「 九州 ・ 沖縄 ぐるっと探訪 」

九州・沖縄・山口を中心としたグスク(城)、灯台、石橋、、文化財および近代土木遺産をめぐる。

山口県下関市  「 台場鼻灯台 」

2017-12-27 11:46:09 | 山口の灯台



潮流信号所の前に立つ灯台









船上から見た台場鼻灯台の全景








台場鼻灯台は明治33年と極めて古い ( 解体前日に盗難に遭った銘板 )








キューポラ付きの灯台頂部








単閃白光で毎4秒に1閃光の灯器








円座受けの梁や窓枠はシンプルだがデザインに惹かれる








家の出入り口のように見える扉








対岸にある北九州市若松区の灯浮標と若松洞海湾口防波堤灯台






灯台表番号 / 5430
ふりがな / だいばはなとうだい
標識名称 / 台場鼻灯台
所在地 / 山口県下関市 ( 竹ノ子島台場鼻 )
北緯 / 33-56-58
東経 / 130-52-25
塗色 / 白色
灯質 / 単閃白光 毎4秒に1閃光
光度 / 実効光度 2200カンデラ 
光達距離 / 10.5海里
地上~頂部の高さ / 10.95m
平均水面上~灯火の高さ / 23.45m 
地上~灯火の高さ / 9.0m
業務開始年月日 / 昭和54年5月1日
現用灯器 / LC管制器 ( Ⅰ型 )



現在は灯台業務を廃止され、解体された灯台である。

台場鼻灯台は、彦島の先にある
「 竹ノ子島 」 の台場鼻の丘の上に立っていた灯台である。
そんな灯台は初点が明治33年とかなり古く、
昭和54年に改築されているが
随所に昔の面影を残している味のある灯台だった。


台場鼻灯台へのアクセス
台場鼻灯台へは、途中まで下関荒田防波堤灯台を参考にして頂きたい。
その荒田防波堤灯台からさらに県道250号線を
彦島西山町方面にに向かって進むと
南風泊の水産加工市場に出て、
そこからさらに真っ直ぐ進むと竹ノ子島へ渡る小さな橋がある。
そこから150mほど行くと
右側に郵便局と消防機庫があるので、
その消防機庫の前を左に入った突き当たりに見える
潮流信号機の横が灯台になる。
駐車は、消防機庫から左に入った道が私道であるため進入禁止なので
郵便局付近の広くなった路肩に駐車して歩いて灯台まで行った。


山口県下関市  「 下関荒田防波堤灯台 」

2017-11-07 18:28:59 | 山口の灯台
























































灯台表番号 / 5462
ふりがな / しものせきあらたぼうはていとうだい
標識名称 / 下関荒田防波堤灯台
所在地 / 山口県下関市 ( 下関荒田防波堤外端 )
北緯 / 33-55-32.2
東経 / 130-53-50.0
塗色 / 白色
灯質 / 単明暗緑光 明3秒暗1秒
光度 / 40カンデラ 
光達距離 / 4.0海里
地上~頂部の高さ / 9.38m
平均水面上~灯火の高さ / 12.52m 
地上~灯火の高さ / 9.15m
業務開始年月日 / 昭和49年3月26日
現用灯器 / LED灯器 ( Ⅱ型緑 )


下関荒田防波堤灯台は、福浦防波堤灯台の300mほど先にある
小倉日明行きのフェリー乗り場の防波堤の外端に立つ灯台である。
約30分おきにフェリーを受け入れる灯台として船の安全を見守っている。
そんな灯台の高さは9.4mで、
そこから単明暗緑光の灯りが明3秒、暗1秒の割合で繰り返されている。


下関荒田防波堤灯台へのアクセス
下関荒田防波堤灯台へは、途中まで
下関福浦防波堤灯台を参考にして頂きたい。
その福浦防波堤灯台から見える位置にある。
福浦防波堤入り口から約300mほど行った左側になる。
小倉日明行きフェリー乗り場が目印になる。
駐車は、フェリー乗り場の先にあるラブホテルの前の空きスペースに駐車できる。


山口県下関市  「 吉見港A防波堤灯台 」

2017-10-23 15:25:50 | 山口の灯台



高さが5.6mの灯台







昭和40年に設置、初点された灯台







防波堤入り口から見た灯台







単閃緑光で毎3秒に1閃光の灯器







円筒に直接取り付けられたハッチ







船上から見た防波堤灯台







防波堤の外端に立つ灯台の向こうに吉見港が見える







蓋井島とを結ぶ連絡線の船着場








蓋井島行きの船着場付近からの眺望








蓋井島行き渡船の待合所







吉見港の向こうに見える網代ノ鼻







国道191号線沿いにあるフィッシングパークの看板






灯台表番号 / 702
ふりがな / よしみこうえいぼうはていとうだい
標識名称 / 吉見港A防波堤灯台
所在地 / 山口県下関市 ( 吉見港A防波堤外端 )
北緯 / 34-04-00.7
東経 / 130-54-01.8
塗色 / 白色
灯質 / 単閃緑光 毎3秒に1閃光
光度 / 68カンデラ 
光達距離 / 4.5海里
地上~頂部の高さ / 5.56m
平均水面上~灯火の高さ / 6.70m 
地上~灯火の高さ / 5.6m
業務開始年月日 / 昭和40年2月2日
現用灯器 / LED灯器 ( Ⅲ型緑 )



吉見港A防波堤灯台は、北浦街道(赤間関街道)の海辺の
終わりにある港の防波堤に立つ灯台である。
この吉見港は沖に浮かぶ蓋井島への定期便(下関市営)が出ており、
島を行き来する人たちの重要な足となっている。
そんな船の安全を守る防波堤の外端に立つ灯台は、
高さが5.6mの位置から単閃緑光の灯りを毎日送り続けている。


吉見港A防波堤灯台へのアクセス
吉見港A防波堤灯台へは、国道191号線を特牛・長門方面に
下関市街地から安岡を通り、
海岸沿いの北浦街道(赤間関街道)を抜けると
信号機の横に 「 フィッシングパーク 」 の大きな看板がある。
そこから左に入った突き当りが吉見港になる。
駐車は、蓋井島行きの船着場近くの空き地に駐車できる。



山口県下関市  「 小瀬戸導灯 ( 前灯 ) 」

2017-10-18 12:15:25 | 山口の灯台



小瀬戸を見下ろす集落の入り口にある導灯








初点が昭和26年とかなり古い







集落上からの眺め








高さが8.9mの導灯








土手側に向いたハッチ部分







船上から見た小瀬戸導灯







導灯付近から見た彦島大橋





灯台表番号 / 5534
ふりがな / こせとどうとう ( ぜんとう )
標識名称 / 小瀬戸導灯 ( 前灯 )
所在地 / 山口県下関市
北緯 / 33-57-01.0
東経 / 130-54-34.8
塗色 / 白色
灯質 / 不動黄光 
光度 / 2500カンデラ 
光達距離 / 11.0海里
地上~頂部の高さ / 8.91m
平均水面上~灯火の高さ / 19.6m 
地上~灯火の高さ / 8.18m
業務開始年月日 / 昭和26年1月31日
現用灯器 / ナトリウム灯器



小瀬戸導灯(前灯)は、彦島と下関の根岳ノ鼻の間を流れる
小瀬戸に設置された導灯である。
その導灯は前後してあり、他の導灯に比べて前後の差がなく、
意外と小じんまりとした導灯である。
導灯がある集落から眺める彦島大橋は、いい雰囲気を醸し出している。


小瀬戸導灯 ( 前灯 )へのアクセス
小瀬戸導灯(前灯)へは、彦島の下関駅裏側の彦島海士郷町の
海岸沿いを湾に沿って行くと
桃先稲荷大明神が祀られている。
その前を通り過ぎると集落の入り口に導灯がある。
駐車は、道路が狭い上に空いたスペースがないので
導灯前の道路の広い場所に駐車した。


山口県下関市  「 太郎ケ瀬鼻灯台 」

2017-10-12 12:00:00 | 山口の灯台



彦島大橋の真下にひっそりとある太郎ヶ瀬鼻灯台









初点は昭和26年だが平成13年に改築されている







空を仰ぐようにある灯台







単閃白光で毎3秒に1閃光の灯器







太郎ヶ瀬鼻の岩場にある灯台







灯台へ降りる彦島大橋の下







この親柱がある付近から灯台へと降りて行く







彦島大橋の駐車場の上にある風車






灯台表番号 / 5536
ふりがな / たろうがせはなとうだい
標識名称 / 太郎ケ瀬鼻灯台
所在地 / 山口県下関市 ( 太郎ケ瀬鼻 )
北緯 / 33-57-06.9
東経 / 130-57-15.9
塗色 / 白色
灯質 / 単閃緑光 毎3秒に1閃光
光度 / 実効光度20カンデラ 
光達距離 / 閃光3.0海里
地上~頂部の高さ / 4.88m
平均水面上~灯火の高さ / 6.22m 
地上~灯火の高さ / 4.66m
業務開始年月日 / 昭和26年4月26日
現用灯器 / LED灯器 ( Ⅱ型白 )



山口県下関市  「 長府宮崎第二防波堤灯台 」

2017-09-27 11:59:05 | 山口の灯台



高さが8.3mの灯台








沖の一文字の短い防波堤の上に釣り人が群がる







手前から望遠で撮ってみる








手前に車を止めて歩いて灯台まで行く途中の景色







港の入り口からの遠望







防波堤の向こう岸にある神戸製鋼所





灯台表番号 / 5416
ふりがな / ちょうふみやざきだいにぼうはていとうだい
標識名称 / 長府宮崎第二防波堤灯台
所在地 / 山口県下関市関門港長府区 ( 長府宮崎第二防波堤北端 )
北緯 / 33-59-41.1
東経 / 130-59-50.7
塗色 / 白色
灯質 / 等明暗緑光 明3秒暗3秒
光度 / 26カンデラ 
光達距離 / 3.5海里
地上~頂部の高さ / 8.32m
平均水面上~灯火の高さ / 11.5m 
地上~灯火の高さ / 8.1m
業務開始年月日 / 昭和54年12月29日
現用灯器 / LED灯器 Ⅱ型


長府宮崎第二防波堤灯台は、下関市美術館の先にある
湾の入り口に設けられた短い防波堤の外端に立つ灯台である。
そんな短い防波堤は陸続きではないため
渡船にて上堤しなければならない。
そのため手前の防波堤からの遠望となったが、
外観と雰囲気だけは掴んでもらえたらと思っている。
また頂部にある灯器は、等明暗緑光で明3秒、暗3秒となっている。


長府宮崎第二防波堤灯台へのアクセス
長府宮崎第二防波堤灯台へは、国道9号線を下関市街地から関門橋の下を通り、
そのまま1.5キロほど進むと右手に下関市美術館がある。
そこから200mほど行くと橋が架かっており、
その橋の手前を右折して突き当りまで行くと灯台が見えるが、
そこは民家が集中している上に道路の幅が狭いので
手前の広い空き地に駐車して防波堤まで歩いて行くことをお薦めしたい。
また、車が離合できないのでくれぐれも深入りしないように。
防波堤の入り口には豊功神社がある。


山口県下関市  「 下関市あるかぽーと東防波堤灯台 」

2017-09-16 12:10:56 | 山口の灯台






































































下関市あるかぽーと東防波堤灯台は、
向かいにある下関外浜町防波堤灯台の前に立つ灯台である。
まだこの灯台の名称や設置などは許可申請中であるため一応仮称である。
灯台は外浜町が赤色に対して白をベースに
レトロな雰囲気と城下町をイメージしたデザインが洒落ている。
また、灯台へ続く防波堤の入り口には「海響館」と呼ばれる水族館があり、
時間が許せば入館をお薦めしたい。



下関市あるかぽーと東防波堤灯台へのアクセス
下関市あるかぽーと東防波堤灯台へは、
下関外浜町防波堤灯台の真ん前なので、
下関外浜町防波堤灯台を参考にしてもらいたい。
駐車も同じ場所なので下関外浜町防波堤灯台を参考にしてもらいたい。


山口県下関市  「 下関外浜町防波堤灯台 」

2017-09-11 10:15:33 | 山口の灯台



灯台の向こうに九州本土の門司区の風師山と大里地区が見える









初点は大正2年と古いが平成12年に改築されている








高さ5.4mの灯台








単閃赤光で毎4秒に1閃光の灯器








赤い円錐に箱型のボックスと白いハッチが粋である







対岸の 「 海響館 」 をバックに立つ灯台








灯台下から唐戸市場方面の眺め







下関の新鮮な魚介類が売られている 「 唐戸市場 」








多くの買い物客でごった返す市場内








いろんな食品や商品が所狭しと並んでいる







水揚げ量も豊富なだけあって値段も安い





灯台表番号 / 5425
ふりがな / しものせきそとはまちょうぼうはていとうだい
標識名称 / 下関外浜町防波堤灯台
所在地 / 山口県下関市 ( 下関外浜町防波堤外端 )
北緯 / 33-57-19.7
東経 / 130-56-42
塗色 / 赤色
灯質 / 単閃赤光 毎4秒に1閃光
光度 / 実効光度59カンデラ 
光達距離 / 4.5海里
地上~頂部の高さ / 5.39m
平均水面上~灯火の高さ / 7.89m 
地上~灯火の高さ / 5.2m
業務開始年月日 / 大正2年9月1日
現用灯器 / LED灯器 ( Ⅲ型赤 )


下関外浜町防波堤灯台は、
下関と北九州の玄関口である門司港を結ぶ渡船の桟橋や
魚介類を扱った唐戸市場に隣接した防波堤の外端に設置された灯台である。
この灯台の初点は大正2年と古く、
その昔から門司港との交流が盛んに行われていたことを伺い知ることが出来る。
現在ある灯台は平成12年に対岸のレトロブームか?
宮本武蔵の 「 武蔵ブーム 」 に合わせて改築したものと思われるが、
港の雰囲気を壊すことなく向かいにある
「 下関市あるかぽーと東防波堤灯台 」 ともども景観にマッチしてる。


下関外浜町防波堤灯台へのアクセス
下関外浜町防波堤灯台へは、途中まで下関導灯を参考にしてもらいたい。
その下関導灯から500mほど下関駅方向に向かった左側にある。
唐戸市場の正面にあるため唐戸市場を目標に行くとよい。
駐車は、唐戸市場の駐車場(有料だが30分以内は無料)が利用できる。


山口県萩市  「 萩港新漁港東防波堤灯台 」

2015-11-21 00:11:05 | 山口の灯台
































灯台表番号 / 765
ふりがな / はぎこうしんぎょこうひがしぼうはていとうだい
標識名称 / 萩港新漁港東防波堤灯台
所在地 / 山口県萩港 ( 萩港新漁港東防波堤外端 )
北緯 / 34-25-43.6
東経 / 131-24-40.2
塗色 / 白色
灯質 / 群閃緑光 毎6秒に2閃光
光度 / 実効光度 26カンデラ
光達距離 / 3.5海里
地上~頂部の高さ / 8.32m
平均水面上~灯火の高さ / 10.85m 
地上~灯火の高さ / 8.1m
業務開始年月日 / 昭和38年11月25日
現用灯器 / LED灯器 ( Ⅱ型緑 )


山口県下関市 「 角島港南防波堤灯台 」

2015-07-03 00:01:41 | 山口の灯台


















































灯台表番号 / 715.5
ふりがな / つのしまこうみなみぼうはていとうだい
標識名称 / 角島港南防波堤灯台
所在地 / 山口県下関市 ( 角島港南防波堤外端 )
北緯 / 34-20-50
東経 / 130-51-24
塗色 / 白色
灯質 / 単閃緑光 毎3秒に1閃光
光度 / 実効光度25カンデラ
光達距離 / 3.5
地上~頂部の高さ / 5.60m
平均水面上~灯火の高さ / 8.96m 
地上~灯火の高さ / 5.37m
業務開始年月日 / 平成6年12月26日
現用灯器 / LD管制器 Ⅰ型



山口県下関市 「 長門伊瀬灯台 」

2015-06-25 11:41:41 | 山口の灯台























灯台表番号 / 714
ふりがな / ながといせとうだい
標識名称 / 長門伊瀬灯台
所在地 / 山口県下関市 ( 伊瀬 )
北緯 / 34-21-43.2
東経 / 130-53-30.4
塗色 / 白色
灯質 / 単閃白光 毎3秒に1閃光
光度 / 実効光度560カンデラ
光達距離 / 8.0
地上~頂部の高さ / 13.69m
平均水面上~灯火の高さ / 18.17m 
地上~灯火の高さ / 13m
業務開始年月日 / 昭和45年3月26日
現用灯器 / LD管制器 Ⅱ型



山口県下関市 「 特牛 ( こっとい )灯台 」

2015-06-01 04:03:41 | 山口の灯台






































































































灯台表番号 / 0709 ・ F7399
ふりがな / こっといとうだい
標識名称 / 特牛灯台
所在地 / 山口県下関市 ( 特牛 )
北緯 / 34-19-08.9
東経 / 130-53-29.9
塗色 / 白色
灯質 / 単明暗白光 明6秒暗2秒
光度 / 8500カンデラ
光達距離 / 13.5
地上~頂部の高さ / 6.3m
平均水面上~灯火の高さ / 27.03m 
地上~灯火の高さ / 4.2m
業務開始年月日 / 明治45年1月15日
現用灯器 / LC管制器 Ⅱ型



山から歩いて灯台まで行くと、灯台の頭だけがちょこんと見えた。
その光景に胸が踊った。

特牛灯台は個人的にその趣や風情が好きな灯台である。
六連島灯台や樺島灯台や姫島灯台のような雰囲気を持った灯台である。


※ この灯台は眼下の岩礁を照らす照射灯を兼ね備えている親子灯台である。


山口県下関市 「 特牛港南防波堤灯台 」

2015-05-27 04:46:41 | 山口の灯台











































灯台表番号 / 708.8
ふりがな / こっといこうみなみぼうはていとうだい
標識名称 / 特牛港南防波堤灯台
所在地 / 山口県下関市 ( 特牛港南防波堤外端 )
北緯 / 34-19-05
東経 / 130-53-28
塗色 / 赤色
灯質 / 群閃赤光 毎6秒に2閃光
光度 / 実効光度63カンデラ
光達距離 / 4.5
地上~頂部の高さ / 5.56m
平均水面上~灯火の高さ / 9.22m 
地上~灯火の高さ / 5.35m
業務開始年月日 / 平成10年1月24日
現用灯器 / LED灯器( Ⅲ型赤 )


山口県下関市 「 和久港A防波堤灯台 」

2015-05-23 04:02:41 | 山口の灯台






















灯台表番号 / 708.7
ふりがな / わくこうAぼうはていとうだい
標識名称 / 和久港A防波堤灯台
所在地 / 山口県下関市 ( 和久港A防波堤外端 )
北緯 / 34-18-48
東経 / 130-53-17
塗色 / 赤色
灯質 / 単閃赤光 毎3秒に1閃光
光度 / 実効光度26カンデラ
光達距離 / 閃光3.5
地上~頂部の高さ / 9.32m
平均水面上~灯火の高さ / 13.01m 
地上~灯火の高さ / 9.1m
業務開始年月日 / 平成2年2月13日
現用灯器 / LED灯器 Ⅱ型赤



山口県下関市 「 矢玉港A防波堤灯台 」

2015-05-19 04:22:41 | 山口の灯台



防波堤の一段低い位置に設置された灯台








灯台まで100mほど歩いて行かねばならない





















灯台から見た矢玉港







防波堤の入り口にある陸軍の碑?








防波堤の入り口側の海





灯台表番号 / 707
ふりがな / やだまこうAぼうはていとうだい
標識名称 / 矢玉港A防波堤灯台
所在地 / 山口県下関市 ( 矢玉港A防波堤外端 )
北緯 / 34-16-19.1
東経 / 130-53-12.7
塗色 / 白色
灯質 / 連成不動単閃緑光 毎5秒に1閃光
光度 / 閃光実効光度480 不動光35カンデラ
光達距離 / 閃光7.5 不動光3.5
地上~頂部の高さ / 10.52m
平均水面上~灯火の高さ / 12.85m 
地上~灯火の高さ / 10.06m
業務開始年月日 / 昭和38年3月26日
現用灯器 / LC管制器Ⅱ型