「 九州 ・ 沖縄 ぐるっと探訪 」

九州・沖縄・山口を中心としたグスク(城)、灯台、石橋、、文化財および近代土木遺産をめぐる。

しまんちゅをチムドンドンさせた八重山商工

2017-03-20 11:50:56 | お題
お題「春のセンバツの名勝負は?」に参加中!
















2006年に石垣島から初の甲子園出場を果たし、
春夏の甲子園を熱狂させた八重山商工野球部。
天真爛漫で豪快、それでいて脆さを併せ持った
純粋な島の子供たちの野球に多くの高校野球ファンを魅了させた。
ロッテの大嶺祐太や沖縄電力に進んだ金城長靖などの活躍が思い出される。

センバツの試合は那覇の泊港から久米島に向かうフェリーの中で観戦したが、
船内はもう、ヤンヤヤンヤの大声援だった。

それは 「 やいま ( 八重山 ) 」 という島からの快挙に
石垣島以外の多くの島の出身者が自分の島と重ね合わせた部分もあったと思う。

かつて地方競馬出身のハイセイコーやオグリキャップの活躍に
地方出身者が自分の夢や希望を馬に託し、
サクセス・ストーリー重ね合わせたのと似ているのかもしれない。


※  「 チムドンドン 」 はウチナーグチで、興奮して胸がドキドキするというような意味。

『野球』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 第5位 みずがめ座 今日の... | トップ | 長崎県宇久島  「 宇久七... »