「 九州 ・ 沖縄 ぐるっと探訪 」

九州・沖縄・山口を中心としたグスク(城)、灯台、石橋、、文化財および近代土木遺産をめぐる。

熊本県山都町 ・ 響け肥後の鎚音 『 通潤橋 』

2016-10-30 11:20:50 | 熊本の石橋












































橋の手前にある 「 布田保之助の像 」




















いつも訪問している方のブログから情報を頂いた番組が、
今日、午後16:05からTNCで、
「 絆を通した種山石工・橋本勘五郎 」 というタイトルで、
熊本の男と家族の物語が放送される。
熊本の石橋を代表する通潤橋の架橋に尽力を注いだ石工棟梁橋本勘五郎である。

石橋の探訪を初めるきっかけとなったのが、
10年ほど前に上益城御船支所で手に取った一冊の小冊子からである。
石橋特集だったその冊子に沢山の夢が詰まっていた。

熊本には17年間暮らしていたが、
当時は強くなることばかり考えて、石橋には目もくれなかった。
だけど、10年ほど前に小冊子に出会ってから石橋の探訪が始まった。
競輪選手時代に街道練習でいろんな山道をめぐっていたので、
かなりの土地勘も加勢して、一日20基の石橋めぐりもそんなに大変ではなかった。

石橋の探訪を初めて間もないころ、
東陽村の石匠館の近くで 「 大久保自然石橋 」 の場所を訪ねた人が、
たまたま橋本勘五郎のひ孫のよしなりさんだった。
そして橋本さんの軽トラックで石橋まで連れて行ってもらったことがある。
その車内で石橋の話を聞いたことがあるが、
晩年は 「 いかに石に形を崩さずに石を組んでいくか 」 だったという。
橋本さんとは、石橋との縁を感じる出会いだった。



所在地 / 熊本県山都町長原 ・ 城原
架橋 / 嘉永7年 ( 1854年 )
石工 / 宇市 ・ 橋本勘五郎 ・ 甚平 ら総数41名
長さ / 77.5m
幅  /  6.65m  高さ / 21.59m
■ 国指定重要文化財  ( 九州遺産 )


通潤橋は上部に3本の水道管を通し、
逆サイフォンの原理を利用して高地の白糸大地に水を送る橋で、
矢部手永の惣庄屋の布田保之助 ( ふたやすのすけ ) が
水不足に悩む住民を救うために尽力し、架橋したものである。

現在も約100ヘクタール以上の水田を潤し続けている。
今も布田保之助にまつわる話が多く残っている。
なかでも雨桶から逆サイフォンの原理を思いついた話や、
橋に最初に水を通す際に白装束姿で短刀を懐に忍ばせていた話などは有名である。
橋を眺めているとこの架橋に関わった人々の熱い思いが伝わって来るようであった。


通潤橋へのアクセス
通潤橋へは、山都町(旧・矢部町)の中心街を右に200mほど入った所にある。
駐車場は無料で約160台可能である。


石橋の宝庫 / 熊本県美里町 「 二俣橋と年祢橋 」

2015-03-20 04:44:41 | 熊本の石橋



二俣五橋と呼ばれる ( 年袮橋・新年袮橋・二俣渡・二俣福良渡・新二俣福良渡 ) で構成されている。








二俣渡橋から二俣福良渡橋を望む







二俣渡橋から年袮橋と新年袮橋を望む







二俣渡橋から二俣福良渡橋を望む







二俣渡橋に建つ路標







「 機織橋 ・ はたおりばし 」( 上流側 )







「 機織橋 ・ はたおりばし 」( 下流側 )







妙見橋






椿橋 ( つばきばし )







小筵橋 ( こむしろばし )











熊本県美里町 ( 旧中央町 ) 佐俣界隈は石橋の宝庫である。
二俣渡橋や二俣福良渡橋から年袮橋。
年袮橋のすぐ上には小筵橋が架かり、
佐俣から国道443号線に沿って流れる釈迦院川に機織橋や椿橋。
その支流にも石橋が架かる。

石橋の探訪を始めたい方はここからスタートすると
多くの石橋をめぐる事ができるので、お薦めしたいコースである。


熊本県美里町 「 妙見橋 」

2015-03-18 04:50:41 | 熊本の石橋


































以前にも紹介したことがある妙見橋。
この橋は中央砕石所と中村の間の
釈迦院川に流れ込む支流、白石野川に架かる橋で、
2枚目の写真のように斜めからのアングルしか撮れなかった。
それが河川の堰と新橋の工事で真正面から見れるようになっていた。

そうそう道路沿いにあった簡易郵便局も姿を消して、
新たに民家に横になっていた。



架橋 / 不明
石工 / 不明
長さ / 23.40m
幅  /  4.00m  高さ / 不明


妙見橋は、小筵方面からの道路と
国道443号線が交差する場所付近にある橋で、
白石野川の上に架けられている。
上流側は明治期に拡幅されており、
道路の築堤からの続きであろうが、
石橋の壁石は広く丈夫に造られている。

当時の姿のままの丸いアーチと草木が茂る石組みは懐かしさがあり、
どこかほっとする風景である。


妙見橋へのアクセス
妙見橋へは、松橋インターより国道218号線を砥用方面に向かい、
443号線を経由し、約30分。
機織橋から釈迦院方面に約1~2分で到着する。
駐車場なし。


熊本県美里町 / 二俣橋 「 自然が生み出す奇跡の光 」

2015-03-10 04:47:41 | 熊本の石橋


















若いカップルが鐘を鳴らす「 川がであい、道がであい、人がであう 」 恋人の聖地










「 愛が確かめられる 」 そんな場所・・・
そこには自然が生み出す奇跡の光がハートの形を川面に映し出す。
そんな奇跡の場所がある。

昨日も書いたが、この二俣橋はボクが石橋に興味を持って初めてめぐった石橋である。
ここから何百もの石橋めぐりがスタートした思い出の地である。
その石橋が作り出すハートの光景に心が奪われる。

この石橋では、毎年10月から2月までの午前11時過ぎから12時半にかかて、
日光が川面に指すと、その光の加減でハートが出来る。
ボクが訪れた3月8日は天気が良いこともあって、
11時15分頃にその光景を観ることが出来た。

まさに 「 奇跡の光 」 であった。



熊本県八代市泉町 「 高原橋 ( たこらばし ) 」

2015-03-03 04:20:41 | 熊本の石橋














































所在地 /  熊本県八代市泉町栗木
架橋  /  明治35年 ( 1902年 )
石工  /  田上 甚太郎
長さ  /   15.0m   幅   /    2.15m
高さ  /    4.0m  径間  /   11.90m



高原橋は、栗木川に架かる一連のアーチ石橋で、高原山法泉寺の門前にあることから、
この山号の高原から高原橋と名前が付けられたといわれている。
昔は橋の向こう側にも道があり、寺への参道橋として大いに利用されていたらしいが、
現在は雑草に覆われてその道すら確認できない。
たび重なる水害で他の橋は流されたが、
この橋だけは流されることなく当時のままの姿で残っている。


高原橋へのアクセス
高原橋へは竹の子橋から二又を左に500mほど行った上流に架かっている。
駐車は、寺の先の道の広くなった場所に駐車した。

熊本県八代市泉町 「 なかじり橋 」

2015-02-28 04:32:41 | 熊本の石橋

























所在地 /  熊本県八代市泉町下岳松の原
架橋  /  大正末期
石工  /  不明
長さ  /    5.0m  幅   /    5.0m 
高さ  /    1.8m  径間  /    3.6m



なかじり橋は国道443号線からなかじり集落へ入ったすぐの場所にあり、
上部はアスファルト、その他はコンクリートで巻かれており、
その石組みを見ることは出来ないが、
下流側から見るとそのアーチがきれいに見ることが出来る。

なかじり橋へのアクセス
なかじり橋へは、こが橋のある集落の下流側の支流に架かる橋であるため
こが橋を参考にしてもらいたい。
国道443号線からなかじり集落に入って20mくらいの場所になる。
駐車は、国道443号線沿いの集落の入り口に駐車した。


熊本県八代市泉町 「 土生谷川橋 ( つちはえたにかわばし ) 」

2015-02-24 04:46:41 | 熊本の石橋








































所在地 /  熊本県八代市泉町六地蔵
架橋  /  不明
石工  /  不明
長さ  /   不明   幅   /    不明  
高さ  /   不明  径間  /    不明


土生谷川橋は、泉第一小学校の横にある氷川に流れ込む土生谷川に架かる橋で、
現在は国道443号線の新橋がこの橋と平行して架かっている。
橋は現在も旧道として現役で利用されているが、
通路部はアスファルト、側面はコンクリート、そしてアーチ部は鉄板で覆われており、
アーチの形以外は石橋だったという昔日の面影を残していない。


土生谷川橋へのアクセス
土生谷川橋へは、国道443号線を旧・東陽村から泉村へ向かい、
国道の左側にある泉第一小学校の下 ( 正式には右横の下 ) の旧道の橋になる。
橋までは国道沿いから氷川に降りて行かねばならない。
駐車は、旧道の橋の上辺りに駐車した。


熊本県八代市泉町 「 沢無田橋 」

2015-02-21 04:28:41 | 熊本の石橋


















































所在地 /  熊本県八代市泉町沢無田
架橋  /  明治10年 ( 1877年 ) ごろ
石工  /  不明
長さ  /   20.4m   幅   /    3.5m  
高さ  /    6.5m  径間  /   18.3m

沢無田橋は国道443号線沿いの氷川に架かる橋で、
通路部の路盤がアスファルトになり、
高欄の部分がコンクリートで補強整備されており、
見た目には再生石橋のように見えるが、
橋下から覗けば当時の輪石の石組みや壁石の石積みを見ることが出来る。
架橋は明治10年になっているが、
きれいに切り揃えられた輪石を見るとそんなに古くは見えない。
そんな橋は現在も現役として活躍している。


沢無田橋へのアクセス
沢無田橋へは、八代市の宮原町から東陽村方面に国道443号線を進み、
旧・泉村の本屋敷から氷川ダム方面に約1キロほど行った右側に架かっている。
駐車は、道路の広くなった場所 ( 小さなお宮の下 ) に駐車した。



熊本県八代市 ( 旧・泉村 ) 「 本屋敷橋 」

2014-11-20 04:49:41 | 熊本の石橋



下流側から見た石橋の全景








草に覆われて輪郭がハッキリしない







上流側の輪石頂部と壁石







大きな石がある橋脚部分と輪石







橋まではこんな草むらを歩いて行かねばならない







本屋敷橋の入り口の目印となる 「 エガワハイツ 」





所在地 /  熊本県八代市泉町字本屋敷 
架橋  /  不明
石工  /  不明
長さ  /   不明   幅   /    不明  
高さ  /   不明  径間  /    不明


本屋敷橋は国道443号線の本屋敷集落の入り口から
左に山の中を150mほど進んだ場所に架かる橋で、
現在は草に覆われてその道すら探すのに困難な場所にある。
橋自体はそんなに大きくなく、アーチから通路部までの壁石の幅が厚く造られている。
壁石の割りに低いアーチはシッカリと組まれており、当時の技術の高さを思わせる。
今でこそこんな形になってしまっているが、
かつては松橋方面に通じる立派な往還だったらしい。


本屋敷橋へのアクセス
本屋敷橋へは、国道443号線を旧・東陽村から泉村に入るとすぐに本屋敷集落がある。
その集落の入り口の左側にエガワハイツがある。
その裏の小路を150mほど進んだ所になる。
駐車は、小路の入り口の広くなった場所に駐車した。


熊本県八代市 ( 旧・泉村 ) 「 こが橋 」

2014-11-08 04:53:41 | 熊本の石橋



コンクリートで巻かれて石積みは見えない








現在でも地域住民のためにバリバリの現役として活躍している








美しい弧を描いたアーチ








全面コンクリートで補強された輪石を裏側から見る








自然の岩場とコンクリート壁の間から出る橋脚








対岸の下流側からの眺望








山側にある橋梁改修記念碑






所在地 /  熊本県八代市泉町大字下岳字松の原
架橋  /  不明
石工  /  不明
長さ  /   25.8m   幅   /    3.3m  
高さ  /    8.0m  径間  /   19.9m



こが橋は旧・泉村松の原地区の氷川に架かる橋で、泉村ではもっとも大きい石橋である。
橋がある周辺が 「 こが 」 と呼ばれていたことから橋名が付いたようである。
橋の上部はアスファルト舗装がなされており、
また下部や側部ともコンクリートで覆われているため、
アーチ型はわかるが石組みの姿は見ることは出来ない。

対岸の山裾には橋梁改修記念碑が建っており、
おそらくコンクリートで補強した時に建てられたものだと思われる。
コンクリート巻きで石橋としての風情には乏しくなったが、
現在も広平地区や犬山地区への近道として地元住民に利用されている。


こが橋へのアクセス
こが橋へは、国道443号線沿いの氷川に架かっているので簡単に見つけることが出来る。
旧・東陽村から旧・泉村に入った松の原集落の右側になる。
駐車は、対岸の道路沿いの広くなった場所に駐車した。


熊本県八代市 ( 旧・泉村 ) 「 広瀬橋 」

2014-10-29 04:57:41 | 熊本の石橋



下流側から見た広瀬橋の全景








やや幅広で扁平なアーチ







輪郭は分かるものの壁石は見えない







隙間が出来た輪石の頂部裏側







径間が広い割に薄い輪石頂部







川岸から積み上げられた橋脚部分







草に覆われて遠目には石橋とは気付き難い







橋は現在でも農道として利用されている







広瀬橋の下流に架かる新しい橋





所在地 /  熊本県八代市泉町大字下岳字広平
架橋  /  江戸末期
石工  /  不明
長さ  /   13.1m   幅   /    3.1m  
高さ  /    3.5m  径間  /   10.4m


広瀬橋は氷川支流の小さな流れに架かる橋で、
やや扁平なアーチを見ることが出来る。
輪石や橋脚部の石積みはしっかりと組まれているが、
輪石の頂部裏側付近に隙間がある。
壁石や側面は草に覆われて明確な輪郭は見れないが、
橋下からの眺望は当時の姿を彷彿させていた。


広瀬橋へのアクセス
広瀬橋へは、こが橋の対岸の上流300mほどの支流に位置するため
こが橋を参考にしてもらいたい。
駐車は、橋の上の道路に駐車した。


熊本県八代市 ( 旧・泉村 ) 「 竹の子橋 」

2014-10-14 05:05:41 | 熊本の石橋



上流側から見た竹の子橋の全景








きれいに舗装されている通路部







大きさの割りには意外と厚味があるアーチ頂部







橋幅3.1mの石橋






右岸の橋台部分は自然石の上に乗っている







軍鶏 ( シャモ ) のレリーフが取り付けられた親柱







橋の袂にある「 橋の説明版 」





所在地 /  熊本県八代市泉町大字栗木字乙川 
架橋  /  大正5年~10年 ( 1916年~21年 )
石工  /  不明
長さ  /   18.3m   幅   /    3.1m  
高さ  /    6.0m  径間  /   12.4m


竹の子橋は大正時代に架けられた比較的新しい橋で、
高欄部分にガードレールが取り付けられ、
新しい橋が出来るまでは主要道路の橋として活躍していたが、
現在は通行する人もいなくなっている。
橋脚部分の輪石は測ったようにきれいに切り揃えられているが、
輪石頂部には隙間が見られた。


竹の子橋へのアクセス
竹の子橋へは、落合橋を渡って300mほど上流になるため、
途中まで落合橋を参考にしてもらいたい。
駐車は、橋の袂の広くなった場所に駐車した。


熊本県八代市 ( 旧・泉村 ) 「 糸原橋 」

2014-10-12 00:27:41 | 熊本の石橋



半円になったきれいなアーチ








下流側から見た石橋の全景








草に覆われてその輪郭が解かりづらい ( 上流側 )








下から覗けば見事なアーチが見れる








上流左岸側の壁石と輪石








自然の岩盤と一体化した橋脚基礎部分








泉中学校の上の糸原集落への入り口 ( 左側へ )








糸原橋の入り口の目印となる泉中学校








糸原集落にある集会所 ( 公民館 )








糸原地区から見た泉村方面






所在地 /  熊本県八代市泉町柿迫字糸原 
架橋  /  不明
石工  /  不明
長さ  /   6.10m   幅   /   2.15m  
高さ  /   2.70m  径間  /   4.40m


糸原橋は旧・泉村役場の上にある泉中学校から糸原方面に
約1.2キロほど行った谷川の左下に架かる石橋で、
谷まで降りていかないと草木に覆われてその姿を見ることは出来ない。
石工や架橋年月日は不明だが、
現在の道路が開通する以前の生活道路として使われていたことから
明治から大正にかけてのものだと思われるが、
これはあくまで私的な推測であって定かではない。
石橋はアーチがきれいな半円を描いており、
輪石の組み方や壁石などもしっかりと積まれている。


糸原橋へのアクセス
糸原橋へは、旧、泉村役場の上にある泉中学校から山手に向かって
約1.2キロほど登った左側の谷に架かっている。
現在はカーブに新しい橋が架かっているのでその下になる。
駐車は、橋の近くの路上の端に駐車した。


熊本県八代市 ( 旧・泉村 ) 「 落合橋 」

2014-10-07 04:55:41 | 熊本の石橋



上流側からの橋の景観








上流側から眺望







下流側から見た橋






左右にコンクリートで拡幅された通路部







下から新しく架けられた橋と拡幅されたのが分かる







輪石と橋脚の立ち上がり部分







下流側から見た橋の全景







深い谷になった川 ( 下流側 )






落合橋の下流にある泉第二小学校







八代市泉支所 ( 旧・泉村役場 )





所在地 /  熊本県八代市泉町柿迫字上ノ門下
架橋  /  明治10年 ( 1879年 )ごろ
石工  /  不明
長さ  /   20.0m   幅   /    4.6m  
高さ  /   10.0m  径間  /   15.0m


落合橋は泉村の中心部の泉第二小学校の横を流れる川に架かる
長さ20mの大きな橋である。
明治初期に種山石工集団によって架けられたという説もあるが定かではない。
現在、通路部はコンクリートで拡幅、補強されているが、
今も現役として活躍している。
川に下りて見上げるとコンクリートで補強はされているものの、
石組みを間近に見ることが出来る。


落合橋へのアクセス
落合橋へは、国道443号線から県道52号線を旧・泉村役場方面に入って行くと、
役場の先の右側に泉第二小学校がある。その上流側に架かる橋が落合橋である。
橋の下へは小学校の下流側から降りて行くことが出来る。
駐車は、橋を渡った左側の道路の広くなった場所に駐車した。

熊本県八代市 ( 旧・東陽村 ) 「 今屋敷 ( いまやしき ) 橋 」

2014-09-04 05:42:41 | 熊本の石橋



小浦川の最上流に架かる今屋敷橋








今屋敷橋 説明板







上部をコンクリートで固定されているが石橋は健在である





所在地 / 熊本県八代市東陽町館原
架橋 / 嘉永元年 ( 1848年 )
石工 / 種山組
長さ / 7.37m  径間 / 6.30m
幅  / 2.48m  拱矢 / 3.44m


今屋敷橋は館原集落から内の原集落へ行く村の出口にあり、
しっかりとした構えで架かっている。
今から約166年前のものとは思えないほど堂々としている。


今屋敷橋へのアクセス
今屋敷橋へは、館原集落の4つの橋の一番上にあり、集落の出口になる。
駐車は路上になる。