When I Dream

~気侭な戯言日記~

自分勝手なlevie父

2016-12-24 14:14:14 | 戯言/独り言
levie母が手術して入院生活が長くなったら…、levie父が気落ちして精神的に不安定になったり、後を追うように病で倒れはしないかとちょっと思っていたlevieだった(爆)けど今の所はそういう兆候はないっぽいから、これならlevieが、短い時間であれば家を空けて働きに出ても大丈夫かな~って思っている現在で…、もしもlevie母が退院して家に戻ってこれたら…、長時間2人きりにするのはちょっと不味いかなぁって思える(苦笑)なんだかこの頃は、levie父1人が蚊帳の外状態になってきてて~、けっこう面倒臭い感じにもなってきてるんだよねぇ。levie母の手術の内容とか、術後の症状についてをあまり理解出来ないのは仕方ないけど、どのように回復しているのか、その様子を全然見ていないに等しいし~。←何しに武蔵野赤十字に毎日行ってたんだか→それは転院したリハビリテーション病院でも同じ事で、ろくに話をしようともせず、様子を伺うとか気を配る事もたいしてなくて、病院でちょっと見た程度の事や、ちょっと聞きかじっただけの話を、勝手な拡大解釈して話を盛って、父方の身内(実妹ら)に電話で話して嬉しそうにしている(呆気)←困ったお爺さん→ホントに、何しに見舞いに行ってんだか解んないんだよねぇ。←気にはしてるんだろうけど…

levie父は~、levie妹が仕事の帰りに寄る時間を狙ってちょっと顔を出す程度で長居はしないし、levie母とは話すらあまりしない(苦笑)普通なら、今日は何をした??とか、リハビリはどうだ??って、聞くよねぇ。←それすらない→まっ、ここ何年かで二人とも耳が遠くなってきてるから、会話がちぐはぐになったり、何度も聞き返して口喧嘩になる事もあったから、あまり話をしたくないのかもしれないけど(苦笑)けど、本当にいつ自宅に帰って来れるのかを気にしているなら、リハビリしている様子を見て、どのように回復しているのかを、ちゃんと目で見て頭で理解して、どんな支えが必要になるのか、どんな手助けをするべきなのかを考えなくてはいけないのになぁ、今だに想像する事もしてない。ん~、避けてるのかなぁ??

12月の上旬には多磨霊園付近は17時半には暗かったし、高齢だから自動車の運転も危ないし、…夜は来なくていい…ってlevie母に言われてへそを曲げちゃって、…頭きた、もう見舞いに行かない…って怒りながら帰って来た事があった。levie母は車の運転を気にした…だけじゃなくて、互いに不機嫌になる事を避ける為にも言ったようだけど…(苦笑)自動車の運転についてはlevie妹にも何度も言われてるんだよねぇ。
実際、薄暗い中に突然歩行者や自転車が出てきて焦ったり、levie父の運転がちょっと荒くなって危なげな事も何度かあったらしい。←levieは滅多に同乗しない→昼間の走行は大丈夫でも、薄暗くなると視界が狭くなるんじゃないかと思うけど、そういう気持ちを汲む事も出来なくなってるんだろう…。

levie父はこれまでに、levie母がリハビリしている様子は1度も見た事はないはずで、ベッドから車椅子に移動する所も数回しか見てないはずで、食事してる所もホンの数回しか見てないはず。
パジャマに着替えるだけでもけっこうな労力がいる事とか、支えてもらって立てても身体の重心のバランスを保てない/取りにくいとか、やっとつかまり立ちが出来るようになったとか、支えてもらって少し歩く練習をしたとかは、人伝で話を聞いただけじゃ、どんな状態なのかがちゃんと解るわけがないんだよねえ。
どういう動作が難しくて上手く出来ないのかとか、levie母がどんな気持ちで入院生活を送っているのかとか、知っておくべき事はたくさんあると思うけど、levieやlevie妹に聞いてくる事もないしぃ…。levie父が何を考えて感じているのかがさっぱり解らない。←目先の事しか眼中にないのは明らか(苦笑)

昨日はlevie父の実妹が久しぶりに顔を出してくれて、リハビリ風景も見てくれてたんだけど、…随分良くなって良かったねぇ…って後で聞いたようで、…なんで歩けるようになった事を報告しないんだっ…って逆切れする始末。歩けるようになったと言っても、歩行器につかまってなんとか足を上げられるようになって、数m歩いてみてるだけなんだけど、その…歩ける…状態がどのようなモノなのかを知ろうともしない。
どうせ暇なんだから←ちょっと酷い(爆)→リハビリの時間に合わせて行って見てみりゃいいものを…。

昨日はlevie父の実妹が久しぶりに顔を出してくれて、リハビリ風景も見てくれてたんだけど、…随分良くなって良かったねぇ…って後で聞いたようで、…なんで歩けるようになった事を報告しないんだっ…って逆切れする始末。歩けるようになったと言っても、歩行器につかまってなんとか足を上げられるようになって、数m歩いてみてるだけなんだけど、その…歩ける…状態がどのようなモノなのかを知ろうともしない。
どうせ暇なんだから←ちょっと酷い(爆)→リハビリの時間に合わせて行って見てみりゃいいものを…。
もぅ~知ったかぶりにも程がある~。levie母が自分でどんな事が出来るようになっているのかを見もしないで何を言っちゃってんだか…。←昔からそんな性格ではあるんだけど…(苦笑)
そんなlevie父にはlevie妹もイラついてきてて、家族の気持ちも大きな隔たりが見え隠れ~(爆)なんだか2時間ドラマが作れそうな感じかも(爆)来週末にはlevie弟家族がやってくるけど、きっと大袈裟に、あぁだこうだと話を作り替えるだろうなぁ。あぁ~面倒臭い(苦笑)
『家族』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 料理が少し楽しくて | トップ | ジョージ・マイケル »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

戯言/独り言」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL