「 九州 ・ 沖縄 ぐるっと探訪 」

九州・沖縄・山口を中心としたグスク(城)、灯台、石橋、、文化財および近代土木遺産をめぐる。

「 Leaf のクリスマスケーキ 」

2017-12-25 23:50:37 | パン ・ ケーキ ・ お菓子





























































正月に向けてこんな物も・・・






今年のクリスマスケーキはLeafの 「 生チョコサンド 」 。
生クリームよりもチョコが好きなので、チョコにした。
子供の頃からチョコが好きだったが、
大人になってもやっぱりチョコがいい。

カタチが丸じゃなくて17センチ真四角が、
2017年の美味しいケーキの締めくくり。


福岡県杷木町  ・ 武田豆腐店 「 豆腐まんじゅう 」

2017-12-22 11:03:51 | パン ・ ケーキ ・ お菓子





















先週、熊本からの帰りに九州北部豪雨で
最も被害が大きかった杷木町にある武田豆腐店に寄って
豆腐まんじゅうを買って帰った。

味が違う。
そこで気づいたのだが、
今まで買って食べていた武田豆腐店の物ではなく、
大分県日田市夜明にある飛太郎に変わっていた。

今まで武田豆腐店の豆腐まんじゅうを楽しみにしていただけに残念だった。


長崎県新上五島町奈良尾 ・ 国見屋 「 かんころもち 」

2017-12-08 11:41:07 | パン ・ ケーキ ・ お菓子



奈良尾の 「 国見屋 」 で買ったかんころ餅









奈良尾にある看板は出ていないが 「 国見屋 」








かんころ餅を作っている店内















「 国見屋 」 さんがある奈良尾のメインストリート






五島に行ったら必ず食べるし、
買って帰るのが五島うどんとかんころ餅である。
下五島だったら福江の真鳥餅店のかんころ餅。
上五島だったら奈良尾の国見屋のかんころ餅である。

天草の ” こっぱもち ” 同様に
懐かしさを呼ぶ主食?である。



福岡県遠賀町 ・ ロールケーキの店 「 マキマキ屋 」

2017-11-11 16:36:56 | パン ・ ケーキ ・ お菓子

































































































北九州では有名なロールケーキの店 「 マキマキ屋 」 。
個人的にはデコやショートケーキよりもロールケーキの方が好きで、
色んなロールケーキを買って食べている。
小倉北区富野の白藤市場の 「 つたみ 」 のロールケーキは最高で、
競輪選手仲間で知らない者はいないほど全国的に有名だった。

遠賀町のマキマキ屋のバリエーションにとんだロールケーキも魅力的である。
もちろん、好みのフルーツを使ったロールケーキが選べるのも高得点である。

豊前のル・クールや平尾台にあるNicoの平尾台ロールなど、
シンプルな生クリームだけのロールケーキも好きだが、
どちらかと言えば甘いチョコよりも、
夏季限定のレモンやオレンジなどの柑橘系が好きだが、
今回はそれが無かったので、
「 いちごのトリプル 」 と 「 いちじく 」 を選んだ。


チョコが仮装した 「 KOKURAハロウィン限定ネジチョコ 」

2017-10-31 00:34:30 | パン ・ ケーキ ・ お菓子







































今日はハロウィン。
今年はKH.KOKURAハロウィン限定チョコ。
ナットもボルトもちゃんとネジが切られていて、
ピッタリと収まる。
もちろん味もパンプキン味でピッタリと収まった。

かぼちゃは 「 三毛門かぼちゃ 」 ではないが、
それくらい大きなかぼちゃを事務所に飾った。

クッキーのハッケージは怖い怖い・・・



北九州市小倉南区   「 平尾台 と nicoの平尾台ロール 」

2017-09-14 10:58:06 | パン ・ ケーキ ・ お菓子



山肌がムキ出しになり石灰岩が見えるカルスト台地 「 平尾台 」


















































緑の草原に白い石灰岩がヒツジの群れを思わせるカルスト台地 「 平尾台 」 。
その山の頂部にある 「 nico 」 。
以前はこの峠を通る度にロールケーキやシュークリームを買って帰っていたが、
最近は平日に訪れると休みの日が多く、ネットで調べると土日のみの開店だったので、
土曜日に行くとコレまた店が閉まっていた。
それで今度は日曜日に行くと、11月から3月までの冬期は休みだと隣の店の人に教えてもらった。
それだけフラれまくったnicoだったが、今月3日の競馬場からの帰りに立ち寄ると開いていた。
それで迷うこと無くロールケーキを買って帰ったが、
久し振りに味わう 「 平尾台ロール 」 は相変わらず群を抜いて旨かった。




福岡県嘉麻市上山田  「 山田饅頭 」 

2017-08-27 00:25:15 | パン ・ ケーキ ・ お菓子











筑豊のボタ山をかたどった饅頭のカタチ












福岡県嘉麻市上山田の 「 山田饅頭 」 を貰った。
合併以前に山田市だったころに地方議員の 「 合併協議会 」 に出席したことがある。
民意を無視した合併を推進しようとする自治体や
合併特例法でハコモノを乱発しようとする自治体などの意見が次々に出て、
加熱した議論が行われた。

そんな山田市にこんな美味しい饅頭があったとは知らなかった。
熊本市で食べていた 「 かすまん 」 や 「 呉越 」 のような好みの和菓子である。



福岡県小郡市   「 小郡のお菓子 」 レーブ・ド・ベベ

2017-06-09 12:25:52 | パン ・ ケーキ ・ お菓子






















甘木鉄道 「 大板井駅 」 付近





福岡県小郡市で親子3人の殺害事件が起きて、
なんと逮捕されたのは、現役警察官の父親だった。
愛する妻と子の命を守らなくてはならない父親が犯人だった。
自分の命に変えても守らなければならない最愛の妻と子を
どうして手にかけたのかは解らないが、ショックな事件だった。

そんな小郡市のお菓子を紹介したい。
「 畦のたんぽぽ路 」 や 「 三の字 ケーキ 」
やさしい白き花の「 君へ 」  
0番ホーム 午後13時03分発 「はるだから・・・」 など・・・
どれも詩心でくすぐるサブネームと主役ネームである。
味も、もちろん心をくすぐる味であった。



熊本から 「 おてもやん 」

2017-05-16 00:18:41 | パン ・ ケーキ ・ お菓子














ゴールデンウィークの連休中に熊本から先輩が来た。
一緒にバンクを疾走し、戦った戦友である。
そんな先輩のいきなりの訪問に驚いたが、
昨年も熊本地震の1ヶ月前に突然やって来た。

先輩は地震の震源地の益城町に住んでいるのですぐに電話を入れると
「 沼山津、惣領、木山だけん、そぎゃん被害はなかたい 」 と言っていたが、
「 さすがに本震は被害があったったい 」 と言っていた。
そんな先輩とは熊本時代に
秋津や新市街の居酒屋でよく飲んだものである。

「 こんど熊本に来っ時きゃ連絡ばせんや 。待っとるけん! 」 って言って帰って行った。




沖縄県伊良部島 ・ Aコープ さらはま店 「 しかくパン」

2017-05-04 01:17:03 | パン ・ ケーキ ・ お菓子
お題「好きな菓子パンは?」に参加中!



伊良部島の 「 Aコープ さらはま店 」








Aコープで買った 「 しかくパン 」









伊良部島のバス停







宮古島のお菓子の卸屋さん





伊良部大橋が出来る前、
かつて伊良部島の玄関口だった佐良浜港。
その港から島内に伸びる県道90号線沿いにあるAコープ。
そこで売られていた 「 しかくパン 」 。

ふわふわスポンジにクリームをサンドした美味しいパンだった。
どこで造られているのかと見てみると、
宮古島で造られているものだった。

もちろん内地はおろか、
沖縄本島でもお目にかかることのない希少なパンである。


東京から届いた京都の味 ・ 菓匠 「 清閑院 」

2017-04-25 16:38:08 | パン ・ ケーキ ・ お菓子























昨日仕事から帰ると
東京からお菓子が届いていた。
なんでも京都の和菓子らしいが、
箱に書かれた

  一日の清閑
       一日の福


を早速いただいた。



北九州市小倉南区 ・ かりんとう 「 きくたろう 」

2017-03-15 18:46:14 | パン ・ ケーキ ・ お菓子









































今日、仕事から帰ると大きな箱が置かれていた。
なんだろうと?と送り状を見ると、
大好きなおばさんからの快気祝いであった。

お菓子が好きなことを知っているおばさんの気遣いもうれしくて、
仏壇にお供えをした後いただいたが、
あらためて買うことのないカリントウは、
色んな種類が入っていて迷ってしまった。
その中からチョイスしたのは 「 ねぎ味噌 」 だったが、
しばらくお茶の友や酒のあてとして楽しませてもらえそうである。




ボローニャ 「 バレンタインデー前の期間限定デニッシュ ・ ショコラハート 」

2017-02-11 00:13:25 | パン ・ ケーキ ・ お菓子














ボローニャからバレンタインデーを前に売り出されたデニッシュは、
チョコチップが入ったハート型をしたショコラハート。
カタチも注目されそうだが、味もいい。
切り口がピンクのハート型になる斬新奇抜なデニッシュで、
彼氏のハートもチョコのように甘い虜にしてしまえ!

世の女性諸君、健闘祈る!







東京から届いた 「 千葉のお土産 ( ぴーなっつ最中 と 饅頭 ) 」

2017-02-08 00:38:18 | パン ・ ケーキ ・ お菓子























ぴーなっつ最中とぴーなっつ饅頭
そして栗むし羊羹が東京から届いた。
毎年この時期に送られて来るのだが、
それで節分のころを知り、立春を知る風物詩的なお菓子になっている。
普段、最中や饅頭をわざわざ買うことがないので
こうして気に留めてもらって届くことはウレシイものである。



ムーチービーサーには、「 カーサムーチー 」

2017-01-30 01:10:31 | パン ・ ケーキ ・ お菓子
















那覇の国際通りから牧志公設市場へ向かう途中、
「 やまや 」 さんの店頭でカーサムーチーが売られていた。

ムーチー ( 餅、鬼餅 ) は、沖縄県で食される菓子の一種で、
「 餅 」 の沖縄方言であり、
サンニン ( 月桃 ) の葉で巻くことから 「 カーサムーチー 」 と呼ばれる。
餅粉をこね、白糖や黒糖、紅芋などで味付けを行い、
月桃の葉で巻き、蒸して作る。
旧暦の12月8日 ( グレゴリオ暦では概ね1月 ) に、
健康・長寿の祈願のため縁起物として食される。

ムーチーを食べる旧暦の12月8日 ( 新暦の1月下旬から2月上旬 ) は、
沖縄では最も寒い時期であり、
この時期を沖縄方言でムーチービーサー ( 鬼餅寒 ) と呼んでいる。

「 鬼餅 」 の由来は沖縄本島の民話によるもので、
その内容は、昔、首里から大里に移り住んだ男が
夜な夜な鬼になって人畜を襲うことから、その男の妹が憂いて、
鉄釘入りのムーチー ( 鉄の塊とする場合もある ) を兄に食べさせ、
弱ったところを海に蹴り落として殺したというものである。
このように、鬼退治にムーチーが使われたことから
「 鬼餅 」 と呼ばれることとなった。