「 九州 ・ 沖縄 ぐるっと探訪 」

九州・沖縄・山口を中心としたグスク(城)、灯台、石橋、、文化財および近代土木遺産をめぐる。

福岡県筑前町  「 仙道古墳 」

2017-02-09 09:29:29 | 古墳・ 遺跡











































国指定史跡の仙道古墳は、
6世紀の2段築成の円墳で石室の幾何学文の装飾を持つ
2重の周溝を持つ2段築成の円墳ある。

径49m、墳丘 ( ふんきゅう ) 径35m、
高さは復元前2.5mを測る。
内部主体は、複室の横穴式石室で玄室の腰石部のみ残っていた。
残存している石室の全面に赤・緑色で、
〇・◎・△の幾何学文 ( きかがくもん ) の装飾が施されている。
また、墳丘や周溝から盾持武人 ( たてもちぶじん ) 埴輪などの形象埴輪や
円筒埴輪・朝顔形円筒埴輪・柵形円筒埴輪が多量に出土している。



所在地  / 福岡県筑前町久光111-2

『福岡県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 第9位 みずがめ座 今日の... | トップ | 山口県下関市 ・ 2月9日... »