番利用する駅がこの 「 美栄橋駅 」 である。
沖映通りを通ってパラダイス通りや国際通り、
あるいは、 「 とまりん 」 へと歩いて行く。
そこへ行くまでのアクセスというか、
情景が好きでよく利用している。


『沖縄県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 長崎県平戸市根獅子  「 ... | トップ | 「 そっと手で触れた 」 ... »

関連するみんなの記事