「 九州 ・ 沖縄 ぐるっと探訪 」

九州・沖縄・山口を中心としたグスク(城)、灯台、石橋、、文化財および近代土木遺産をめぐる。

大分県豊後高田市 ・ 崖に息づく 「 熊野磨崖仏 」

2016-10-19 07:27:14 |  滝 ・ 名所 ・ 神社仏閣



緑に抱かれるように構える高さ8mの 「 不動明王 」








包み込むような優しい顔をした 「 大日如来 」








それぞれの磨崖仏が左右に並ぶ







側面から見た 「 不動明王 」











鬼が一夜で築いたとされる石段を登った先に
国指定の重要文化財の熊野磨崖仏がある。
絶壁の右手に優しい表情の大日如来 ( 約6.7m ) が、
そして左手に不動明王 ( 約8m ) がそれぞれ刻まれており、
その姿は緑に抱かれて、周囲の景色に溶け込んでいる。

大きくて高いのに、上から見下ろす威圧感などまったくなく、
むしろ寛容さに抱かれ、石仏の息遣いさえ感じた。



所在地 / 大分県豊後高田市平野

営業期間
拝観 / 5月~10月   8:30~17:30
拝観 / 11月~4月   8:30~17:00

『大分県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 第3位 みずがめ座 今日の... | トップ | 久しぶりに 『 ムサシ参上... »